<初心者向け>コスパで選ぶ!初めての海外旅行にオススメの国6選+α!

はじめての海外旅行って何から何まで分からないことだらけで不安が多いですよね。特に「どこに行くか」というのは最初にして最大の問題です。

いろいろなところで海外旅行のオススメの国が紹介されていますが、意外とお金のことって書いてないと思いませんか?

もちろん、はじめての海外旅行なのでとにかくいい思い出を作っていただきたいというのはありつつも、実際に行かれる方にとっては「安くていい国」が一番ベストなチョイスですよね。

ですので今回はコストパフォーマンスで見た時に、海外旅行初心者の方にオススメする国をいくつかピックアップしていきたいと思います。

とはいえ今回ははじめて海外旅行に行く方に向けてご紹介しようと思っているので、「英語がそこまで得意ではなくても大丈夫か」という点や治安面もしっかりと考えてご紹介します。

パンだ
コストパフォーマンスってなに??
ねっこ
コストパフォーマンスというのは、価格と価値を比べた度合いのことだ。安いのにいい商品などをコスパがいいって言ったりすよね。

 

海外旅行におけるコストのポイント

まずはじめにコスパという曖昧な表現をしているので、どういったポイントを見ているかというのを先にご説明したいと思います。

海外旅行の際に考えるべきコストとは

海外旅行の際に考える”コスト”というのは大きく以下の3つのことです。

  • 渡航費(飛行機代など)
  • 滞在費(物価やホテル代など)
  • 利便性(不便な場所ではないか)

特に、現地での滞在費というのは国よって大きく変わります。お得に海外旅行をしたいのであれば「安く行ける」国を選ぶのも重要かと思いますが、それよりも「安く滞在できる国」を選んだほうがお得感を感じられると思います。

しかし、単純に安く滞在できる国は発展途上国が多いので「滞在費」と「過ごしやすさ」の両方のバランスも見ていかなくてはなりません。

パンだ
利便性っていうのはどんなこと?

利便性というのは、日本からの行きやすさということで考えていただければと思います。あまりにも辺境の地であったりすると飛行機の乗り換えなどが発生したりしてちょっとはじめてだと不安だったりします。初めての海外旅行ではそういった点も考慮する必要があります。

 

パフォーマンスの基準はこの4つ

続いてパフォーマンスですが、パフォーマンスは以下の4つで考えていきます。

<海外旅行のパフォーマンスはこの4つで考える>
・治安
・グルメ
・観光スポット
・コミュニケーションのとりやすさ(日本語・英語)

治安

まず治安というのは、初めての海外旅行でもそうでなくても重視しなければならない問題です。とりわけ最近は、テロ事件をはじめ日本人が巻き込まれる事件なども多く発生していますので、そういった危険な国には行くべきではありません

海外旅行を検討する際に見ておこう

海外旅行先を検討する際に必ず見ておいて頂きたい情報があります。それが外務省が公表している「海外安全情報」というサイトです。このサイトでは、世界中の国の治安について外務省が”安全か安全ではないか”という情報を収集して日本国民の安全のために情報を収集しています。

リンク:外務省海外安全ホームページ

このサイトでは、安全ではない国は黄色や赤で表示されます。これらの国には初めての海外旅行では絶対にいかないようにしましょう。いつ大きなトラブルに巻き込まれてもおかしくない国です。

グルメ

海外旅行の醍醐味の1つといえばそこでしか味わえないグルメですよね。グルメには好き嫌いあると思いますが、当サイトでは一般的に美味しいとされているかそうでないかで判断していきたいと思います。

実は海外旅行においては「美味しいかどうか」よりも「食べられるかどうか」の方が重要だと思っています。というのも例えば管理人の私は本場の中華料理や台湾の屋台料理などは非常に苦手で、現地ではほとんどマクドナルドなどのファストフードを食べているからです。

とはいえこればっかりは実際に行ってみて食べてみないと分からないものですし、仮に美味しくないなと思ってもそれはそれで旅の思い出と考えていただければいいかなと思います。

ただやっぱり出来れば美味しいグルメも旅行の醍醐味ですので、そこは気にしていきたいポイントです。

 

観光スポットの多さ、魅力

海外旅行の際に一番重視するのは何と言ってもこの観光スポットではないでしょうか。ではどんな観光スポットがいいのでしょうか?やっぱりせっかく海外に行ったのなら友達に見せたくなる写真が撮れる観光スポットがいいですよね。

今回は、そういった観光スポットがしっかりあるのかというポイントも考慮して渡航先をご紹介したいと思います。もちろん、歴史的建造物があるだとか有名な観光地があるだとかそういった事も考慮して選定していますのでご安心ください。

 

コミュニケーションのとりやすさ

最後にコミュニケーションのとりやすさです。海外がはじめてでなおかつ英語に不安があるという方も多いのではないでしょうか?

当サイトではそういった方のために「コミュニケーションのとりやすさ」も考慮してご紹介します。コミュニケーションのとりやすさというのは日本語が通じるか通じないのかということだけではありません。

海外では、日本語は通じなくても片言の英語で通じるところや旅行者にフレンドリーな国もあります。そういったところも総合的にに考えてコミュニケーションのとりやすさで考えたいと思います。

それでは長くなりましたが、オススメの海外旅行先をご紹介していきたいと思います!

ねっこ
やっとか・・・!
パンだ
待ってました!

 

はじめての海外旅行オススメの国6選!

それでははじめての海外旅行にオススメの国を6個ご紹介していきたいと思います!今回はおおよそ必要とされる日数順にご紹介します。

台湾 2泊3日〜親日国で行きやすい

まず最初にご紹介するのが、台湾です。台湾は親日国家ということもありはじめての海外旅行で不安いっぱい!という方には最も適した国なのではないかなと思います。

経済性
利便性
治安の良さ
グルメ
観光スポット
コミュニケーション
総合

治安がいい

台湾はとても治安がいいです。台湾で人気の観光スポットに夜市と呼ばれる屋台街があるのですが、夜にもかかわらず多くの観光客が街を出歩いていますし、実際に私も行きましたが日本と同じ感覚で遊ぶ事ができます。

夜でも1人でなければ女性でも全く心配なく過ごせると思います。よく海外では「日本と同じように防犯を考えるな」と言われますが、台湾に関しては普通に過ごす分にはほぼ日本と同じ感覚でいても大丈夫かと思います。

観光スポット・グルメも◎

台湾は観光スポット、そしてグルメも豊富です。特に千と千尋の神隠しの舞台?として騒がれた九份(きゅうふん)は日本人観光客に大人気の観光スポットです。

台北からバスで1時間程度の場所にありますが、まさに異世界の空気を感じられる観光スポットになっていて多くの観光客が訪れます。観光地になっているのでお洒落なカフェやお店もあるのでオススメです。

その他にも、台北市内では毎日「夜市」と呼ばれる催しも開催されています。市内各所に無数の露店が並び台湾グルメを楽しむ事ができます。夜市は歩くだけでも楽しいです。

またグルメも、小龍包や屋台料理など風情溢れるそして美味しい料理がたくさんあるので、観光でもグルメでも楽しめる国です。特に台湾は女性やカップルに人気で、台湾に行くと多くの日本人観光客に遭遇します。

ただ1つ、台湾料理は料理によっては香辛料がきつく日本人には合わないものもあるので注意が必要です。小龍包や餃子などは日本で食べるよりも美味しくオススメですが、豚の角煮などには八角と呼ばれる非常にきつい匂いの香辛料が使われていたりするので、「本格中華」的な料理が苦手な方は警戒する必要があります。(あとは臭豆腐という臭い豆腐料理もあります・・・)

 

物価は日本より20%OFFくらい

最後に物価ですが、台湾の物価は日本よりすこーしだけ安いかなという感じです。めちゃくちゃ安い!という訳ではありませんが、高いな〜と思う事はまずないので楽しみやすい国だと思います。特にグルメは安くて美味い!というお店が多いので安くて楽しい海外旅行を楽しみたいのであれば台湾は非常にオススメです。

台湾へは日本から飛行機で3、4時間で着きますし、繁忙期でなければ航空券とホテル代合わせても5万円あれば行けるはずです。

↓海外ならH.I.Sが安くてオススメ↓

 

香港・マカオ 2泊3日〜アジアで異国情緒を感じられる

続いて香港とマカオです。なんで2カ国?と思った方もいるかもしれませんが、実は香港とマカオは船で1〜2時間の距離にあるのです。

そしてどちらも異国情緒を感じられるとても素晴らしい観光地なので多くの日本人観光客が訪れています。香港はかつてイギリスが支配していたために今なおイギリス風の建築物や、街並みが残っています。そしてマカオはポルトガルが支配していたため、キリスト教式の教会などもあったりしてアジアなのにアジアではない雰囲気を感じられる2カ国です。

ちなみに、私は香港に宿泊しマカオは日帰りで楽しみました。1回の旅行で短期間に2カ国いけるのはお得な感じがしますよね♪

経済性
利便性
治安の良さ
グルメ
観光スポット
コミュニケーション
総合

台湾と似た雰囲気

香港というと高層ビルが立ち並ぶ超先進都市のようなイメージがありますが、実際に行ってみると中国の一部なだけあり、どことなく台湾と似たアジア独特の雰囲気を持っています。

ただ、先ほどもお伝えした通り1998年までイギリス領だった事もあり、街中にトラムが走っていたり台湾に比べ英語が多かったりとイギリス統治の名残も感じる事の出来る街です。

そしてイギリス統治下にあった事もあり、英語もほとんどの場所で通じますので、中国語が不安だなという方も英語さえ何となく分かれば問題なく旅行をする事ができます。

 

mami matsukiさん(@m_mi05)がシェアした投稿

 

マカオはまた違った雰囲気

そしてマカオは香港とはまた違った雰囲気を持っています。というのも、マカオはポルトガルの統治下に置かれていたからです。ですので、マカオに行くとアジアにありながらもキリスト教文化の名残というのを感じることができます。

また、マカオといえばカジノの国です。街を歩けばTHEカジノというような豪華絢爛なホテルや施設が立ち並んでいたりするので色々な文化を楽しめる街となっています。マカオでは、大きなホテルでは噴水ショーなどもやっていて誰でも見ることができるので女性にもオススメの国です。

物価は少し高め

香港は世界有数の金融都市ということもあり、多くの富裕層が住んでいます。そのため、観光客が訪れるエリアの物価は比較的高めになっています。

とはいえ、日本と比べて少しだけ高いかなというくらいで「高すぎるな〜」といったことは全くないので安心してください。

また、香港でも現地の庶民の方が暮らしているエリアに行くと日本の半分くらいの物価で食事ができたりするので都市全体として物価が高いわけではありません。

庶民の方が住んでいるエリアはディープなアジア文化を楽しむことができます。悪く言えば香港の影の部分を垣間見ることができます。

 

治安は問題ない

そしてマカオも香港もどちらも治安的には特に問題なく、台湾と同じくらいの治安の良さがあります。夜の街を歩いていても特に不安を感じる事はありませんし、実際に危険な目にあった事もありません。※ただし近年若干治安が悪くなりつつあるので、台湾よりは警戒する必要があります。とはいえ欧米などと比べると断然安全です。

ちなみにマカオのカジノについて不安に思っている方もいるかもしれませんが、カジノ周辺はむしろ警備員などもいて警戒されているので治安面も問題ありません。観光客もたくさん訪れていますので安心して楽しんでください。

観光スポットもそれなりに◎

香港もマカオも観光スポットに関しては満足できるレベルにあります。ただどちらも1日ずつあれば十分なくらいですので、あまりに長い旅程を立てると暇になってしまうかもしれません。2泊3日で香港マカオを1日ずつ楽しむのがベストかなと思います。

香港は100万ドルの夜景と呼ばれる夜景が有名で、このビクトリアピークから眺める超高層ビル群の夜景は日本見る夜景とはスケールが違います。※ただモヤがかかっている日が多いので注意が必要です。

 

Toshiharu Watanabeさん(@t0shi551)がシェアした投稿

マカオの観光は豪華絢爛なカジノ施設や、ホテルで行われる噴水なども人気がありますし、旧ポルトガル領の名残が残る街並みを散歩するのも楽しいです。またマカオタワーでは、バンジージャンプなどもできるので、暇になった時には行ってみるといいかもしれません。

 

Miyuki.Mさん(@369_san)がシェアした投稿

↓海外ならH.I.Sが安くてオススメ↓

 

ベトナム 3泊4日〜人気急上昇中の人気観光地

少し遠出するのであればベトナムがオススメです。はじめて行くにはすこーしだけハードルが高いですが、なんといっても物価の安さがオススメです。飛行機で6時間くらいでいける事に加え、最近はダナンなどのリゾート地が女性に非常に人気がでています。 

経済性
利便性
治安の良さ
グルメ
観光スポット
コミュニケーション
総合

物価の安さが魅力

ベトナムの魅力は物価の安さです。ベトナムはいわゆる発展途上国に分類される国であり、日本に比べて非常に物価が安いです。だいたい日本の4分の1くらいの物価だと思っていただけると良いかと思います。

ベトナムにはマクドナルドやケンタッキーももちろんありますが、そういったファーストフード店も例外なく物価が安いです。またベトナム料理として有名なフォーも一食200円くらいから食べることができるので、リースナブルに旅をしたい!と思っている方にはオススメです。

 

はじめてだけど冒険したい人にオススメ

ベトナムは正直言ってはじめての海外旅行には少し敷居が高いです。日本語はあまり通じませんし、英語も片言です。しかし、治安は比較的良くて物価は非常に安いです。

また発展途上国なだけあり、まだまだ日本などの先進国に比べると色々な部分でずさんなところが垣間見える国です。しかしそういったちょっと整備されていない無秩序感や国が発展して行っている空気感を味わいたい方にとっては非常にオススメな国です。

日本ではもう感じることのできない、人々や街の勢いというものを感じることができる国です。

 

ベトナムは女子旅に人気

ベトナムの観光都市は「経済都市ホーチミン」「古都ハノイ」「リゾート地ダナン」と3つの有名都市があります。

ホーチミンはベトナムの中で最も経済的に発展している都市で、近代的な街です。古都ハノイは、ベトナム首都であり、ベトナムの今と昔を感じられる「歴史好き」には最適の観光地です。そしてダナンは近年人気が急上昇中のリゾート地 で、周辺には世界遺産も数多くありベトナムの魅力を堪能できる街として、特に女性に人気がでています。

 

タイ 3泊4日〜様々な趣のある観光地

いろいろな楽しみ方ができる国。近年日本人に非常に人気のある国なのが、このタイですね。タイにはアユタヤ遺跡など仏教の古くからの遺産があったり、かたやプーケットなどのリゾート地では素晴らしいリゾート気分を楽しむことができます。

歴史を楽しむことも、リゾート気分を味わうこともできるのがタイの魅力ですね。

経済性
利便性
治安の良さ
グルメ
観光スポット
コミュニケーション
総合

 

 日本語はほとんど通じないので注意

これはベトナムとほとんど同じですが、タイでは日本語はほとんど通じないと思っておいたほうがいいかと思います。また、英語もあまり通じません。そのため、言語がきちんと通じないと不安だというかたにはあまりオススメできないかもしれません。

しかし、どこまでいってもみんな同じ人間ですので実際にコミュニケーションをとるとなんとかなります。1人で行くのは不安かもしれませんが、誰かと一緒であればそういった困難も楽しむことができるのではないでしょうか。

衛生面に注意

タイでもう1つ注意しなければならないのは、衛生面ですね。これは正直、潔癖性のかたはいかないほうがいいかもしれません。

そもそも日本は世界でもトップクラスに清潔な国であり、日本と同じ感覚で海外に行くと面食らってしまいます。特に東南アジアはあまり衛生面がよろしくありません。水は必ずミネラルウォーターを飲むなどの配慮が必要となります。

 

物価は安い

これはベトナムも同じですが、タイも物価が安いです。そのため、あまりお金をかけずに思う存分旅行を楽しむことができますので、学生さんやとりあえず費用を抑えて旅行をしたいというかたにはオススメです。

観光スポットは豊富

衛生環境は悪い、日本語も通じない。じゃあなぜタイが人気の観光地かというと、それは豊富な観光資源にあります。首都バンコクをはじめチェンマイやアユタヤなど多くの場所で圧倒的な遺跡の数々を見る事ができますし、水上マーケットなど日本では見られない独特の光景も目にする事ができます。

またプーケットをはじめリゾート地も整備されているため、あなたの好みやしたい事、興味のある事に合わせて行き先を検討できるのがタイの魅力です。

像に乗りたいのか?世界中のバクパッカーと語り合いたいのか?それとも遺跡に囲まれ過去に想いを馳せたいのか?どんな事でもタイは可能なのです。

スポンサーリンク

 

シンガポール 3泊4日〜急速に発展を遂げる街を愉しむ

最近人気の国がシンガポールですね。少し物価が高いので、リーズナブルに行きたいという場合は少し微妙ですが比較的近場で治安も良くて近代的な都市に行きたい方にオススメの国がここシンガポールです。

経済性
利便性
治安の良さ
グルメ
観光スポット
コミュニケーション
総合

フォトジェニックな写真を撮りたいのならシンガポール

写真映えのするフォトジェニックな写真を撮りたい!というかたは間違いなくリゾート地かこのシンガポールをオススメします。

シンガポールといえばこのマリーナベイサンズという高層ビルです。このフォルムが写真に写っているだけでいい感じに見えてしまいますよね。そして屋上のプール。ここまで撮ればもうOKですね。

また公用語は英語なので、カタコトの英語さえ喋られれば言語面に関する心配はあまりいりませんので、安心して行くコトができます。

 

Satoshi Tanakaさん(@shiruhin)がシェアした投稿

 

治安よし、清潔さよし

シンガポールという国はそもそも国として資源に乏しかったために国策として観光立国を目指した国です。

そのため、治安や清潔さというのには非常に気を使っている国です。また、観光立国だけあり観光客が喜ぶような施設などもたくさんあります。特に有名なのはシンガポールの玄関口。チャンギ国際空港です。

この空港は航空関連の格付け調査を行っているスカイトラックスによる2016年の世界の空港ランキングでナンバーワンになっている空港です。

 

Xela Chanさん(@chanxela)がシェアした投稿

言語は主に英語となるので、英語が苦手な人にとっては少しハードルが高いかもしれませんが、片言でも通じますので行ってみてもいいかもしれませんね。

物価は高めなので注意

シンガポールは物価に関してはやや高めです。どれくらい高いかというと物によっては日本の1.5倍〜2倍くらいするものもあるというレベル感です。

ただ、それは観光客が多い場所やお店の場合が多く、現地の方が利用する店などにすれば安く食べられるところもありますし、ホテルに関しても良いホテルは高いですが三ツ星レベル(標準レベル)のホテルであれば日本とそんなに変わりません

なので物価が高いからやめようかな?どうしようかな?というのはあまり考えない方が良いと思います。この国に魅力を感じるか?感じないか。それで検討すると良いと思います。街の綺麗さはかなりのものですので、綺麗好きな方には特にオススメです。

 

グアム 3泊4日〜近くて安い常夏のリゾート

行きやすくて財布にも優しい国。日本から飛行機で3〜4時間で行くことができます。

グアムは日本人にも人気の観光地ですね。その魅力は安価で楽しむことができるリゾート地ということです。グアムはハワイと似たような雰囲気を持っていながらも、日本から近く旅費もハワイよりも断然安いというのがポイントです。

経済性
利便性
治安の良さ
グルメ
観光スポット
コミュニケーション
総合

直行便が減り不便さも

グアムはかつて日本から直行便が多く就航していましたが、実は最近少し直行便の本数が減り不便になっています。そのため出発時期や時間によっては不便さを感じることもあるかもしれません。

しかし、それでもハワイよりも近くて行きやすい観光地としての人気は顕在です。

治安は比較的良い

グアムは比較的治安の良い観光地とされていますので、海外旅行初挑戦でも気軽に行ける観光地かと思います。しかし、どこの国でもそうですが夜や人気のない道などは気をつける必要があります

特に日本人観光客を狙ったスリやヒッタクリが多いそうなので気をつけて下さい。

1年中常夏の島

グアムはご存知の通り、1年中常夏の島となっています。そのため、いつ行っても海で遊ぶことができます。そしてちょうどいいことに、日本の冬にあたる季節がグアムでは乾季となっており比較的天候の良い日が続くので旅行日和となります。

冬にリゾート気分を味わいたい場合にはグアムが良いのではないでしょうか。

日本語は通じやすい

グアムは日系の人も多いですし、日本人観光客の多い国なのでほとんど日本語が通じます

そのため、カフェやレストランで英語が喋れなくても何も心配することなく食事を楽しむことができます。英語がほとんどできない!でも海外!という方にはオススメの観光地かと思います。

 

yk_kさん(@yuka13airin)がシェアした投稿

 

その他にもいろいろあります

実際には今回ご紹介した以外にもたくさんオススメの国はありますが、経済性や治安・行きやすさなどを考え今回は6つの国をご紹介させていただきました。

定番のハワイやアメリカもとてもいい観光地でオススメですし、冬に行くならオーストラリアなどもオススメの観光地です。

ヨーロッパは昨今のテロ事件などで多少不安がありますが、北欧(スイスやデンマークなど)は治安もいい ですのではじめて行く場合でも安心かと思います。(物価がとても高いのがネックです)

フランスやイタリアといった定番の観光地はとても楽しいですし、ぜひ行っていただきたい国ではありますが、最近は情勢が不安定なのでもう少し様子をみてみても良いのかなと思っています

海外旅行者の旅行先トップ50

ご参考までに日本人が旅行に行っている渡航先ランキングトップ50を掲載しておきます。きになる国があればはじめてでも行ってみても全然良いと思います

ただ、その時はしっかりと防犯や現地の情報に気をつけましょう。

 

学生に人気の旅行先

旅工房が調査した学生に人気の旅行先は以下のようになっています。

■学生旅行人気急上昇中海外旅行先ランキングベスト10
1位:ソウル
2位:シンガポール
3位:ローマ
4位:ニューヨーク
5位:ヘルシンキ
6位:ロサンゼルス
7位:ホーチミンシティ
8位:ロンドン
9位:ホノルル
10位:ダナン

一位のソウルは、日本から最も近い観光地として美容や韓流アイドルなどに興味のある若い女性に人気です。しかし、純粋に観光旅行という点では韓国はあまり適していないので興味がある場合はよく調べてから行くことをオススメいたします。

 

旅マニアが注目する2018年人気になる海外TOP5

国内最大級の旅行情報サイト『Travel.jp(トラベルjp)』は、2018年に人気になるであろう海外旅行先TOP5を発表しました。旅マニアが選んだ、今年流行る旅行先は次の国だそうです。

第1位 ベトナム

1位となったのは、この記事でもご紹介したベトナムです。最近ではダナンへの直行便も就航し、ホーチミン、ハノイ、ダナン、ホイアン、フーコック島などかなり人気の観光地となっています。

ちなみに日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2017年12月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+51.0%増の1万9700人で、12月として過去最高だった2016年の1万3050人を約6700人上回り、12月の過去最高値を更新した。ベトナムは2012年1月から72か月連続で各月の最高値を更新しているそうで、2017年通年では、前年比+32.1%増の30万8900人に達し、2016年通年の23万3763人を約7万5100人上回り、初めて年計で30万人を超えて過去最高を記録したそうです。

パンだ
いかに人気の観光地かわかるね♪
 

Naturekkkさん(@naturekkk)がシェアした投稿

ベトナム旅行をH.I.Sで見る

第2位 サウジアラビア

これは私も行った事がないので、なんとも言えないのですが、現在観光ビザの発給が検討されているからという事が理由だそうです。ここは正直はじめての海外旅行の行き先としてはハードルが高すぎるのではないかなと思います。

 

第3位 台湾

これは2018年から来るというよりは、もう既に来ている観光地だと思います。台湾はこの記事でも紹介しましたが、多くの観光地があるだけでなく、親日国家であり地元の人が非常に親切にしてくれる というのも人気のポイントです。

実際に私も海外では台湾が1番日本人に対して優しいなという印象を持っています。そして変なぼったくりや犯罪などもないので、本当に純粋に観光を楽しめる国だと思います。

台湾旅行をH.I.Sで見る

 

第4位 スリランカ

実は日本から直行便があるスリランカが4位にランクインしました。スリランカは世界遺産がシーギリヤロックなどが有名な国で、そのほかにも最近女性の間で人気のアールユヴェーダというオイルマッサージや食事療法などで身体を癒すことを目的とした施術も人気です。

スリランカ旅行をH.I.Sで見る

 

第5位 マルタ

マルタというのは地中海に浮かぶ島国で、地中海クルーズなどでは必ず寄港地となるようなヨーロッパの人にとっても大変人気のスポットです。日本ではそこまで知名度は高くありませんが、地中海の綺麗な海と歴史ロマン溢れる街並みを愉しむ事ができる観光地です。

 

aya .さん(@a___a.08)がシェアした投稿

マルタ旅行をH.I.Sで見る

 

旅行サイトを比較したランキングもあります

当サイトでは、旅行サイト・ホテル予約サイトを比較した記事も用意しています。その他ツアーと個人旅行どっちがオススメなんだろう?という疑問から、旅行予約に関するトラブルなどをまとめた記事もあります。

初めて海外旅行にいくのであれば「ツアーでいくのがいいのか」「個人旅行でいくのか」一度考えてみる事をオススメします。それぞれにメリットデメリットがあります。

海外旅行予約サイトおすすめランキング!ホテル・航空券・ツアーサイトはこれで完璧

2017.06.24

]初めての海外旅行は個人旅行とツアーどちらがオススメ?

 

クレジットカードの準備は大丈夫?

もし初めて海外旅行に行かれるという事であれば、クレジットカードのご準備は大丈夫でしょうか?えっ!?持っていかないつもり?海外旅行にクレジットカードが必要な5つの理由という記事に詳しく記載していますが、海外旅行においてはセキュリティ面と経済面を考えてクレジットカードを使うのはもはや常識となっています。

パンだ
クレカなら、現金を持ち歩かないから盗まれる心配がなくて安心だし「海外旅行保険」も自動で付いてきたりするからとってもお得なんだ♪しかも利用した金額に応じてポイントも貯まるから一石二鳥なんだよね♪

クレジットカードの選び方やオススメのクレジットカードについては初めての海外旅行でおすすめのクレジットカードは?疑問と一緒に解決します!という記事に詳しく丁寧に解説していますので参考にしてみてください。

 

まとめ

行きたいな!と思う国は見つかったでしょうか?

海外旅行というのは不安と期待でいっぱいだと思いますが、しっかり下調べをしていけばよっぽどの国でない限り大きなtラブルに巻き込まれる心配は少ないかと思います。

しかし、下調べが十分でないと忘れ物があったり行きたいところに行けなかったりといろいろと困ることがでてきますのでしっかりと準備はしていきましょう。

スポンサーリンク