ホテル、航空券、空港などのセール情報はこちら【毎週更新!】

国内格安航空券予約サイトのおすすめはどれ?14サイト徹底比較した衝撃の事実

国内旅行や移動で飛行機を利用する際に「格安航空券予約サイト」を使ってみようと思ったけど、「数が多くてどれがいいのか分からない!」なんてことはないでしょうか?

それもそのはず。

私が調べた範囲の話ですが、日本国内の格安航空券を扱う予約サイトは少なくとも10以上あり、その中からベストなサイトを選ぶのは至難の技です。

そこでこの記事では、管理人の私が全14サイトの価格・料金体系・キャンセルポリシーなどを徹底的に調べ上げ、本当におすすめな格安航空券予約サイトを順番にご紹介します。

ただ調べ上げた結果、同時に衝撃の事実も判明してしまいました のでそれもお伝えします。

15サイト調べ上げて分かった衝撃の事実▶︎公式サイトで買うのがどこよりも安くて安心

今回以下の条件で各予約サイト経由の料金を調べてみました。

<検索条件>
日程:2020/9/15
旅程:東京羽田ー新千歳
航空会社:ANA、ジェットスター

結果として分かったのは、1サイトたりとも公式サイトより安い価格で航空券を提供してくれるサイトはありませんでした。

それどころか、公式サイトで購入するよりも遥かに高くなってしまう。というのが現実です。

価格比較実例

以下が実際に調べてみた価格です。

 ジェットスターANA
公式サイト4,850円9,060円
さくらトラベル8,320円10,060円
スカイチケット10,200円10,160円
リアルチケット9,050円取扱なし
エアトリ取扱なし12,360円
エクスペディア5,313円金額不明
HIS9,000円10,460円
そらハピ10,350円10,710円
トラベリスト9,820円取扱なし
スカイシー10,200円10,160円
トラベル子5,470円9,060円
スカイスキャナー5,470円9,060円
カヤック5,470円9,060円
航空券.net
LINEトラベル

いかがでしょうか?

特にLCCのジェットスターに関しては価格差がひどく、公式サイトの倍以上の値段でしか購入できないサイトも ありました。(あくまで今回の検索条件の話で判明している限りですが)

ANAに関しても軒並み公式サイトに1,000円〜2,000円上乗せされているのが実情です。

他の航空会社の場合もどうなるか明白ですよね?

つまり何が言いたいかと言うと「格安航空券予約サイト」で購入する場合、公式サイトに、そのサイトの手数料が上乗せされるため、必然的に高くなってしまうということなのです。

かつてこういった航空券予約サイトなどは、大量に座席を捌くことと引き換えに、安い航空券を入手できていましたが、今やそれがなくなってしまったので単純に公式価格に上乗せするしかなくなってしまったのです。

賢い方はお気づきかもですが・・・

ちなみに賢い方は気づいたかもしれませんが、表の中の下から3つ「トラベル子」「スカイスキャナー 」「カヤック」は、公式の価格とほとんど差がありません。

なぜならこの3つの会社は「格安航空券予約サイト」ではなく「格安航空券比較サイト」だからです。

説明すると長くなってしまうのですが、これらのサイトは単純に価格を比較しているだけで予約を承っている訳でも、航空会社と取り次ぎをしてくれる訳でもなく、ただお客さんを流している だけのサイトだから。

つまり、何の責任も負わない代わりに手数料も取らないという感じなのです。

公式と差がないからといって、これらのサイトをおすすめしない理由

公式サイトとほとんど差がないのであれば、ここで探せばいいのでは?と考える方もいるかもしれませんが、それはおすすめしません。

「トラベル子」や「スカイスキャナー 」といったサイトは、先ほどもお伝えしたように価格を比較して安く買えるサイトにお客さんを流す訳ですが、必ずしも流した先のサイトが安全なのかは一切関係ない からです。

これは下記の記事で詳しく解説していますが、過去に問題を起こしたことのある会社に誘導されたりもしますので、こういった旅行サイトに詳しくない方は使わない方が良いと思います。

購入時の手数料に加えてキャンセル料もかかることに注意

また格安航空券予約サイトを利用する際に注意すべきことは購入時だけではありません。

万が一のキャンセル時にも、公式サイトとの差があることを知っておいてください。

簡単に言うと、公式サイトで予約してキャンセルした場合のキャンセル料に加えて、予約サイトでのキャンセル手数料も発生しますよということ。

つまり二重でキャンセル料が取られてしまう! ということです。

購入するときにも手数料を取られ、キャンセルするときにも手数料を取られる。それが格安航空券予約サイトの実態です。

また言い忘れていましたが、突発的なトラブルや急なキャンセルが必要な場合は、自分で航空会社に連絡する必要があります。(予約サイトの役割って・・・?)

座席指定もできないってマジか・・・

もうほとんどの方は公式サイトで予約しよう!と思っているかと思いますが、さらにもう一点デメリットがあります。

それは格安航空券予約サイトでは座席指定も満足にできない ということです。

例えばANAの公式サイトで航空券を購入する場合、その場で好きな座席を指定することができます。

しかし格安航空券予約サイトを経由して購入する場合は「希望」という形で「前方」「窓際」などの要望を伝えることしかできません。

なおかつ、確定ではないので予約サイト側からの返事を祈るしかないのです・・・笑

格安航空券予約サイトに、LCCなどのセール価格は反映されない!

まだあるんかいという感じですが。。。笑

こちらのページに毎週のセール情報などをまとめていますが、ジェットスターなどのLCCの場合、2週間に一回くらいは何らかのセールを行なっていて激安で航空券を購入することが可能 です。

しかし、格安航空券予約サイトにはそれらのセール情報というのは反映されません。

つまり正規の高い価格でしか航空券を探すことができないという実態があります。

例えばジェットスターなら2週に一回くらいは2,500円くらいの価格で航空券を売っていますので、それを知らないと大損間違いなしなのです。

それでもなお予約サイトで航空券を予約するならこんな使い方がおすすめ

金銭的なメリットがないということはお伝えしましたが、やはり色々な航空会社をまとめて検索できる機能自体は非常に便利です。

そこでおすすめしたいのが格安航空券予約サイトで、安い航空会社を見つけて、その航空会社の公式サイトで直接購入するという方法。

しかしその場合は、LCCのセール情報は見落としてしまうので、こちらのページをチェックしてセールを行なっているかどうか確認するのも重要です。

実際に下記の記事に書いていますが、1万円近くお得になる場合もある ので必ずセール情報は確認しておくことをおすすめします。

海外航空券を安く購入する方法と手順を実例を交えて紹介!1万円が二千円になった場合も!

ちなみに宿も一緒に予約するなら、確実にお得なので使ってください

さてここまで「航空券は公式で予約しよう」とお伝えしてきましたが、宿もセットで手配する予定がある場合 は、楽天トラベルじゃらんエアトリHISJTBなどの予約サイトがおすすめなのでぜひ積極的に利用ください。

例えば実際に料金を調べてみたところ以下のようになりました。

楽天トラベルでは航空券に加えホテル込みでも21,900円というお値段。ANAの最安価格が往復19,000円ほどなのでどう考えてもこちらがお得です。

 

国内格安航空券予約サイトおすすめランキング!

さて前置きが長くなりましたが、ここから国内格安航空券予約サイトをおすすめ順にランキングで紹介していきます。

ただ先ほどもお伝えしたように、基本的に国内線の航空券のみを予約サイトで購入するメリットは特にありません ので、そのことを認識したうえでご確認ください!

第1位:スカイスキャナー 

おすすめ1位はスカイスキャナー 。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
5,470円
(4,850円)
9,060円
(9,060円)

このサイトは厳密に言えば、「予約サイト」ではなく「比較サイト」です。例えばこの後紹介する「エアトリ」や「HIS」などの予約サイトの料金を比較して一番安く買えるところを教えてくれるサイト。

今回料金を調べたところ、スカイスキャナー 経由であれば公式サイトと同じ価格で航空券を購入することが出来たためこの順位としています。

スカイスキャナー については下記の記事で詳しく解説していますので、興味のある方は確認してみてください。

スカイスキャナーの評判が良いって本当?信頼できるの?口コミと注意点、そして裏ワザも解説!

第2位:カヤック

カヤックもスカイスキャナー と同様に、予約サイトの料金を比較して最安値のサイトを教えてくれるサイトです。

ここの運営母体はブッキングドットコムやagodaといったホテル予約サイトを運営する会社となっているため、情報の網羅性は非常に高いです。

そのため、スカイスキャナー と遜色なく安い価格のサイトを見つけることができます。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
5,470円
(4,850円)
9,060円
(9,060円)

ただし何度も言うように、国内航空券に関して言えば公式サイトでの購入が最もお得ですので、その点はご認識ください。

 

第3位:さくらトラベル

さくらトラベルは日本の会社が運営する格安航空券予約サイトです。

LCCに関して言えば、公式価格よりも2,000円以上高くなっているので不親切感は否めませんが、ANAに関しては公式の価格より1,000円高いだけですので他のサイトに比べると良心的です。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
8,320円
(4,850円)
10,060円
(9,060円)

また日本企業運営のため、日本人が使いやすいサイト仕様担っている点も評価ポイント。

ただし問い合わせ対応がメールのみとなっているため、電話対応を求める方には向いていないサービスとなっています。

 

第4位:スカイチケット

スカイチケットは世界中の航空券を購入できる予約サイト。特に海外航空券を予約する方には人気のサイトです。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
10,200円
(4,850円)
10,160円
(9,060円)

国内航空券に関しては、ANAが正規料金+1,000円、ジェットスターが正規料金+3,000円くらいという感じで、決して安くはないですが、他のサイトに比べると良心的な価格設定となっています。

運営会社も日本企業なので、外国企業に比べれば安心感があります。サイトも使いやすいですし、総合的に悪くはないサイトと言えます。

 

第5位:トラベルコ

トラベルコも1位のスカイスキャナー と同じく「予約サイト」を比較するタイプのサイトです。

スカイスキャナー に比べて非常に使い勝手が悪く 、正直イライラしてしまう場面があったりはするのですが、価格的には割とリーズナブルな価格を提示してくれていますのでこの順位です。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
5,470円
(4,850円)
10,160円
(9,060円)

ただし、スカイスキャナー に勝る点は見受けられないのでスカイスキャナー をまず使ってみるのが良いかなと思います。

 

第6位:HIS

言わずとしれた大手旅行会社のHISも航空券を販売しています。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
9,000円
(4,850円)
10,460円
(9,060円)

ただし値段的にも安いとは言えないですので、特段HISを選ぶ必要はないかなと思われます。

ただし「航空券+ホテル」のセットであれば非常にお得 に予約できるため、HISを検討するのであれば「航空券+ホテル」でご利用することをおすすめします。

また航空券は販売していませんが、「楽天トラベル」「じゃらん」でも「航空券+ホテル」予約が可能ですので、そちらも検討してみてください。

 

第7位:エクスペディア

エクスペディアは世界中のホテルや航空券を予約できるサイトです。

知名度も高く利用者も多いですが、国内航空券に関しては「最終的な価格が明記されていない」「サポートが脆弱」といったデメリットがあるため当サイトとしてはあまりおすすめできません。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
約+1,000円だが
表記が分かりづらい
こちらも同様

エクスペディアでも「航空券+ホテル」の利用ができますので、もしエクスペディアを利用する場合はこちらを使うのがおすすめです。

Expediaの評判は?危ないと言われる理由の真相。メリットデメリットで紹介

 

第8位:ソラハピ

第8位はソラハピです。

特段安いという訳ではないですが、サイト自体は使いやすいのが特徴です。ただし万が一ソラハピ経由で予約をしてキャンセルした場合、返金に2ヶ月程度を要するなど細かい部分で他の会社とのサービスの差が気になります。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
10,350円
(4,850円)
10,710円
(9,060円)

ジェットスターの価格に関してはかなりの差がありますし、わざわざ使うことはおすすめしません。

 

第9位:スカイシー

スカイシーも他と変わらない通常の格安航空券予約サイト。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
10,200円
(4,850円)
10,160円
(9,060円)

価格もそこまで高くなく、サービス品質は問題ないかと思います。とはいえ、他サイトに比べて特段安いという訳ではないため、わざわざこのサイトを使う理由はあまりありません。

 

第10位:エアトリ

エアトリは国内・海外航空券、ホテル、ツアーなどを展開する総合旅行会社です。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
ー円
(4,850円)
12,360円
(9,060円)

CMなども流しているため、知名度も高いサイト。ただし上記の通り価格上のメリットはありません

ツアーやホテル、海外航空券などを予約するのであればおすすめですが、国内航空券単体ではメリットがないのでご利用はおすすめしないサイトです。

 

第11位:トラベリスト

11位はトラベリストというサイト。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
9,820円
(4,850円)
なし
(9,060円)

特徴は特になく他の予約サイトと同じような感じです。一方で航空券の価格は正規の値段よりもかなり高くなっているため、こちらのサイトを使う理由は見当たりません。

 

第12位:リアルチケット

リアルチケットも特に特徴のないサイト。

実際の価格(カッコ内は公式価格)
※9/15の羽田ー新千歳を調査
ジェットスターANA
9,050円
(4,850円)
なし
(9,060円)

値段も公式に比べて高くなっていますので、利用する理由は見当たりません。

 

第13位:LINEトラベル

LINEトラベルはご存知LINEが大株主となっている株式会社ベンチャーリパブリックが運営する予約サイトです。

航空券、ホテル、ツアーなど様々な商材を扱っていますが、国内航空券に関しては利用することをおすすめしません。

理由としては「まともに航空券検索ができない」からです。もはや致命的ではあるのですが、なぜかまともに航空券が検索できません。

また出てきたとしても、よくわからない会社のサイトに飛ばされるため利用するリスクが高いと感じています。わざわざ使う理由はまったくもって思いつかないためこの順位としています。

 

第14位:航空券.net

こちらのサイトはスカイスキャナー やトラベルコと同じように航空券予約サイトを比較しているタイプのサイトです。

ただし名前も聞いたこともないようなサイトに飛ばされるため、利用者側にとっては不安が大きいです。

メリットよりもリスクしか感じないため、あえて使う必要性は感じません。価格的にもメリットはないので、他のサイトを利用することをおすすめします。

 

まとめ▶︎とにかく国内航空券は公式サイトで!宿も取るなら予約サイトで!

以上長くなりましたが、国内の格安航空券予約サイトを徹底比較した結果をお伝えしました。

冒頭から何度もお伝えしている通り、単純に国内航空券を購入するのであれば、どう考えても各航空会社の公式サイトで購入するのがお得です。

特にLCCに関してはセールをしていることが多々あります ので、こちらのページをチェックしつつ良きタイミングで購入することをおすすめします。

また、航空券だけでなくホテルも予約する場合は楽天トラベルじゃらんエアトリHISJTBなどのサイトで航空券とホテルセットで購入してください。

かなりお得に予約できるはずです。

また下記の記事では航空券を安く購入するための手順をこと細かに記載していますので、1円でも安く購入したい場合は参考にしてみてください。

海外航空券を安く購入する方法と手順を実例を交えて紹介!1万円が二千円になった場合も!

\ワンクリックでシェア/

超お得なキャンペーン!
なぜGOTOトラベルキャンペーンが話題なのか!?徹底解説!

 

ホテル予約で損しない!
ホテル予約サイトランキング

年間数カ国を訪れる管理人がこれまでの経験から厳選した、おすすめのホテルランキングをご紹介。

 

航空券予約サイトは罠ばかり!
格安航空券サイトランキング

格安航空券予約で損をしたくないなら、チェックいいただきたい内容です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA