成田空港で到着当日にレンタルできる国内用WiFiレンタルを10社徹底比較!本当におすすめなのはこのWiFi

 

「日本に一時帰国する際に使える国内用のレンタルWiFiのおすすめが知りたい」

「成田空港を利用する際にそのままレンタルできるおすすめWiFiが知りたい」

 

この記事では成田空港で到着してそのまま日本国内用のWiFiをレンタルしたい方におすすめの国内用WiFiを徹底的に比較し、あなたに本当におすすめのWiFiをご紹介しています。

 

パンだ
この記事を作るにあたって成田空港で国内用WiFiレンタルを提供している会社を10社比較したんだけど、料金体系が不明瞭であったり、1日あたりの価格に誤解をもたらすような表記があったりし、なかなか酷いなと思いました。

この記事では、そんな難解な料金表示に消費者のみなさまが騙されないように、徹底的に比較して本当におすすめの国内用WiFiレンタル提供会社を選んでみました 。選定する際のポイントも一緒に説明していますのでぜひご確認ください。

成田空港で当日レンタルできる国内用WiFiの選び方3つのポイント

今回各社のホームページを確認してみて、国内用のWiFiレンタルを検討する際にはゼッタイにみておくべきポイント、考えるポイントが3つあると感じました。まずはここを理解していただければと思います。

 

ポイント1:1日あたり◯◯円〜と書いている表記に騙されるな!

2つ目のポイントは価格表記の問題です。多くの国内用WiFiレンタル会社のホームページを確認すると、だいたい「1日あたり◯◯円」という表記があります。

しかしこの表記に騙されてはいけません。この表記、ほとんどの場合が1日あたりといいつつも「1ヶ月レンタルした際の値段を31日で割った値段」を1日あたりの価格として表記しているのです。

というのもほとんどの会社では、1ヶ月パックみたいなプランを用意していて1ヶ月借りると1日単位で借りるよりもかなり安く借りられるようになっているのです。そのため、各社は1日あたりの値段も少しでも安く見せるためこのような表記をしているのです。

そのため「1日あたりの表記が一番安い会社が、実は実際の1日あたりの値段は一番高かったというのは普通にありました。そのため、我々消費者はそういった小細工に騙されないように気をつける必要があります。

※そのため後述する料金表では、純粋に最低1日でいくらかかるのかを記載しています。

 

ポイント2:レンタル代金以外の料金に注意

WiFiレンタルというと、基本的に表記されている1日あたりの金額×レンタル日数が合計料金と思ってしまいがちですが、今回調べてみたところ全ての会社で受け取り手数料 的な費用が発生することが分かりました。

値段的には800円〜1600円ほどと会社によってまちまちですが、決して安くない金額が上乗せさせることを認識しておく必要があります。

 

ポイント3:成田空港受け取りカウンターがある会社なのか?

今回ご紹介する国内用WiFiレンタルは全て成田空港での受け取りが可能なWiFiですが、一口に成田空港といっても「空港カウンターがある会社」と「空港カウンターのない会社」の2種類存在することが判明しました。

どっちがいいかというともちろん「空港カウンターがあるWiFi会社」が良い です。良いというよりももはやそれ以外は選択肢に入りません。というのも空港カウンターがない会社の場合、成田空港の郵便局書き留めみたいな扱いになっていて、レンタルするのも返すのも何かと面倒でデメリットしかないからです。

パンだ
以上3点が国内用WiFiレンタルを選ぶ際の注意点です!この記事ではもちろんこの指標も考慮して、あなたにおすすめのWiFiレンタルをご紹介していますので安心してごらんになってくださいね♪

 

成田空港で到着当日にレンタル出来るおすすめの国内WiFiレンタル会社10社比較!

さて早速、10社を比較したうえで私が個人的な意見と知見から選んだ国内用WiFiレンタル会社をおすすめ順にご紹介していきます。1つ1つの会社の細かな説明はこのあと行いますので、ここではまず「どこの会社が良いのか」一覧でご確認いただければと思います。

順位社名空港カウンター料金/1日
1Wifiレンタルどっとこむあり350円
2WiFiレンタル屋あり450円
3SoftBank Pocket wifiあり480円
4e-caあり498円
5WiFiレンタル縁人なし390円
6WiFi東京なし400円
7WiFiジャパンなし420円
8どこでもネットなし450円
9ププルなし500円
10テレコムWiFiなし1,298円

成田空港で到着当日にレンタルできるおすすめのWiFiは上記の順となりました。1位にしているWifiレンタルどっとこむ は空港カウンターもあるうえに、料金も他と比べて最もリーズナブルで文句なしの1位 だと思います。

このあと各WiFiレンタルサービスについてもう少し深掘って解説しますのでご確認ください。

 

成田空港で当日レンタルできる国内用WiFiランキング解説!

それでは上記にて掲載した会社の詳細情報を解説していきます。正直、細かくみていけば見ていくほど1位のWifiレンタルどっとこむ が最もお得ではないかなと思います。

1位:WiFiレンタルドットコム

おすすめ度
短期プラン最安350円/日
長期プラン最安2,730円/月
端末種類13
手数料送料など1,080円
空港カウンターあり
空港受取申込期限前日13時
第1ターミナル受取場所国際線到着ロビー 北ウィング到着カウンター1F QLライナーカウンター
第2ターミナル受取場所国際線到着ロビー 到着カウンター1階 QLライナーカウンター

空港カウンターが成田空港の第1第2ターミナルにそれぞれあり、料金も業界最安水準 なのがこのWiFiレンタルドットコムです。今回10社のWiFiレンタル会社を事細かに確認しましたが、総合的にここよりおすすめな会社はありませんでした

機種の種類も豊富で、自分好みの機器をレンタルすることが可能です。(どれを選んでいいかわからない!という場合は下記の写真にある「スタッフおすすめ」の機種が総合的に良いと思います)

またサイトも非常に見やすく、レンタルする際にストレスが溜まらないのもポイントです。初めて借りる方向けの解説記事もサイト内にはありますので、非常に親切な会社かと思います。

 

2位:WiFiレンタル屋

おすすめ度
短期プラン最安450円/日
長期プラン最安6,750円/月
端末種類3
手数料送料など1,080円
空港カウンターあり
空港受取申込期限前日17時
第1ターミナル受取場所QLライナー第1ターミナル(南ウイング)
第2ターミナル受取場所QLライナー第2ターミナル

2番目におすすめなのはWiFiレンタル屋です。ただこの会社は1位のWiFiレンタルドットコムに比べて機種数が少なく1日あたりの料金も100円ほど高くなっています

また、月額の長期プランで言えばかなり高めの料金となっていますので、長期での利用をお考えの方は別のWiFi会社を選ぶことをおすすめします。

 

3位:SoftBank Pocket Wifi

おすすめ度
短期プラン最安458円/日
長期プラン最安6,000円/月
端末種類2
手数料送料など1,080円
※7日以上レンタルで無料
空港カウンターあり
空港受取申込期限前日17:00までのお申込まで
(土日祝は16:00まで)
第1ターミナル受取場所QLライナー第1ターミナル(南ウイング)
第2ターミナル受取場所QLライナー第2ターミナル

三番目はソフトバンクのポケットWiFiです。その名の通り、ソフトバンクWiFiのみレンタルしています。コスパ的にはそこそこ良く、悪くない選択肢ではあります。

また、どのWiFiレンタル会社でも必要になってくる手数料や送料などが7日以上のレンタルで無料 になるのもポイントの1つです。ただし、サイトがごちゃごちゃしていて使いづらいのでその点はちょっと難がありそうです。

 

4位:e-ca

おすすめ度
短期プラン最安498円/日
長期プラン最安4,980円/月
端末種類3
手数料送料など1,080円
空港カウンターあり
空港受取申込期限前日13:00まで
第1ターミナル受取場所 北ウィング到着カウンター1F QLライナーカウンター
第2ターミナル受取場所到着カウンター1階 QLライナーカウンター

四番目はe-caです。このサイトは値段もそこそこで、サイトも使いやすくおすすめのWiFiレンタル会社です。

 

5位:WiFiレンタル縁人

おすすめ度
短期プラン最安380円/日
長期プラン最安5,850円/月
端末種類2
手数料送料など870円
空港カウンターなし
郵便局で受取
空港受取申込期限前日16:00まで
第1ターミナル受取場所記載なし
第2ターミナル受取場所記載なし

第5位はWiFiレンタル縁人です。価格こそ安いものの、空港カウンターはないうえに、空港郵便局で受け取れると記載のあるものの詳細の案内は掲載されていませんでした

恐らく届け先を空港郵便局で指定すれば大丈夫なはずですが、さすがに案内がないのは少々怖いのであまりおすすめできないあかなと思います。(そもそも郵便局受取は面倒なのでおすすめしません)

 

6位:東京WiFi

おすすめ度
短期プラン最安400円/日
長期プラン最安6,000円/月
端末種類3
手数料送料など1,080円
空港カウンターなし
郵便局で受取
空港受取申込期限受け取りをご希望の場合、受け取り希望日の3日前の15時まで
第1ターミナル受取場所成田郵便局空港第1旅客ビル内分室
第2ターミナル受取場所成田郵便局空港第2旅客ビル内分室

続いては東京WiFiです。値段もそこそこなのですが、申込期限が3日前 までなどとなっていて結構使いづらいかなと思います。それ以外の点に関しても特筆すべき点はあまりないかなと思います。

 

7位:WiFiジャパン

おすすめ度
短期プラン最安420円/日
長期プラン最安2,980円/月
端末種類3
手数料送料など1,620円
空港カウンターなし
郵便局で受取
空港受取申込期限2日以上前
第1ターミナル受取場所成田空港郵便局 第一ターミナル内分室
第2ターミナル受取場所成田空港郵便局 第2旅客ビル内分室

WiFiジャパンは月額プランに関してはかなりコスパが良いWiFiです。ただ、それでも空港カウンターで受取できないことや、手数料などが高いことを考えると断然WiFiレンタルドットコムがいいと思います。

 

8位:どこでもネット

おすすめ度
短期プラン最安450円/日
長期プラン最安9,500円/月
端末種類11
手数料送料など送料+500円
空港カウンターなし
ヤマトで受取
空港受取申込期限2日前の16時まで
第1ターミナル受取場所クロネコヤマトGPA宅配サービスカウンター
第2ターミナル受取場所クロネコヤマトGPA宅配サービスカウンター

八番目はどこでもネットです。この会社の特徴は機種数が多いことです。機種数の数で言えば1位のWiFiレンタルどっとこむの次に多い数となっています。とはいえ、それ以外に特に利点もないのでこの順位となっています。

 

9位:ププル

おすすめ度
短期プラン最安500円/日
長期プラン最安15,500円/月
端末種類2
手数料送料など1,080円
空港カウンターあり
空港受取申込期限3営業日前
第1ターミナル受取場所1階
第2ターミナル受取場所1階

ププルは空港カウンターはあるものの、申込期限が3営業日前 までであったり、長期プランがなく1ヶ月単位で借りると非常に高額になったいるする点であまり良くないためこの順位としています。

 

10位:テレコムWiFi

おすすめ度
短期プラン最安1,296円/日
長期プラン最安12,960円/月
端末種類2
手数料送料など1,080円
空港カウンターあり
空港受取申込期限WEB30分前
(店頭で直接もOK)
第1ターミナル受取場所1階 到着ロビー
第2ターミナル受取場所1階 到着ロビー

このWiFiは値段こそ非常に高いものの、当日の30分前までWEBから申し込めることに加え、国内用WiFiレンタルであれば予約をしていなくても当日駆け込みで店頭で受け付けてもらうことも可能です。

そのため、WiFiレンタルの申込を忘れたけどどうにかしたいという方はこのWiFiを選ぶのが良いと思います。

 

レンタル前にチェック!WiFiレンタルする際のチェックポイント

初めて国内用のWiFiをレンタルされる場合、機種が豊富にある場合はどのWiFiをレンタルすればいいんだろう?と不安になることもあるかと思います。

そこで、ここでは一位に挙げたWifiレンタルどっとこむ を例にレンタルする際のチェックポイント(判断基準)をお伝えできればと思います。

 

チェックポイントは下記の2つ
・データ容量
・電波

パンだ
それではこの2つについて簡単にかいせつしますね♪

国内WiFiレンタルのチェックポイント1:データ容量

まず1つめのポイントが「データ容量」です。サイトを見ていただければわかるかと思いますが、基本的にデータ容量が「無制限」となっているものと、「◯GB」となっているものの2つああります。

データ容量というのは、スマホなどを使うときの「使っていい上限の通信量」 のことで、もちろん制限があるよりも無制限の方が良いです。

しかしその分制限アリのWiFiよりも無制限のワイファイの方が若干値段が高くなってしまいます。(短期プランの場合はあまり関係ない)

そのため、仮にスマホだけを使ってネットをしたいという場合は無制限である必要はないと思います。反対にPCなどを使って仕事も含めネットを使う場合などは大きい通信量が必要となりますので無制限にしておく方がいいかと思います。

国内WiFiレンタルのチェックポイント2:通信エリア

通信エリアとはどこのキャリアの電波を使用したワイファイなのか?ということです。よくドコモは電波がいいとかソフトバンクは微妙といった話があるかと思います。

使用するキャリアの電波によって通信速度が変わってきたり、通信可能エリアが変わってきたりしますので、電波選びは重要です。

これに関してもWifiレンタルどっとこむ に詳しく載っていますので引用しますが、最もおすすめな電波はソフトバンクの電波を利用しているワイファイ です。

ソフトバンクの電波は通信速度も早く、カバーしている範囲も非常に広いです。そのため、日本国内のよっぽどの田舎に行かない限りはソフトバンクの電波で十分なはずです。

ただし画像にも記載の通り、山間部や沿岸部、北海道と沖縄には弱いそうで、その場合はauの電波を利用することがワイファイレンタルドットコムでは推奨されています。

 

で、結局どのワイファイがおすすめなの?

ここまで成田空港でレンタルできる国内用のWiFiについて解説してきましたが、最後に結論としてどのWiFiがおすすめなのかをお伝えしておこうと思います。

まず会社に関しては冒頭からお伝えしているようにWifiレンタルどっとこむ が総合的に考えてダントツで良いと思います。

これがイチオシ国内WiFi(利用用途別)

データをたくさん使う場合と使わない場合でおすすめが異なります。動画などをたくさん見る予定でデータ通信が多いという方は青枠で囲った機種がおすすめです。

反対にデータ通信はあまり行わないという方は、赤枠で囲った機種がおすすめです。

値段に関しては青枠のものが赤枠の機種よりも1日あたりで100円くらい高くなっているので、自分がどのような使い方をするか?ということをお考えになったうえで選ばれることをおすすめします。

 

成田空港に関するおすすめ記事をご紹介

パンだ
さいごに成田空港に関する当サイトのおすすめ記事をご紹介しておきます。お時間があればぜひご確認ください♪

成田空港ターミナル別時間つぶし(暇つぶし)の方法は?オススメスポット紹介!深夜・早朝も

成田空港へのアクセスの方法は?オススメの行き方はこれだ!!

飛行機内の暇つぶし怒涛のおすすめ22選|定番から変わったものまで

\ワンクリックでシェア/




ホテル予約で損しない!
ホテル予約サイトランキング

年間数カ国を訪れる管理人がこれまでの経験から厳選した、おすすめのホテルランキングをご紹介。