英語が話せないけど海外旅行にいける?注意点とおすすめの国を紹介

海外旅行に行ってみたいけど英語ができないからどうしよう・・・海外旅行を計画されている方の中には英語に全く自信がないという方もいらっしゃるかと思います。

よく海外旅行では最低限の英語力は必要と言われるけど、そもそも「実際に英語ってそんなに必要なの?」「もし英語ができなかったら海外旅行は諦めた方がいいの?」など色々と不安があるかと思います。

そこでこの記事では、実際に海外旅行では英語が話せなくても大丈夫なのか?レベル別のアドバイスと、仮に英語ができない人が海外に行くならどこの国がいいのか?について体験談を元に 具体的にお伝えできればと思います。

 

海外旅行は英語ができなくても行くことはできる

結論からお伝えすると海外旅行は英語ができなくても何とか行くことはできるが、少なからず苦労はすると思います。

例えば日本で日本語が話せなかったら「苦労するなあ」というのは実感値として分かるかと思います。それと同時に、仮に日本語が話せなくても命の危機に陥ることはほとんどないことも実感値として分かるかと思います。

つまり、仮に旅行に行ってその国の言葉が話せなくても苦労はするけど何とかはなるということです。

実際に日本に来ている外国人の方で、日本語を話せる人なんてほとんどいません。なぜなら日本語というのは言語学ではかなり特殊な分類に分けられ、欧米の人はもちろんアジアの人からしても「訳の分からない言語」だからです。

それでも彼らは臆せず、日本に来て思う存分に観光を楽しんでいます 。(日本政府観光局 によれば訪日外国人は年々増えていて2018年には3,000万人を突破しました 参考資料:訪日外客統計|日本政府観光局

日本人が海外に行く場合も全く同じです。もちろん英語が話せると楽ですが、仮に話せなかったとしても苦労はしますが、何とでもなるし十分に楽しめるのです。

 

外国人が日本を訪れるより、日本人が海外を訪れる方が難易度が低い

ちなみにですが、日本語の話せない外国人が日本を訪れるよりも、英語のできない日本人が海外を訪れる方が何倍も難易度は低い と考えています。

その理由は以下になります。

<日本人が海外を訪れる方が難易度が低い理由>
①実際何となく単語レベルで英語は分かる
②海外は基本的に異文化なので、外国人を受け入れる土壌がある
③スマホなどデジタル機器の発達
パンだ
ちょっと解説しますね♪

①実際何となく単語レベルで英語は分かる

まずこれが一番大きいのですが、どれだけ英語が話せない・できない方でも「dog(犬y),cat(猫),go(行く)」といった超基本的な単語というのはその意味が分かるかと思います。

もし仮にそんなのも一切分からないというのであれば少し話は変わってきますが、こういった誰でも知っているようなレベルの単語は日本人なら日常的に目にしているので何となく分かるはずです。

そうすると最低限の意思疎通はできるので、何とかなるのです。逆に、外国人からしてみれば「犬」という単語は聞いたこともなければ見たこともない、まさに未知の言葉です。それに比べると全然問題ない事がわかるかと思います。

 

②海外は基本的に異文化なので、外国人を受け入れる土壌がある

これは個人的な意見ですが、海外は基本的に「様々な民族が集まって国が構成されている」ので外国人をはじめ、色々な人を受け入れる文化があります。(日本は島国なので結構閉鎖的ですよね)

そのため、異国の人が来てもとりあえず何とか理解してくれようとしますし、英語が話せないからといって相手にしないこともありません(日本に差別的な目線を持っている国は別ですが・・それは後ほど)。

そのため仮に英語が話せなくても「何とかなります」し、ジェスチャーなどで伝えれば「何とかしてくれる」雰囲気がある のです。

 

③スマホなどデジタル機器の発達

スマホが発達するようになって急速に海外旅行の難易度は下がっています。というのも、もし英語が分からなければその場で翻訳できますし、行きたいところがあれば事前に調べておくこともできます。

仮に道に迷っても自分のスマホで地図をみれば何とでもなります。もはやスマホさえあれば何にも恐れることはない です。それこそ「どうとでもなる時代」になっています。

パンだ
これら3つの理由から日本人が英語を話せなくても海外旅行に行くのはそこまで難易度の高い事ではないと思います♪

 

とはいえ英語ができないと苦労はする。でもそれも楽しみの1つ

日本人が海外に行く難易度は下がっているという事をお伝えしましたが、とはいえ実際に英語ができない状態で海外に行くと結構苦労する事はあると思います。

しかしそれは同時に海外旅行の楽しみでもあります。

例えば管理人は日常会話レベルでは英語はできるのですが、たまに英語がほとんど通じない国に行く事があります。そんな時はなかなかこちらの意思や意図が伝わらず、もちろん苦労します。

しかし、そんな苦労して旅行をした時の記憶というのは何年経っても忘れられず今でも鮮明に覚えているほど記憶に残っているのです。それはアドレナリンが出る から。と思っています。

人は本能的に「興奮や緊張」を感じるとアドレナリンが出て、よく分からない高揚感に包まれます

言葉の通じない場所に行くというのはまさにその状態で、「苦労するんだけど、とっても興奮してワクワクする」という状態になっています。

そうした経験というのは日本ではまずできないですし、仮に「英語ができる」状態だと海外に行ってもあまり感じるこtとができない特別な体験です。

このワクワク感、高揚感を感じるだけでも苦労して海外に行く意味はある のではないかな?と思います。

 

英語が分からなくて本当に苦労するのはごく限られたタイミングだけ

また英語ができなくて海外どうしよう?と迷われているかもしれませんが、実際に「英語ができなくて苦労する」というのは海外旅行の中でもごく限られたタイミングです。

ちょっと列挙してみますが、これらの場面に関しては英語ができないと苦労するかもしれません。

<英語ができないと苦労する場面>
・入国審査
・何かトラブルに遭った時

しかしそこまで不安になる必要はありません。というのも入国審査は聞かれることがだいたい決まっていて、事前に準備しておけば何とかなるからです。

また仮に何とかならなくても、相手は何人もそういった英語を話せない方を相手にしていますので、向こうが何とかしてくれます。そのためあまり心配する必要はありません。

ちなみにそもそも入国審査って何?と疑問に思われる方はこちらの記事に詳しく載っていますのでみてみてください。

次の「何かトラブルに遭った時」ですが、これはなかなか珍しいパターンですが、英語ができない状態で実際にトラブルに遭うと結構苦労する可能性が高いです。

しかしトラブルに関してはそういったリスクを回避する方法が存在します。その方法としてはパッケージツアーで行くことが最も確実で安全なリスク回避の方法です。

後ほど詳しく解説しますが、このように海外旅行における英語が出来ないことのリスクは、いかようにも回避できる ので、ちょっと前向きに検討してみることをおすすめします。

 

英語が話せないけど海外旅行に行きたいという方へのレベル別4つのアドバイス

ここまで海外旅行では英語ができなくても行くことはできるとお伝えしてきましたが、前述したようにいくつかの場面では「英語ができないと苦労する」という場面や安全上のリスクというのが存在します。

しかしだからと言って、海外旅行を諦めるのは非常にもったいないので「英語ができないけど海外旅行に行ってみたい」という方に4つのアドバイスがあります。

①〜④に分けて書いていまして、「自分は英語が全然わからないぞ」という方はLevel①から検討いただき、「英語一応分かるけど不安だな」くらいの方はLevel④を参考にしていただくのが良いのかなと思います。

<4つのアドバイス>
英語全くダメな方→①ツアー旅行を検討する

雰囲気は分かる方→②英語が話せなくてもなんとかなりやすい国に行く

ノリで行ける方→③翻訳機などをフル活用する
ただ不安なだけの方→④事前に最低限の英語を学ぶ

①〜④のアドバイスは検討する順番になっています。ぜひ自分のレベルに合わせて①〜④まで検討し、できそうな方法を試していただくと良いのかなと思います!

 

①ツアー旅行を検討

「わたし英語は全く出来ません。英語アレルギーです!」という方は、この方法を検討される事をおすすめします。

JTB などが用意している添乗員付きのパッケージツアー旅行であれば、現地についてから帰路に着くまで全ての手続きを旅行代理店の方が行ってくださいます。

チケット購入や移動手段で苦労する必要もないですし、観光先で道に迷うこともありません。そしてもし仮に迷ったとしても日本語が通じるサポートセンターなどに電話もできますし、何か聞きたいことがあっても添乗員さんを介して尋ねることも可能です。

とにかく英語は全くダメだからどうにかして欲しい!という方は、旅行会社が主催するパッケージツアーに申し込むと1から100まで全てやってくれます し、どんな質問にも答えてくれるので非常に安心です。

パンだ
ちなみにですが、海外旅行はツアーの中でも「全部やってくれる添乗員付きパッケージツアー」の他に、「航空券とホテルだけ決まっている完全フリープランツアー」というのもあります。このあたり若干ややこしいので、別の記事で解説していますのでぜひご覧になってみてください♪

海外旅行はツアーと個人旅行どっちがいい?メリットデメリットを比較しました

2017年3月20日

 

②英語が話せなくてもなんとかなりやすい国に行く

「英語は雰囲気で言っている事は分かるけど、きちんとした会話は分かんないしなおさら海外だと喋れる気もしない」という方は「英語が話せなくても何とかなりやすい国に行く」というのが良いかなと思います。

例えばハワイやグアムは英語圏ですが日本人も多く住んでいたり、現地のスタッフさんも日本語を話せたりするため、海外にいながらほぼ国内旅行と同じくらいの感覚で旅行をする事ができます。

なぜハワイが日本人に人気なのか?_もちろんそこには、気候や観光など様々な要因がありますが、一番大きな要因は「日本語が通じやすい」ことだと思います。

ハワイでの基本的なやりとりは英語になりますが、ホテルのスタッフもレストランのスタッフも空港のスタッフもカタコトの日本語であればだいたい通じます。

実際私の両親は全くと言っていいほど英語が分かりませんが、新婚旅行でハワイを訪れ、いまだにその時の思い出を嬉しそうに語っています。そんな感じでハワイなどであれば、全く英語ができないレベルの人でも楽しむ事ができる のです。

また、台湾も日本人が観光しやすい国の一つです。国民性としても非常に親日ですし、タクシーの運転手さんなど年配な方ほど逆に日本語を片言ながらに話せたりもします。

その上、現地の方もそれほど英語が話せるわけではないので、私が台湾を旅行した際もお互い片言の英語やジェスチャー、ガイドブックを見せる方法でコミュニケーションを取った記憶があります。

また街中で見かける台湾語も、漢字と共通するものや似通っているものが多くあるため、英語は苦手な方でもなんとなく意味が分かったりします。

加えて台湾は日本人が多く観光に訪れる国でもあるので、ガイドブックやインターネット上の情報も豊富です。さらにハワイでも言える事ですが、現地にはたくさんの日本人観光客の方がいるので困ってどうしようもなくなったら日本人に助けを求めることもできます!

 

③翻訳機などをフル活用する

「英語を話すのはジェスチャーとノリで行ける!でもやっぱり不安」という方は翻訳機をフル活用するのが良いと思います。

最近では海外旅行の際もポケットWiFiをレンタルしていったり、現地でSIMカードを購入したりするなどして日本のスマホを現地で使えるようにしている方も多いです。

スマホが使えるのであればGoogle翻訳やYahoo翻訳といったフリーの翻訳アプリを使ったりすれば、精度は高くないですが、それなりに翻訳が可能です。

例えば私がベトナムに行った際のホテルスタッフさんは英語が話せず、ベトナム語しか通じなかったのですが、ホテルのWiFiにつないでベトナム語と日本語で翻訳をしてコミュニケーションを取ったことがあります。

また最近ではポケトーク イリーといったネット接続の必要もなく同時翻訳ができる機械 などもありますので、これらをフル活用すれば英語話者と同じレベルで旅行を楽しむ事ができます。

また仮に機械を使わなくても、事前に聞きたいことや困りそうなことのフレーズを翻訳表示させたものをスクリーンショットしておくなどすれば現地に着いて見せるだけでコミュニケーションはできますので、少しの準備をしていけば何とかなると思います

 

④事前に必要最低限の英語を学ぶ

もし仮にあなたが単に「英語を話す自信がないだけ」であれば、事前に必要最低限の英語を学んでいけば大丈夫です。

というのも海外旅行に際して必要とされる英語はそれほど多くないからです。下記に例を上げるので参考にしていただきたいのですが、「絶対に英語が必要な場面」というのはこれくらいしかないので、あとは何とでもなります。

また英語しか通じない環境に行けば「恥ずかしい」とか「自信がない」とか言ってられないので必然的に英語を話す事になります。初日は辛いかもしれませんが、過ごしているうちに英語を話す事にも慣れてくるので何ら心配はいりません。

海外旅行で英語が必要になってくるシーン→最低ここをクリア出来れば余裕でOK。

シーン1:飛行機

まず最初の関門が飛行機です。日本の航空会社を選べば航空会社のスタッフは日本語を喋れるので心配ないですが、海外の航空会社を選ぶと、CAさんなども英語になってしまうので注意が必要です。

ただ発生するコミュニケーションとしては、機内食の「ビーフ or フィッシュ?」くらいですし、その他はドリンクなどが必要であれば「コーヒー」や「ティー」などと言えばOKですのでそこまで心配は不要です!不安な方は下記のような本を出発直前にみておけば完璧です!

シーン2:入国審査

入国審査はどこの国に行くときも行われる審査ですが、これも一般の方であれば特に質問も何もされず通されることもありますし、仮に何か聞かれても「ホテルはどこですか?」「何日いますか?」くらいしか聞かれませんので、事前に準備しておけば全く心配無用です!

※最初はWhat’s the purpose of your visit?(渡航目的は何ですか?)といった文章で聞いてきますが、「分かりません」という顔をしていると「ビジネス?トリップ?」といった分かりやすい英語で聞き直してくれるので、本当に身構える必要はありません。

シーン3:現地に到着後、目的地に着くまで

次に必要となるのが現地に到着後の移動です。先ほど紹介したパッケージ型のツアー旅行であれば全て用意され、日本語ガイドさんが案内してくれるので心配いりません。

ただ、個人旅行の場合は現地空港について荷物をピックした後にタクシーや電車、バスといった乗り物に乗って目的地へ向かう必要があります。

これも事前に日本にいる間に何に乗れば良いのかを調べておけば、案内に従って乗れば良いので必ずしも英語を話す必要はありません。ただ、チケットを買ったり乗り場に行くまでの案内表示を見つけたりするためにも多少英語を読めなくてはいけないのでどのような綴りなのか、ということやチケットの買い方など事前にリサーチしておくと良いでしょう。

シーン4:ホテル

宿泊するホテルでも多少英語を必要とされる場面があります。事前に日本で予約をしておけばチェックイン時も名前を告げるだけで情報が分かることも多いのでそれほど高度な英会話は必要とされません。

ただ朝食や夕食の案内など簡単な案内をされることもあるかもしれないので、単語だけでも聞き取れるように頑張ってみましょう。

それでも心配な方は予約票ごと持参して見せればチェックインをしてもらえますし、確認したいことは事前にピックアップしておいて紙に書いたものや翻訳アプリで見せながらコミュニケーションを取ると良いかと思います。

シーン5:観光地

他に英語が必要となるのは観光地に着いた際です。それぞれの観光スポットに入る時の手続きや、観光地で迷った時にスタッフさんや周りの方に尋ねる場面が出てくるかもしれません。

ただ、ガイドブック片手に観光地を回ったり、現地でGoogle Mapが使えたりするような状況であれば必ずしも尋ねなくてはいけない状況にはならないかもしれません。

観光地で必要な英語に関しても事前に「チケットはどこで買えるか」ということや「行くまでの交通手段」など事前調べられることも多いので英語に自信がない方はしっかりとリサーチすることがおすすめです。

パンだ
このように、海外旅行では英語を使う場面は多いものの事前の準備でいくらでも回避できることが多いのも事実です。そのため、不安な方は事前に少し勉強したり、事前に情報を調べることでその不安を払拭することができるはずです♪

 

英語ができない人におすすめの国

それでは最後に「英語ができない」「英語が話せない」という方におすすめの海外旅行先をお伝えできればと思います。ここで選んだ国のポイントは先ほどあった通り「英語が話せなくても何とかなりやすい国」を中心に選んでいますので参考にしてみてください。

また「治安」という点も考慮に入れたいと思います。というのも、治安が悪い国では小さなトラブルも含め何かとハプニングが起きがちです。ただでさえ英語ができないにも関わらず、そこにハプニングまで発生してしまうとかなり大変ですので「治安」という面も考慮したいと思います。

<おすすめの国のポイント>
・英語が話せなくても何とかなりやすい国
・親日の国
・治安が良い国

ハワイ▶︎ここ以上におすすめできるところはない

昔から日本人に大人気のハワイは「英語ができない」という方に最も安心しておすすめできる海外旅行先 です。特におすすめできる理由は以下の理由です。

<ハワイをおすすめしたい理由>
・空港でもホテルでも街中でもカタコトの日本語が通じる
・日本人観光客が多く安心
・治安もかなり良い
・日本の旅行代理店が数多くあり、ツアーなどのプランが豊富
・日本語のWEBサイトなども多く安心
・日本人向けのレストランなども多い
・観光スポットも豊富
・清潔で過ごしやすい
・困ったら助けてもらえる

とにかく、ハワイは「英語ができない日本人には最高の場所」と言えるほど何でも揃っていて、困ることなく、至れり尽くせりの場所です。

ハワイほど日本語が通じる旅行先はないですし、日本人向けに整備された観光地はなかなかありません。またH.I.SやJTBがかなり力を入れているのでパッケージツアーを探すのも非常に豊富で探しやすいのでおすすめです。

なおハワイはもちろん個人旅行で行くこともできますが、旅行代理店各社が力を入れていることもあり、ツアーで行く方が金銭的にも旅程的にもお得ですのでツアーで行かれることをおすすめします。

▼価格重視の方はH.I.Sまたは楽天トラベルが安くておすすめです。
▼質重視の方はJTBまたはJALパックがおすすめです。
パンだ
この中でも最もおすすめなのはJALパックだよ♪ハワイ旅行で最もお金がかかるのは航空券代だけどJALパックならJALをに乗って日本語対応で安心してハワイ旅行に行けます♪しかも力を入れているので安い!

 

台湾▶︎親日でとっても親切&治安も良く行きやすい

日本語はあまり通じませんが台湾は英語が苦手な方にもおすすめの国です。「英語が全く意味不明」レベルの方には少し難しいかもしれませんが、多少なりとも分かるのであればチャレンジしてみても良いと思います。

というのも台湾は非常に親日で、日本人が困っていると気さくに声をかけてくれる方が多く、仮に初めての海外で困っていても何とかなる国 だからです。

また台湾では、日本を好きな人も多く、カタコトの日本語を話せる方も多いのでそういった意味で非常に安心です。特にホテルやレストランなどでは、仮に英語が分からなくても日本語で何とかなる場合が多いです。

台湾旅行に関してはH.I.Sまたは楽天トラベルで格安のツアーを探していくのが良いと思います。ツアーといっても添乗員付きのツアーではなく現地で自由行動のツアーです。

 

グアム▶︎ハワイより近く、安いので行きやすい

最もおすすめしたいのはハワイですが、ハワイは飛行機で約7時間ほどかかる事に加え航空券代・ホテル代も結構高くなっていますのでもしかするとハードルが高いかもしれません。

そういった場合に検討いただきたいのがグアムです。

グアムは日本から飛行機で約3時間の位置にあり、時差もほとんどないので非常に行きやすい場所です。航空券やホテルもハワイほど高くないので経済的にもOKです。

またハワイ同様に日本語が通じる場所が多く、ホテルやレストランでも最悪日本語で何とかなるので「英語ができなくて不安」という方には非常におすすめです。

ハワイに比べると若干観光資源に乏しいですが、その分3泊4日くらいでも楽しめます。

グアムは楽天トラベルが非常に安くツアーを提供しているのと、昔からJTBJALパックが力を入れているのでこの3つの中から選ぶのが良いのではないかな?と思います。

 

もし仮にヨーロッパに行きたい場合は添乗員付きパッケージツアーをおすすめ

「英語が苦手だけど海外旅行に行きたい」という方の中には「ヨーロッパ」に行きたいという方もいるかもしれません。

もちろんヨーロッパは素敵な国がたくさんあるので、おすすめですが、仮に行きたい場合は「添乗員付きのパッケージツアー」にされる事をおすすめします。

というのもヨーロッパでは、日本語は通じない事に加えて「日本人(アジア人)に対して差別的な偏見」を持っている国もあります。

そのため仮に街で困っていても「スルー」という場合も結構あったりします。私自身もフランスのルーブル美術館で酷い扱いを受けたこともあります。

そのため、もし英語ができない方が個人旅行で行くとなると非常にハードルが高い事に加え、何かしらのトラブルに巻き込まれた場合に非常に苦労すると思いますので、もし行きたいのであればパッケージツアーにするのが良い と思います。

ヨーロッパのパッケージツアーはJTBがおすすめです。もちろんHISや楽天などでもツアーは多々ありますが、添乗員付きのツアーはJTBのクオリティが勝ります

その他の国を検討したい方はこちらの記事も

ここまで紹介した国以外にも検討したい場合は下記の記事も検討してみてください。個人的には今回紹介した、ハワイ・グアム・台湾のいずれかに行かれる事をおすすめしますが、準備さえしていれば意外とどこの国でも行けるかもしれませんので検討してみてください。

女子旅におすすめな海外旅行先8選!2泊3日から楽しめる旅先はどこ?

2019年3月31日

コスパで選ぶ!初めての海外旅行にオススメの国8選+α<2019版>

2019年1月17日

海外旅行安くて治安のいい国おすすめランキング15選!女子旅にもオススメ

2018年4月8日

また合わせて初めての海外旅行に向けて手順や注意点を紹介した記事もありますので合わせてご確認いただくと良いかと思います。

初めての海外旅行の注意点総まとめ<持ち物、防犯、準備物>

2017年11月26日

 

英語ができなくても海外旅行に行ける?まとめ

以上英語が話せない方でも海外旅行を楽しむ方法についてお伝えしてきました。海外旅行というとハードルが高いと感じている方もいるかもしれませんが、手段を選べばそれほど英語が必要とされるわけでもありません

下記4つのアドバイスを参考にし、ぜひ初の海外旅行にチャレンジしてみてください。

<4つのアドバイス>
英語全くダメな方→①ツアー旅行を検討する

雰囲気は分かる方→②英語が話せなくてもなんとかなりやすい国に行く

ノリで行ける方→③翻訳機などをフル活用する
ただ不安なだけの方→④事前に最低限の英語を学ぶ




ホテル予約で損しない!
ホテル予約サイトランキング

年間数カ国を訪れる管理人がこれまでの経験から厳選した、おすすめのホテルランキングをご紹介。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA