知ってた?国によってパスポートの必要残存期限は異なります。

海外旅行に行く時に絶対必要なものはなんでしょうか?

パンだ
ん〜いろいろありそうだけどやっぱりパスポートかな

そうです、海外旅行にはパスポートが必ず必要です。パスポートの準備は大丈夫でしょうか?

パスポートは何年も前に取ってて期限も残ってるから大丈夫と思っていませんか?その場合、この記事をしっかり読んで後悔しないようにしてください。

パンだ
な、なに怖いこと言ってるの・・・?

パスポートは有効期限が残っていれば大丈夫と思われがちですが、実際は旅行に行く国によって必要な有効期限の日数が違うため海外旅行に行く場合は、この期限の確認が必須なのです。

また、この残存する有効期限は「出国時」で見る場合と「入国時」で見る場合と「帰国時」で見る場合の3通りの数え方があり、どの時点での有効期限で判断するかは国によって違います。

そのため、自分がこれから行こうと思っている国に必要なパスポートの有効期限がどれくらいなのかということを必ずチェックする必要があります。

この記事では、主要な旅行先の必要残存期限とその他補足情報についてお伝えしたいと思います。

パンだ
てっきり有効期限は一ヶ月くらいあればどこでもいけるとおもってたなぁ

有効期限はどこをみる?

まずパスポートの有効期限がどこに書いてあるのか確認しておきましょう。ここでは、神奈川県のパスポートセンターサイトの画像を流用してご説明します。

はい、見ていただければすぐに分かるかと思いますが⑩の下側の「有効期間満了日」というのがパスポートの有効期限となっています。

見方は左から順に「日付/月/年」となっています。月は英語で書かれており、省略されています。この例では2023年3月20日が期限です。3月は英語で「March」なので省略して「MAR」と書いてあります。

ねっこ
なるほど、簡単だな!

長期滞在の場合はビザも必要

またこれも忘れがちといいますか知らない方もいるのですが、海外に長期滞在する際にはほとんどの場合ビザが必要となります。

ビザとは国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である。引用:wikipedeiaより

パンだ
なんかビザって聞いたことあるね!どれくらい滞在するとビザが必要なの??

何日以上滞在するとビザが必要なのか?ということはよく聞かれるのですが、ビザが必要になる期間は国によって違います。

そのため海外旅行に行く場合はビザが必要なのかどうかも合わせて確認する必要があります。このページでは、ビザについても記載しておきますのでご確認ください。

アメリカに行く場合はESTAと呼ばれる簡易ビザのようなものが必ず必要となりますのでご注意ください。ESTAはこちらから申請可能です。※ESTAの手続きを代行するといい手数料などを取る会社がありますのでご注意ください。こちらの米国大使館のページより申請ください。https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/ 

 

国別の必要残存期限

それではこれから国別の必要残存期限を見ていきたいと思います。

下記情報は変動する可能性があります。必ず出国前にご自身で各国大使館または日本国外務省の情報を見るようにしてください。当サイトでは一切の責任を負いかねます。

アジア方面

渡航先 必要残存期限 ビザ不要期間
韓国 入国時3ヶ月以上 90日以内
中国 入国時6ヶ月以上 15日以内
台湾 入国時3ヶ月以上+滞在日数 90日以内
香港 入国時1ヶ月以上+滞在日数
1ヶ月以上の場合は3ヶ月
90日以内
シンガポール 現地出国時6ヶ月以上 30日以内
マレーシア 入国時6ヶ月以上 90日以内
インドネシア 入国時6ヶ月以上

ビザ必須
入国時に取得可

タイ 入国時3ヶ月以上+滞在日数 30日以内
マカオ 入国時1ヶ月以上+滞在日数 90日以内 
インド ビザ申請時6ヶ月以上 ビザ必須。
入国時に取得可
ベトナム 出国時6ヶ月以上

15日以内

シンガポールやマレーシアインドネシアは半年以上の残存期間がなければならないため注意が必要です。また、インドやインドネシアはビザが必須になっていますので渡航前に詳細を各国大使館のHPでご確認ください。

アメリカ・オーストラリア方面

渡航先 必要残存期限 ビザ不要期間
アメリカ 帰国時まで  90日以内
別途ESTA必須
カナダ 入国時6ヶ月以上 6ヶ月以内
別途ETA必須 
グアム 帰国時まで 45日以内
ESTA不要 
ハワイ 帰国時まで  90日以内
別途ESTA必須
オーストラリア 帰国時まで  3ヶ月以内
別途ETAS必須
ニュージーランド 入国時3ヶ月以上+滞在日数  3ヶ月以内 
タヒチ 出国時3ヶ月以上  30日以内 

冒頭でもお伝えした通り、アメリカに行く場合はESTAという簡易ビザのようなものが必須となります。またカナダやオーストラリアもESTAと同じような簡易ビザ(査証)が必要となりますので、各自でご確認ください。

ヨーロッパ方面

 

ねっこ
ヨーロッパ方面に行く場合は、シェンゲン協定ってもんがあるのを知っておいたほうがいいよ
パンだ
なんだそれ?初めて聞いた!なんなの?

 

シェンゲン協定とは

EUの規定でパスポートに関する取り決めがあります。それがシェンゲン協定で、これはEU加盟各国で形成されている協定です。

EUの規定では、EU加盟国以外のパスポートを持っている人(日本も加盟国外です)は、シェンゲン協定加盟国からの出国予定日から最低3ヶ月間有効なパスポートの所有が義務付けられています。

 

シェンゲン協定加盟国

オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロヴァキア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン

そのため、仮に渡航先の国の必要残存期限が30日だったとしてもシェンゲン協定に加盟している国の場合は3ヶ月間の残存期間が必要となりますのでご注意ください。

渡航先 必要残存期限 ビザ不要期間
フランス 出国時3ヶ月以上 6ヶ月で90日以内 
イギリス 帰国時まで  6ヶ月未満 
ドイツ 出国時3ヶ月以上 6ヶ月で90日以内
イタリア 出国時90日以上 6ヶ月で90日以内 
オーストリア 帰国時まで  6ヶ月未満
ベルギー 入国時3ヶ月以上+滞在日数  6ヶ月で90日以内
スペイン 帰国時まで 6ヶ月で90日以内
スイス 帰国時まで  6ヶ月で90日以内
フィンランド 出国時3ヶ月以上  6ヶ月で90日以内
ポルトガル 出国時3ヶ月以上  6ヶ月で90日以内
ギリシャ 入国時3ヶ月以上+滞在日数 6ヶ月で90日以内
デンマーク 入国時3ヶ月以上+滞在日数 6ヶ月で90日以内
ノルウェー 入国時3ヶ月以上+滞在日数 6ヶ月で90日以内

 

スポンサーリンク

 

まとめ

一部掲載していない国もありますが、以上が主要国に渡航する際に必要なパスポートの残存期間となります。どこに行くにしても半年以上の残存期間があればまず問題ないと言えます。

また、もし残存期間がギリギリしか残っていない場合はパスポートの更新をしておいたほうが賢明です。

もしなんらかのトラブルに巻き込まれて帰国が予定よりも遅くなった場合は、旅行中にパスポートが切れてしまう可能性もあるからです。海外旅行に行く際にはあらゆる準備をしていきましょう。

パスポートの更新については各都道府県のパスポートセンターのページで見ることができます。こちらに各都道府県ページへのリンクがありますのでご確認ください。http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html

海外旅行に不安のある方は「はじめての海外旅行に行く人のための全手順!準備物?両替は?必要な手続きは?」という記事を参考にしてみてください。海外旅行に行くまでの全手順を掲載しています。

スポンサーリンク