成田空港で当日レンタル可能な海外WiFiを徹底比較!おすすめはこの3社!

この記事では成田空港で当日レンタル可能な海外ポケットWiFiを徹底比較し、その中でもあなたにとっておすすめなWiFiはどれなのか?を解説します。

ただ正直に言っておすすめできるWiFiは上位の3社で、あなたの目的別(コスパ重視?使いやすさ?)などによっておすすめWiFiが変わってきますので参考にしてみてください!

<おすすめWiFiは以下の3つ。用途別で選ぼう>
・コスパ重視▶︎グローバルWiFi
・直前予約▶︎Wi-HO!
・使いやすさ▶︎イモトのWiFi
パンだ
お急ぎの方は上記の通り3社のうちのいずれか自分に合うWiFiを選べば間違いなしです♪詳しくは記事を読んでみてください♪

成田空港で借りられるWiFi一覧と当日レンタルの可否について

まずはじめに成田空港でレンタルできる海外WiFiを一覧にし、その上で当日レンタルできるか否かを表にしてみました。

WiFi名当日レンタル
グローバルWiFi⭕️
イモトのWiFi⭕️
ワイホー⭕️
JALABC⭕️
テレコムスクエア⭕️
U.Sデータ✖️
アロハデータ✖️
ワールドデータ✖️
オージーデータ✖️
jetfi✖️
エクスモバイル✖️
その他✖️

ご覧の通り、成田空港で当日レンタル可能なWiFiはグローバルWiFi、イモトのWiFi、テレコムWiFi、JAL ABC、ワイホーの全部で5社 です。

次はこれらの会社の中からどのWiFiを選ぶと失敗しないのか?そのポイントを解説します。非常に重要なポイントですのでご一読されることをおすすめします。

\各社キャンペーン実施中!/

※イモトのWiFiは10月31日まで最大半額キャンペーン実施中です!

 

失敗しない!当日レンタル可能な海外WiFiの選び方

当日レンタル可能なのは先ほどご紹介した通りの5社ですが、失敗しない海外WiFi選びのためにはいくつかのポイントがあります。

実は私自身これから紹介するポイントを知らずに、かつて損をした ことがありますので是非知っておいていただきたいポイントです。

ポイント1:通信速度が安定し、現地で不自由なく利用できること=実績がどうか

海外WiFiですので当たり前ですが、確実に現地で利用できる!ということが必要不可欠です。

というのも、海外WiFiの中には、使えるは使えるものの通信速度が安定しないものやぷつぷつ切れたりするWiFiというのが実際にあります

もし仮にそういったWiFiを選んでしまった場合には、非常にストレスが溜まりますしいざという時に使えない!という事態も起こりかねません。

ではどうやってそういったWiFiを選ぶか?というとポイントは「実績」 です。

長年に渡り海外WiFiサービスを提供している会社には「実績」というものが「満足度」や「利用者数」という実績に現れます。その実績を1つの指標とすることで、いわゆるハズレのWiFiを引く可能性は極めて低くなります。

WiFi名実績
グローバルWiFi利用者数No.1
イモトのWiFi満足度No.1
ワイホー特になし
JALABC特になし
テレコムスクエア特になし

実績を見るとグローバルWiFiとイモトのWiFiが明確な実績を持っています。

 

ポイント2:1日あたりの料金が安いWiFiであること

これは誰もがそう思うポイントですが、WiFiの料金は安いにこしたことはありません。

海外WiFiの料金体系というのは以下のように1日あたりの料金に対して借りた日数分の料金が加算される仕組みとなっていますので、1日あたりの料金が低いほど負担は少なくなります。

<海外WiFiの料金体系>
1日あたりのレンタル料×レンタル日数
WiFi名料金/日
※ハワイの場合
※4G回線
グローバルWiFi1,170円
※割引前
イモトのWiFi1,580円
ワイホー750円
JALABC1,150円
テレコムスクエア1,500円

料金を見るとハワイの場合ですがワイホーが最も安くなっています。※ただしグローバルWiFiは別途割引あり

 

ポイント3:空港受取手数料がかからないWiFi

ご存知ない方も多いのですが、多くの海外WiFiレンタル会社では「空港受取手数料」なるものを加算することが多いです。

金額としては500円〜1,000円くらいですが、このよく分からない手数料はなるべく払いたくないですよね。そのため、できる限りこの「手数料」がかからない会社を選ぶ方が結果的にお得 になります。

WiFi名受取手数料など
グローバルWiFiWEBからの申込で無料
イモトのWiFi500円
ワイホー540円
JALABC無料
テレコムスクエア540円

グローバルWiFiとJALABCなら無料!

 

ポイント4:カスタマーサポートが充実しているか

海外WiFi会社は基本的にカスタマーサポートやコールセンターを設けていますが、会社によってはメールでしか対応してなかったり、日本時間の9時〜5時でしか対応してなかったりする場合があります。

これは何が問題かというと、いざ「WiFiが不具合を起こした」などという場合にカスタマーサポートがメールだけですと迅速な対応ができないですし、日本時間の9時〜5時などの対応だと時差の関係で大事なタイミングで連絡できない! ということが起こり得ます。

そんなことがあっては意味がないので、できる限り万全のサポート体制を敷いている会社を選ぶのが鉄則です。

WiFi名受取手数料など
グローバルWiFi24時間365日
電話、スカイプ、ライン
イモトのWiFi9:00~20:00
電話
ワイホー9:00~18:00
電話
JALABC9:00~18:00
電話
テレコムスクエア9:00~18:00
電話

サポート体制に関してはグローバルWiFiが圧倒的!

 

ポイント5:大きな会社か否か

これは私の経験則からお伝えするポイントなのですが、WiFiレンタルをする場合に限らず海外旅行系のサービスを利用する場合は「大きい会社」の方が良いです。

というのも大きい会社の方が「客側のミスに対して寛大」 な事が多いからです。

例えば海外WiFiに関して言えば、小さな会社だと注意事項の記載が非常に多かったり、使用できる通信料が少しでもオーバーすると途端にスピードが遅くなるなど「余裕がない」場合が多いです。

対して大きい会社ですと、例えば少々使い過ぎてしまっても何も問題がなかったり、多少トラブルがあっても寛大に対応してくれる場合が多いです。

小さな会社だと「1人の客の小さなミス」がその会社にとって大きなダメージを与える可能性がありますが、大きな会社だと、「1人の客の小さなミス」は対してダメージを受けません。

それが結果的に顧客対応の差 になってきたりしますので、何が起こるか分からない海外旅行のサービスを選ぶ場合は、できるだけ大きな会社のサービスを選ぶ方が良いです。

WiFi名会社規模
▶︎資本金
▶︎社員数
グローバルWiFi23億円
737名
イモトのWiFi9,300万円
不明
ワイホー5,000万円
279人
JALABC1億円
不明
テレコムスクエアワイホーと同じ

会社の規模はグローバルWiFiが圧倒的!

パンだ
数年前に「てるみくらぶ問題」というのもありましたよね。そういった事が起こり得なくはないですので大きな会社というのは安心材料になります♪

番外編:WEBで事前に申し込んでおくとお得に!

番外編ですが、どの海外WiFiも基本的にWEB申し込みが主となっていますので、WEB申し込みの方には割引を適用していることが多いです。

割引内容は各社によって異なりますが、無視できないくらいの金額が変わりますので可能であれば事前にWEB申し込みをするのがおすすめです!

また当日申込ですと、在庫がない場合対応してもらえない場合もあるので事前申込がおすすめです!このあと各社の詳細を説明している箇所でそのあたりも解説しますのでご確認いただければと思います。

少し長くなってしまいましたが、以上5点を押さえたうえでWiFiを選ぶと、まず間違いなく「失敗した」となることはないかと思います!

 

成田空港で当日レンタル可能なWiFiを5つのポイントから徹底比較しおすすめ順にランク付け!

さてここまで見てきたポイントを元に成田空港で当日レンタルできるWiFiをおすすめ順に順位づけしてみました。順位は以下の通りですが正直言っておすすめなのは1位〜3位のいずれかのWiFiです。

<おすすめWiFiは以下の3つ。用途別で選ぼう>
・コスパ重視▶︎グローバルWiFi
・直前予約▶︎Wi-HO!
・使いやすさ▶︎イモトのWiFi
順位WiFi名実績料金手数料サポート会社規模
1グローバルWiFi⭕️⭕️⭕️⭕️
2ワイホー⭕️××
3イモトのWiFi⭕️××
4JALABC⭕️
5テレコムスクエア×××

それぞれのWiFiの特徴や細かなポイントなどはこのあと詳しく解説しますので気になるWiFiがあれば確認してみてください!

 

第1位:グローバルWiFi

実績
料金
受取手数料無料
サポート
会社規模
受取窓口(第1)4ヶ所
受取窓口(第2)1ヶ所
受取窓口(第3)なし
当日申込の方法WEB or 電話
0120510670
キャンセル4日前まで無料

第1位はグローバルWiFiです。上の表をご覧の通り、海外WiFiをレンタルするに当たって押さえておくべきポイントのほとんどで業界最高水準をマーク しています。

特筆すべきはカスタマーサービスの充実度と実績、会社規模などの総合力です。特にカスタマーサービスに関してはここまで労力を割いているWiFi会社は他にありませんので安心できる大きなポイントです。

料金も他の会社と比較してもかなり安めに設定されていますし、WEB申込で多数の割引 もありますのでぜひ事前にWEBで申し込んで特典を最大限に受けられる事をおすすめします。

 

第2位:ワイホー

実績
料金
受取手数料540円
サポート
会社規模
受取窓口(第1)4ヶ所
受取窓口(第2)2ヶ所
受取窓口(第3)2ヶ所
当日申込の方法WEB
キャンセル3日前まで無料

第2位はワイホーです。この会社も海外WiFi提供会社として長年サービスを提供していて、確かなサービスを低価格で提供しています。

このWiFiの特徴は「直前予約サービス」というもので、540円の手数料を支払えば、ネットで30分前まで予約が可能 な事です。

通常その他のWiFi会社では、当日申込は空港カウンターでの申込となり、その場で個人情報を記入したり支払い処理をしたりとなかなか煩雑です。

しかしワイホーの「直前予約サービス」を使えば、空港での受取が非常にスムーズになるので、当日申込で時間もない!という方はワイホーをおすすめします。

 

第3位:イモトのWiFi

実績
料金
受取手数料500円
サポート
会社規模
受取窓口(第1)2ヶ所
受取窓口(第2)2ヶ所
受取窓口(第3)なし
当日申込の方法WEB or 電話
0120800540
キャンセル出発日2日前17時まで

第3位はイモトのWiFiです。このWiFiはタレントのイモトさんが広告塔をやっている事から、知名度に関しては抜群の高さを誇ります。

またWEBの申込サイトがとても使いやすくわかりやすいことが特徴 で、その結果が様々な指標における満足度ナンバー1につながっています。

イモトのWiFiはお値段も比較的リーズナブルですし、申込サイトも使いやすいため「初めてWiFiを借りる」という方には特におすすめのWiFiとなっています。

各種キャンペーンも豊富に実施していますので一度サイトを訪れ検討してみてください!キャンペーンを使えば最もお得になる可能性もあります。

 

第4位:JAL ABC

実績
料金
受取手数料無料
サポート
会社規模
受取窓口(第1)2ヶ所
受取窓口(第2)2ヶ所
受取窓口(第3)なし
当日申込の方法店頭
キャンセル4日前まで無料

第4位はJALの関連会社が提供するJAL ABCです。このWiFiの特徴はJALという大きな航空会社が提供しているサービスであるという事です。

特に料金に関しては一律となっていますので、近場の国に行かれる方はかなり損をする可能性が高いです。

またサポートに関しても、WiFiをメイン事業として行なっている会社には劣りますので、ここまで挙げた3つの会社の中から選ばれる事をおすすめします。

 

第5位:テレコムWiFi

実績
料金
受取手数料500円
サポート
会社規模
受取窓口国際線3F
当日申込の方法店頭
キャンセル3日前まで無料

第5位のテレコムWiFiは第3位のワイホーのビジネス向けサービスです。そのためお値段が高めの設定 になっていて、個人で借りる際の旨味はあまりありません。

押し出しているサービス「30分前まで」というのもワイホーの「直前予約サービス」と同様のサービスですのでここのWiFiを検討されているのであればワイホーの方がお値段も安くおすすめです!

 

成田空港でWiFiレンタルする際の注意点

ちなみにですが、成田空港でWiFiレンタルをされる際にはいくつか注意いただきたい点があります。それが以下の3つです。

<成田空港でWiFiレンタルする際の注意点>
・ターミナルと場所に注意
・営業時間に注意
・できればWEB申込を

注意点1:ターミナルと場所に注意

まず1つめの注意点が自分が利用するターミナルで、WiFiレンタルが可能か否かを確認する事です。というのも、成田空港は第1から第三ターミナルまであるのですが、第三ターミナルでWiFiレンタルが可能なのはワイホーとテレコムWiFiだけだからです。

第1と第2では、今回ご紹介した全てのWiFiをレンタルすることができるので問題ないですが、もし第三ターミナルをご利用の場合は注意が必要です。

 

注意点2:営業時間に注意

また成田空港では、深夜早朝問わず多くの便が就航していますが、海外WiFiの受取カウンターは24時間営業ではないことに注意が必要です。

せっかく空港でWiFiを借りようと思っても、カウンターが閉まっていたらどうしようもありませんので、下記の営業時間をしっかりご確認のうえ、WiFiがレンタルできるのかどうか確認ください。

(ちなみにWiFiを借りるのは保安検査前になりますので空港に着いてすぐくらいの時間に空いているかどうかを確認すればOKです)

なお仮にカウンターが空いている時間に空港に行けない場合は、各WiFiすべて事前に郵送で送ってもらうこともできます ので、そういった方法もご検討ください。

 

注意点3:できればWEB申込を

これは冒頭でもお伝えしましたが、WiFiレンタルをされる場合はできる限り事前にWEB申込をすることをおすすめします。

それは当日申込に比べて事前のWEB申込の方が金銭面で非常にお得 だからです。例えば各社のWEB割引は以下のようになっています。

<各社のWEB事前申込による割引>
・グローバルWiFi▶︎受取手数料無料、5%オフなど
・イモトのWiFi▶︎キャンペーン
・ワイホー▶︎最大40%オフキャンペーン

 

海外WiFiについてよくある質問

さてここまで成田空港で当日レンタルできるおすすめWiFiについて紹介してきましたが、そもそも海外WiFiについて、「よく分かんない」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで最後に海外WiFiに関するよくある質問についてお伝えしておきます。詳しくは下記の記事で掲載していますので、気になる方はごらんください。

<損しないで!>初心者必見”海外WiFiレンタル”の賢い選び方

2017年3月14日

よくある質問1:海外WiFiは現金で払えない?

海外WiFiでは各社ともに、現金での決済は行なっていません。というのも現金決済を導入すると、受取カウンターが非常に混雑してしまうなどの理由からです。

ただ、グローバルWiFiやワイホーなどでは、「請求書後払い」 という制度もあり、後日コンビニや銀行振込、LINE PAy などでの支払いも可能となっています。

 

300MBとか無制限とかあるけど何を選べばいいの?

海外のポケットWiFiでは、各社ともに同じ国であってもいくつかのプランを用意しています。それがこの300MBとか無制限とか1GBというもので、これは「1日に使ってもいい通信量」の事を指しています。

昔の言葉でいうと1日にどれだけの量のパケットを使っていいか?を表したもので、当然使ってもいい量が多ければ多いほど料金も高額になります。

それではどれくらいの通信量のプランを選べば良いのか?という話ですが、それに関しては下記の記事で詳しく解説していますのでご確認ください。

250MB/500MBの目安ってどのくらい?海外WiFiを借りる前に知っておきたい通信量の目安

2018年1月14日

だいたい1人あたり500MBあれば十分ですが、グローバルWiFiなら少々オーバーしても多めに見てくれるのでグローバルWiFiで最も容量が小さいのにするのがおすすめ です。(内緒ですが!)

 

3Gとか4G LTEとかどうすればいいの?

通信容量とともに、料金に関わってくるのが3Gとか4Gとかの「通信速度」です。これは非常に簡単で3Gよりも4Gの方が速度が早く快適です。(スマホを持っている方は皆、4Gを使っているはずです)

しかし実際のところ4Gにすると料金が高額になりますし、実際問題私がいつも使っているグローバルWiFiでは3Gでも全く速度的に問題ないので、3Gでいい のではないかな?と思います。(動画も普通に見れますしテレビ電話もできます)

よく4Gじゃないと遅いと言われますが、そんな事はなく私はいつも3Gを使っていますので安心して3G回線で借りていただければ良いかなと思います。

 

成田空港の海外WiFiレンタルまとめ

この記事では成田空港で当日レンタルできる海外ポケットWiFiについてこまかーく解説してきました。この記事に書いてある事は私が長年海外WiFiを使ってきて学んだ知っ得情報ですので、ぜひ活用いただければ幸いです。

こちらの記事もおすすめ

また当サイトでは成田空港に関する記事として成田空港ターミナル別時間つぶしの方法は?オススメスポット紹介!深夜・早朝もという暇つぶし記事なども用意していますので、もし空港で暇そーだなーと考えている方は見てみてください。

また海外旅行と言えば免税店でお買い物!という方には免税店ってなに?海外旅行で免税店を有効に使う方法と絶対に知っておきたい注意点という記事もオススメです。

飛行機の乗り方が不安だな〜という方にはこちらの記事何分前までに到着??はじめての海外旅行|飛行機の乗り方と手順のすべてをご紹介もオススメです。




ホテル予約で損しない!
ホテル予約サイトランキング

年間数カ国を訪れる管理人がこれまでの経験から厳選した、おすすめのホテルランキングをご紹介。