海外旅行はツアーと個人旅行どっちがいい?メリットデメリットを比較しました

はじめての海外旅行をする際に、行き先を決めたら次にしなければならないのが「どうやって行くか」ということですね。

海外旅行に行く方法としては旅行会社を使った「ツアー」で行く方法と自分で航空券などを手配する「個人旅行」があります。

はじめてだと「どっちがいいんだろう」ってすごく悩むと思います。私も実際悩みましたし、よく相談されます。

そこで今回は”はじめての”海外旅行の際にどうやって行くのがオススメなのかをメリット・デメリットなどを比較しながらお伝えしたいなと思います。

ですが、説明が長くなりますのではじめての海外旅行にオススメな行き方を先にお伝えします。はじめての海外旅行でオススメなのはツアーです。

しかし、ツアーにも「パッケージ型ツアー」と「フリープラン型ツアー」があり、それぞれどちらがいいかは行く先によりますので、この後の説明を見てご検討ください。

パンだ
なんでツアーがいいのかということと、そもそもフリープラン型ツアーってなんだ?ということに関してはこの後詳しくご説明しているので確認してみてください。

 

ツアーと個人旅行何がちがう?

まずはツアーと個人旅行の違いについて確認しましょう。

ツアーは大きく分けて2種類:パッケージツアーとフリーツアー

まず分かっておいたほうがいいのが、ツアーはその内容によって大きく2種類に分けられるということです。

パッケージ型ツアー

まず1つめが、パッケージ型と言われるホテルから飲食店・訪れる場所まで旅行会社がすべて旅程を決めているツアーです。日本国内で言うバスツアーとイメージ的には同じです。移動手段などもすべて旅行会社で手配されています。

<いろいろあるパッケージ型ツアー>
 icon-chevron-circle-right 添乗員付きツアー
バスツアーのように旅行中ずっと添乗員さんが付いてくる添乗員付きツアー。日本の出発から帰国までずっとサポートしてくれる、最もサポートが手厚いツアーであり、オーソドックスなタイプ。

  現地ガイド付きツアー
観光の際や現地到着時のみガイドをするガイドさんが付いているツアー。パッケージ型ツアーは添乗員同行が基本なのであまりないパターンです。

フリープラン型ツアー

ツアーのもう1つのタイプがフリープラン型のツアーです。これは、航空券とホテルだけ決まっていて現地での行動は全てフリーというツアーです。

フリープラン型ツアーでは、現地に着いてからの旅程や交通手段などは全て自分で決める必要があります。

「フリープラン型ツアー」と「ホテル+航空券」の違いは?

フリープラン型ツアーと非常に似たものに、「ホテル+航空券」だけを予約するという旅行方法があります。

こちらを活用する場合のメリット・デメリットはフリープラン型ツアーとほぼ同じですので、「ホテル+航空券」だけを予約するパターンもフリープラン型ツアーとして考えていただければと思います。

赤枠が、「ホテル+航空券」のパターン

しかし厳密に言うと「フリープラン型ツアー」と「ホテル+航空券」は異なりますので、もし「ホテル+航空券」で旅行を考えられている場合は下記DeNAトラベルの記事が参考になりますのでこちらをごらんください。

エアトリ<海外ツアーと航空券+ホテルの違い>

 

個人旅行は何?ツアーとどう違う?

個人旅行はツアーと違い航空券の手配からホテルの予約まで全て自分で行う旅行です。

パンだ
国内旅行の際に自分で航空券をとってホテルを予約して旅程を立ててっていうことをしていると思うけどそれと同じだね。

<ツアーと個人旅行の整理>

旅行タイプ 旅程 自分ですること
パッケージ型ツアー 全て決まっている ツアーに申し込むだけ
フリープラン型ツアー ホテル+航空券のみ決まっている 現地の旅程や移動は全て自分で決める
個人旅行 完全自由 全て自分で決める

 

海外旅行に行く方法としては上記の3パターンがあります。今回は上記3つのパターンに関してそれぞれメリット・デメリットを整理したうえでどっちがいいのかお伝えできればと思います。

 

パッケージ型ツアーメリット・デメリット

それではまずパッケージ型ツアーのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

パッケージ型ツアーメリット

  • 旅行代理店が全て手配してくれるので楽
  • 英語が話せなくても何の心配もない
  • 有名どころの観光地を効率良く回れる 
  • 旅程を考えなくて良い
  • 分からない事は何でも添乗員などに聞く事ができる
  • 現地のグルメも定番なものが食べられる

このあたりがパッケージ型ツアーのメリットになるかと思います。

パッケージ型ツアーのメリット1”全てお任せ”できること

パッケージ型ツアーの特徴は何と言っても「全てお任せ」できるところです。旅程から移動手段から何から何まで全て任せておけば問題ないので非常に楽という事が挙げられます。

パッケージ型ツアーのメリット2”移動の効率性が高い”

またパッケージ型ツアーの最大の魅力は移動の効率が良いというポイントもあります。

これは日本でも同じだと思いますが、パッケージ型ツアーの場合は、そのツアー専用のバスなどが用意されていますのでどこの場所へでも最短で行く事ができます。

例えば郊外にある観光地などを訪れる場合、パッケージ型ではない場合は自分で公共交通機関を乗り継いでいかなければならないですがパッケージ型だとバスに乗っているだけで着く事ができます。

パッケージ型ツアーのメリット3”英語ができなくても安心”

また常時添乗員などが同行していますので、仮に分からない事が発生してもすぐに「日本語で」解決する事ができるのも魅力の1つです。

海外旅行で個人で行くとどうしても英語を使わなければならないという場面に遭遇します。例えばホテルのチェックインなどでは、必ず英語が必要ですし道に迷った時などにも英語で質問したりする必要があります。

しかし、添乗員が付いていれば困った時には代わりにやりとりをしてくれますし、そもそも添乗員がその辺の処理をしてくれるので非常に楽なのです。

 

パッケージ型ツアーデメリット

  • 料金が高い
  • 他の旅行者と一緒に行動しなければならない
  • 興味のない場所にも行く必要がある
  • 訪問先の滞在時間が決まっている
  • 朝から晩まで旅程が詰まっているので疲れる

もちろんメリットがあればデメリットもあります。パッケージ型ツアーのデメリットは上記のようになっています。以下にもう少し詳しく解説します。

パッケージツアーのデメリット1”料金が高い”

パッケージ型ツアーのデメリットとしては、料金が高いという事が挙げられます。ですが、これは内容を考えてみれば特別高いわけではなく妥当な金額と言えます。

というのも、パッケージ型ツアーでは、航空券やホテルだけでなく移動にかかる費用や添乗員の費用、そして食事代なども含まれての金額だからです。

むしろ、団体料金でディスカウントされている場合も多いので同じ内容のサービスを受けると考えるとパッケージ型は安いということも言うことができます。

パッケージツアーのデメリット2”他の旅行者と行動を一緒にとらなければならない”

パッケージ型ツアーの一番のデメリットはこの点にあるかもしれません。パッケージ型ツアーではツアー参加者全員が同じところに行きますので必然的に他のお客様と行動を共にすることになります。

短期間の旅行であればあまり気にならないかもしれませんが長くなればなるほどストレスが溜まっていくというのはなんとなく想像できそうですね?

移動中のおしゃべりがうるさい方、時間にルーズな方、そんな人も同行者にいるかもしれません。この点は十分に考えたうえでパッケージ型ツアーに参加する必要があります。

パッケージツアーのデメリット3”旅程が決まっている”

パッケージ型ツアーでは旅程が決まっていて、朝から晩までけっこう忙しいスケジュールが組まれている場合があります。

そのため、「もっと見たかったのに」という観光地があったり「こんなの全然興味がない」といった観光地も決められた通りに行く必要があります。

これは、効率的に観光できているようで実は全く効率的ではないですよね。パッケージ型ツアーでは旅程が決まっていることでこのような不都合も発生してしまいます。

そのため、パッケージ型で行く場合は旅程の内容も無理がないか十分にチェックしてから決めるのをオススメします。

 

 

フリープラン型ツアーのメリット・デメリット

続いてフリープラン型ツアーのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

フリープラン型ツアーのメリット

  • ホテルと航空券がセットでお得
  • ツアーと言っても他に参加者はいないので気楽
  • 現地での自由行動が可能
  • 空港からホテルへの送迎がある場合も(ホテル+航空券では、ありません)

 

フリーツアーのメリット1「ホテルと航空券がセットでお得」

フリープラン型ツアーでは航空券とホテルとをセットで予約するので別々に買うよりもお得になります。つまり安いんです。

パンだ
なんで安いんだろう?

なぜ安いんだろう?とお思いの方もいるかもしれませんが、これはマクドナルドと一緒の原理です。マクドナルドでも単品で買うよりセットで買う方がお得ではないでしょうか?

なぜなら単品で「買わない」という選択をされるよりも値引きしてでも「一緒に」買ってもらう方がホテル側としても航空券を売る側としても儲かるからです。

また航空会社はそもそもこういった旅行代理店に「まとめて」航空券を売っています。そして旅行代理店はまとめて安く買った航空券を消費者に売るので消費者も安く手に入れることができるのです。

このように、まとめて安く買った「ホテルと航空券」をまとめて安く売ることでみんなが得をするような仕組みになっているのです。

フリーツアーのメリット2「参加者は自分たちだけ」

先ほどからフリープラン型ツアーと言っているので、勘違いされる方がいないようにご説明しておきますと、フリープラン型ツアーは1人から決行が可能なツアーで、参加者に知らない人はいません。

つまりツアーと言いながらもほとんど個人旅行に近いのがフリープラン型ツアーですので、その点は認識いただければと思います。

フリーツアーのメリット3「現地で自由行動が可能」

これはもうそのままですが、フリープラン型ツアーの場合は現地での自由行動が可能です。可能というよりも自由行動しかありません。

自分が行きたい観光地に行き、好きなものを食べ好きな時間に帰り自由に遊ぶ。それができるのがフリープラン型ツアーの特徴です。

移動が面倒だという側面もありますが、逆に現地の人と同じ交通手段を使って移動して現地の人が利用するようなレストランで食事をすることで、その土地ならではの空気感であったり現実というのを見ることができます。

 

「航空券+ホテル」にする場合のメリット

「航空券+ホテル」で探す場合はフリープラン型ツアーよりも選択肢が多いのが特徴です。フリープランとはいえどもツアーですので、用意するのには限りがあります。しかし、「航空券+ホテル」にするとツアーではなくなるので自由度が高くなりそれだけ選択肢が増えます。※デメリットもあるので、詳しくは先ほどもご紹介したこのページをごらんください。DeNAトラベル<海外ツアーと航空券+ホテルの違い>

 

フリープラン型ツアーのデメリット

  • 旅行中は基本何のガイドもない
  • 一都市滞在型がほとんどなので、他の都市へ行けない
  • 旅程を自分で立てる必要がある
  • 交通手段も全て自分で手配

 

フリーツアーのデメリット1「何のガイドもない」

フリープラン型はその名の通りフリーなので、旅行中は何のガイドや手助けもありません。日本を出国する時から家に帰るまで全て自分で行う必要があります。

そのため、何か分からないことがあったとしてもそれは現地の人に尋ねるなど自力でクリアしていかなければなりません。

フリーツアーのデメリット2「他の都市へ行けない」

これは少しわかりにくいかもしれませんが、フリープラン型ツアーの場合、通常ホテルはどこかの都市1カ所に泊まることになります。

例えばイタリアで、ミラノに行って次にフィレンツェに行って・・・という風に都市を移動しながら泊まるということができません

これはフリープラン型ツアーの最大のネックなポイントであり、もし都市を移動しながら旅行したい場合は個人旅行かパッケージ型ツアーにする必要があります。

 

個人旅行のメリット・デメリット

続いて個人旅行の場合のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

個人旅行のメリット

  • 完全自由に旅程を立てられる
  • 航空券やホテルを自由に選べる
  • 行き当たりばったりの旅行ができる

 

個人旅行のメリット1「完全自由どこの都市へもどこの国へも行ける」

個人旅行の最大の魅力は何にも縛られることなく完全自由に旅程をくめるところにあります。

特にフリープラン型ツアーでは不可能な、「いろいろな都市を転々としながら旅をする」というのはパッケージ型ツアーか個人旅行でしかできません。

個人旅行はパッケージ型とは違い、旅程も完全自由なので都市を移動する際の移動手段もなんでもありです。ヒッチハイクで移動する人もいれば夜行列車で移動する人もいるでしょう。

また、ヨーロッパなどでは各都市を結ぶLCCも発達しているので、フランスーイタリア間を5,000円で移動して旅をするなんてことも可能です。

自分のやり方次第でどんな風にも内容を変えられるというのが個人旅行の最大のメリットです。

 

個人旅行のメリット2「航空券もホテルも自由に選べる」

個人旅行の2つめのメリットは航空券もホテルも全て自由に選べるという点です。ツアーであればあらかじめツアー会社が押さえているホテルや航空券から選ぶ必要があり、自由度がありません。

例えば航空券で言えばツアーの航空券よりも個人で取得した方が値段が安い場合も多々あります 。またホテルに関して言えばツアーでは、高級ホテルやちょっと変わったホテルなどはあまりなく、基本的に無難なホテルしか選べないことが多いです。

しかし個人旅行であればブッキングドットコムやホテルズドットコムなどのホテル予約サイトを通して世界中のホテルから好きなホテルを選ぶことができます。

例えば1日目はこの都市で泊まって、2日目はこの都市、3日目は空港に近いこの場所のように自分の目的に合わせてホテルを選べたりするのは非常に便利です。

これは個人旅行でしかできないことですので、自分の好きな航空会社とホテルを選びたいというのであれば個人旅行にするのがおすすめです。

 

個人旅行のメリット3「行き当たりばったりの旅行ができる」

個人旅行の最も良いところはこれかもしれません。好きな国に好きな時間に行き、街をぶらぶらしたりちょっとショッピングをしてみたり。ちょっと散歩してみたり

こんな事ができるのは個人旅行のメリットです。もちろんフリー型のツアーでも同じ事ができますが、個人旅行の場合は例えば宿を決めずにぶらっと行く事だって可能 です。

そういった完全に自由な旅行をしたい場合には個人旅行はとっても魅力的です。

 

個人旅行のデメリット

  • 困った時は自分で解決
  • 英語が話せないと辛い

 

個人旅行のデメリット1「個人旅行では全てが自力」

これは裏を返せば個人旅行のメリットでもあるのですが、個人旅行では完全に自由な反面困った際にも自分自身で全て解決していく必要があります。

また滞在先のホテルなどもフリープラン型ツアーやパッケージツアーでは「日本語が話せるスタッフがいるホテル」な場合がほとんどですが、個人旅行ではそういったホテルを選ばない限り、日本語を話せるスタッフはいません。

そのため、ホテルのチェックインなども片言の英語などを喋りながら何とかやっていく必要があります。

ねっこ
まあ英語なんてジェスチャー使えばなんとかなるけどな!伝えようという気持ちがあれば言いたいことは伝わると思うぞ

 

ツアー・個人旅行メリットデメリット比較まとめ

それではここまで見てきたツアー2種と個人旅行のメリット・デメリットを比較してまとめてみたいと思います。

旅行タイプ メリット デメリット
パッケージ型
ツアー
・全てお任せで良い
・英語が話せなくても大丈夫
・観光地を効率良く回れる 
・旅程を考えなくて良い
・添乗員に聞く事ができる
・料金が高い
・他の旅行者と一緒
・興味のない場所にも行く
・滞在時間が決まっている
・旅程が詰まっている
フリープラン型
ツアー
・セットでお得
・他に参加者はいないので気楽
・現地での自由行動が可能
・空港からホテルへの送迎がある
・何のガイドもない
・他の都市へ行けない
・旅程を立てる必要がある
・交通手段も自分で手配
個人旅行

・完全自由
・どこでも行ける
・旅程を立てる楽しさを感じられる

・困った時は自分で解決
・英語が話せないと辛い

 

はじめての海外旅行ならツアーがオススメ

はじめての海外旅行に選ぶのであれば、ツアーが断然オススメです。というのもここまでご紹介してきましたが個人旅行はけっこうハードルが高いです。

英語が多少できなければならないのはもちろんのこと、ホテル予約や航空券の予約などやることが多く、なんとなーく海外旅行の全体像が分かっていないと大変だからです。

また、ツアーの方が基本的に安価に旅行できる場合が多いのでそういった意味も含めてツアーをオススメします。

 

一都市メインならフリープラン型ツアーがオススメ

はじめての海外旅行にツアーがオススメとは言っても渡航先の国ごとにフリープランにすべきかパッケージ型にすべきかは異なります。

当サイトの見解としては、一都市メインの旅行ならフリープラン型ツアーをオススメします。

一都市メインというのは、例えば台湾の台北に行くという場合や香港に行く・ハワイに行くなど行き先での移動があまりないパターンの旅行です。

一都市メインの旅行であれば旅程を立てるのもそこまで難しくないですし、観光地も基本的に都市部にあるので交通機関も難しくありません。

そのため、ホテルと航空券以外はフリーなフリープラン型ツアーで観光されるのが良いかと思います。

 

周遊型の旅行ならパッケージ型ツアーがオススメ

フリープラン型ツアーはいろいろな都市を移りながらの旅行には適していないので例えばヨーロッパ3カ国を回る場合などは、パッケージ型ツアーがいいと思います。

もちろん個人で行けるならば個人旅行の方が自由度も高く旅の面白さも感じられるのですが、行く先々のホテルや交通機関を予約して旅程を立てて・・といった事をいきなりするのは非常にしんどいです。

また、英語に不安がある方も多いと思いますのでいろんな都市や国を移りながら旅をしてみたい人はパッケージ型ツアーをオススメします。

個人旅行・ツアー旅行でオススメのサイト

ご存知かもしれませんが、ツアー旅行を予約するのに適したサイトと、個人旅行を予約するのに適したサイトがありますので、ここでご紹介しようと思います。

実際にどれも私が使っていて、特に不便を感じた事はなくお得に旅行ができたと思っているサイトですので安心してみていただければと思います。

パッケージ型ツアーを予約するならJTBがオススメ

JTB
海外旅行の予約といえばJTBかと思います。JTBは非常にパッケージのプランが豊富なので、きっとご希望のプランが見つかると思います。

特にJTBは対応が丁寧で手厚いので海外旅行に不慣れな方にはおすすめの旅行会社です。旅行金は他者に比べて若干高いかもしれませんが、それは「安心料」として考えれば高くないのではないかなと思います。

 

フリープラン型ツアーを予約するならここがオススメ

H.I.S.海外旅行 (航空券・ツアー情報)
HISは海外旅行予約サイトの定番中の定番です。特にHISはフリープラン型のツアーが得意で、私もよく利用しています。豊富な選択肢とお得なプランが多いので、HISは必ずチェックした方がいいと思います。

 

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ(旧DeNAトラベル)>
DeNAトラベルはDeNAベイスターズの親会社であるDeNAが運営する旅行代理店で、現在とても力を入れています。パッケージ型ツアーも取り揃えていますが、フリープラン型ツアーや「ホテル+航空券」が強いサイトです。

 

個人旅行を予約するならここがオススメ

個人旅行をするのであれば航空券は航空会社で直接購入するのがおすすめ です。現在は格安航空券予約サイトなども多々ありますが、実際には直接購入した方が安い場合も多々ありますし、格安航空券販売サイト経由で購入すると座席指定が出来なかったり不測の事態の際に融通が効かなかったりと不便が多いです。

そのため私はいつも航空会社で直接購入しています。ただ海外の航空会社など英語サイトしかなく、購入が不安な場合は格安航空券販売サイト経由で買っても良いかなと思います。

格安航空券を探すのであれば先ほど紹介したエアトリ がおすすめです。日本企業が運営していますし、ネット上の評判も上々です。私も利用した事がありますが特にトラブルもなかったのでおすすめです。

そしてホテルを予約するのであれば Hotels.comという世界最大規模のホテル予約サイトか、booking.comという世界最大のホテル予約サイトがおすすめです。

それぞれの特徴やおすすめの理由などは海外ホテル予約サイトおすすめ比較ランキング2018<10社を徹底的に比較しました>という記事に詳しく掲載していますので是非ご覧ください。

 

まとめ

個人旅行・ツアー共にメリットデメリットがありますが、どんな方法で行くかは旅行先やご自身の判断基準によりますのでよくよく検討されて選ぶと良いかと思います。

しかし、基本的に何事も早く予約した方が料金的にお得になるようになっていますのでなるべく早くご決断されることをオススメいたします。


<最後に>

最後にツアーのホテル予約の注意点をお伝えしておこうと思います。これはどんな会社のどんなツアーでも共通なことなので頭に留めておくと良いかと思います。

海外旅行のツアーでは、ホテルが1部屋あたりいくらという計算をしているので1人で予約すると表示されている金額よりも見積額が高くなってしまいます。

そのためお一人でツアーを予約される場合には、個人旅行の方が費用は安く抑えられます。

それでは今回は以上になります。

海外旅行に不安のある方は「はじめての海外旅行に行く人のための全手順!準備物?両替は?必要な手続きは?」という記事を参考にしてみてください。海外旅行に行くまでの全手順を掲載しています。