<台湾美女と紹介する>台湾オススメレンタルWiFi2017年版

海外旅行に行く際に便利なのがレンタルWiFi(ワイファイ)ですよね。

今回は日本人にも大人気の観光地である、台湾のレンタルWiFiについて比較したうえで旅行ビジネスそれぞれの目的に合ったオススメのWiFiをご紹介したいと思います。

しかし、ただ紹介するだけでは面白くないので今回は台湾美女と一緒にご紹介しようと思います。台湾といえばエステなど女性に人気のスポットもたくさんあるので美女を見ながら女子力も磨いちゃいましょう♪

今回はこの2人の美女と一緒にご紹介できればと思います。

著作:David Photo Studio

著作:怕水的青蛙

また、WiFiを借りたはいいけど設定方法が不安だなという方のために設定方法に関しても関連記事をご紹介しますので合わせてご確認いただければと思います。

それではさっそくみていきましょう。

 

そもそも台湾でレンタルWiFi必要なの?

そもそもだけど台湾でレンタルWiFiって必要なんでしょうか?そんなこと思われている方も中にはいるのではないでしょうか?

台湾に来るなら日本でレンタルWiFi借りてきた方がいいよ!
そうだね。日本から来る観光客やビジネスマンの人は基本的にWiFiを持ってきてるね♪

という意見もありますが台湾でレンタルWiFiがいるのか、いらないのか判断するためにはまず台湾のフリーWiFi事情について理解しましょう。フリーWiFiで十分ならレンタルWiFiは必要ないですからね。

 

台湾のWiFi事情

台湾のフリーWiFiってどんな感じなのでしょうか。

台湾はWiFiがとても整備されている国です。事前登録さえしておけば無料で使えるWiFiが国中に張り巡らされているわ。

これは私も行ってみて驚いたのですが、台湾は日本以上にフリーWiFiが発達していて、大きく分けると下記2つの方法で無料のWiFiにつなぐことができます。

  • Taipei Free(台北を中心に使える無料WiFi)
  • itaiwan(台湾全土で使える無料WiFi)

 

Taipei Freeとは

著作:怕水的青蛙

Taipei Freeとは台北無料公衆無線LANのことで、台北市の各旅行サービスセンターや松山空港、台北駅、MRT各ターミナル駅、観光スポットなど4,500箇所以上で無料のWiFiに接続できるサービスです。

事前に日本からの登録が可能で、登録しておけば現地についてすぐに使うことができます。登録はTaipei Freeの公式サイトから行うことができます。

 

itaianとは

itaiwan(愛台湾)とは台湾政府が台湾全土で提供する無料WiFiのことです。もちろんどこにいても使えるというわけではなく、各都市の公共施設や図書館などですがそのスポットは下記の地図の通りすごい数となっています。

詳しくはホームページを見ていただければと思いますが、日本で事前に申請を行い現地の空港に着いてから空港内にある観光局の窓口で「WiFiを使いたい」という旨を伝えパスポートと共に提示すれば使えるようになるそうです。

※事前登録してなくてもその場で登録でも大丈夫だそうです。

このように台湾では国をあげてフリーWiFiの強化に励んでいるため、他国に比べるとWiFi環境はかなり整備されています

マクドナルドやスタバにもフリーワイファイはありますが、現地の携帯番号を登録しなければならない仕様となっているので観光や短期滞在などでは事実上使うことができません。
このように、台湾国内はたしかにフリーWiFiが整備されているけど1つ問題があるの。それが、WiFiスポットの範囲が狭く電波も弱いこと。

いま紹介したようなフリーWiFiを使う場合は「その場から動かない」ということが基本になるわ。なぜなら動くと電波が切れてまたログインし直さなさいといけないから。とても面倒なの。

そうなの。台湾はフリーWiFi自体は整っているけど旅行やビジネスで快適に使えるかというとそうではないわ。困った時に使うくらいの認識を持っておいたほうがいいね。

彼女たちの言っている通り、台湾のフリーWiFiはありがたいのですが使用するにはけっこう不便なのです。そのため、当サイトではWiFiをレンタルすることをおすすめします。

 

WiFiがあることによるメリット 

フリーWiFiが不便だからこそ、旅行やビジネスで台湾に行く際にはレンタルWiFiを持っていくことをオススメします。

というのも観光であれば、台湾は観光スポットがたくさんあるので、1日中うろうろすることになるかと思います。そんな時にいちいちWiFiスポットで立ち止まるのはしんどいのではないでしょうか。

また台湾の人気観光地九份(きゅうふん)へは台北市内からバスで1時間以上かかります。そんな時WiFiが使えたほうがいいですよね。

またビジネスであればなおさらWiFiはレンタルすべきです。ホテルにWiFiがあるからいいとお思いかもしれませんが、私が宿泊したホテルはWiFiはあるものの電波が途切れ途切れで使い物になりませんでした。

ビジネスで行ったのに仕事のできない環境は想像を絶しますね。

なお、フリーWiFiは基本的にスピードが遅いです。そのためしっかりビジネスを行う環境を整えるのであればWiFiレンタルは必須かと思います。

 

WiFi比較 

 

それではようやくですが、台湾のレンタルWiFiについて比較してみていきたいと思います。

WiFiにはそれぞれ特徴があるから、比較してみたほうがいいわね。
イモトのWiFi、グローバルWiFiは当サイト限定価格となっています。下記金額を希望の場合は、ブランド名の下の画像をクリックしてからHPに進んでください。見積もりのタイミングで割引が適用されます。
ブランド名 イモトのWiFi
グローバルWiFi
容量 500MB/日 1GB/日 250MB  500MB 
3G料金/日 520円  636円 921円
4G料金/日 760円 1,330円  921円 1,111円 
空港受取料 0円 0円  0円 0円 
(宅配の場合) 返却のみ実費 返却のみ実費  返却のみ実費 返却のみ実費 
補償オプション 200円 200円  285円 285円 

申込期限
※空港受取の場合

前日17時 前日17時 前日15時 前日15時
合計/日(税抜) 3G-720円/日
4G-960円/日
1,530円 3G-921円/日
4G-1,206円/日
3G-1,206円/日
4G-1,396円/日 

※申し込み期日はフライト日時により変動の可能性があります。

ブランド名 台湾データ Wi-Ho!

容量 無制限 250MB  500MB 
3G料金/日 590円 890円
4G料金/日 690円 590円 890円 
空港受取料 0円 540円 540円 
(宅配の場合) 0円 540円 540円
補償オプション 200円  200円 200円 
申込期限
空港受取の場合
前日 前日 前日
合計/日(税抜) 890円/日 790円+受取料 1,090円+受取料 

※申し込み期日はフライト日時により変動の可能性があります。

このようになっています。

オプションは付けなくてもいいけど紛失や盗難に備えて付けておいたほうがいいと思うわ。

コスパで選ぶなら台湾データが最もオススメ

著作:怕水的青蛙

コスパで選ぶなら台湾データが最もオススメです。なぜなら台湾データは通信速度が4Gという「高速通信」であり、なおかつ使用量の制限がないにも関わらず料金は700円を切る値段となっているためです。

他社だと無制限に使えるWiFiはないし、4G通信の中だけで比べてもかなり安いほうね。
うん、だからビジネス利用の方やたくさん動画を見るっていう人は絶対に台湾データがオススメね。

 

安さで選ぶならイモトのWiFi

コスパで選ぶ場合は、台湾データが最もお得でしたが、安さで選ぶ場合はイモトのWiFiが最も安くなっています。また、イモトのWiFiはデータの使用量が最低500MBなので、他の会社のプランよりもお得です。

また、イモトのWiFiは業界大手でありサービスも充実していますし私自身も何度も借りたことのあるWiFiなので自信を持ってオススメすることができます。

500MBあれば少人数で使う分には十分なので、安く借りたいという方はイモトのWiFiがいいのではないでしょうか。

3Gでは遅いと思われるかもしれませんが、3Gでも十分普通に使えますので、安心して選んでいいかと思います。(私が行った際は3Gにしました)

 

空港で受け取れるのは会社によって異なる

ただいまオススメのWiFiについてお伝えしましたが、WiFiには空港で受け取れる場合と宅配などでしか受け取れない場合があります。これはレンタルする会社によって異なります。

やはり、宅配よりも空港で受け取って返す方が楽なので、これはチェックしておいた方が良いです。

会社名 受取可能な空港
イモトのWiFi 成田空港、羽田空港、関西空港、中部空港、福岡空港、新千歳空港
台湾データ 成田空港、中部空港、関西空港
グローバルWiFi 成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、伊丹空港、旭川空港、新千歳空港、新潟空港、静岡空港、小松空港、福岡空港、博多空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港
グローバルWiFiは空港で受取可能な箇所が他社に比べて圧倒的に多いことが特徴ね。

 

当日借りられるのはこの2つ

WiFiを借りる方の中には、「予約するのを忘れて当日になってしまった」という方もいるのではないでしょうか。そんな時はイモトのWiFiかグローバルWiFiをご利用下さい。

この両社は当日でも空港の窓口で在庫があればWiFiを借りることができるので、いざという時にはこの2社を使ってみてください。

 

iVideoという格安WiFiも

あと台湾のWiFiレンタルといえばあんまりオススメしないけど、iVideoという格安のレンタルWiFiもあるわね。

料金はさっきご紹介したどの会社よりも安くなっているけど、良かったっていう意見や・つながらなかったっていう意見があったりで積極的にはオススメできないけど、とにかく安いWiFiを探している人は一度見てみるといいかもね♪

そうね、ただ何個か注意点もあるわ。まず保証プランがないから無くしたり壊したりすると数万円賠償しなければならないのは注意してね。また、日本で受け取る場合には送料や手数料がかかってくるからその料金もふまえて計算すべきよ。

台湾で受け取ることもできるけど、現地のコンビニでの受取になるから少しだけハードルは高いかもしれないわね。その辺を理解した上で、気になる方はチェックしてみてね。URLはここよ。http://www.ivideo.com.tw/japanese/ 

 

台湾のコンセントは日本と同じ

あ、そうそう大事なことを忘れてたわ。海外に行く時って普通日本とコンセントの形が違うから変換プラグを用意しなくちゃいけないけど、台湾は日本と同じ形のコンセントだから何もいらないわよ。
そうね、日本の電化製品とか充電器は台湾ではそのまま使えるので難しいことは考える必要ないわ♪

 

最後に

今回は台湾に行く際にオススメなレンタルWiFiに関してお伝えしてきました。

台湾でWiFiを使う方法はいろいろあります。

いろいろあるからこそ、自分に合った方法で効果的に使うことが求められるかと思います。どの方法も一長一短ありますので、ゆっくり慎重に選んでいただければと思います。

とはいえ、旅行やビジネスなどあまり失敗したくない大事な機会である場合は無難に大手のレンタルWiFiを借りておく方が最終的に損をしないですむかもしれません。

また、下記にてWiFiに関する関連記事もご紹介しておきますので気になった方はチェックしてみてください。

イモトのWiFiの気になること・分からないこと・質問<知恵袋からまとめてみた>

2017.03.18

<iPhone編>海外旅行でWiFiを使うときのスマホ設定方法(画像付き)!

2017.03.16

<損しないで!>初心者必見”海外WiFiレンタル”の賢い選び方

2017.03.14