「アメリカ旅行でWiFiレンタルは必要?実際に行ったので感想とWiFi事情を解説

初めてのアメリカ渡航を前に、最も気になることがネット環境という方も多いと思います。

そこでこの記事ではこれまで何度か旅行でサンフランシスコとニューヨークに訪れたことがあある筆者が実際の体験を元に「アメリカには海外WiFiレンタルをしていったほうがいいのか?必要ないのか?」 ということをストレートにお伝えしようと思います。

<余談ですが筆者はこんなところに滞在しました>

サンフランシスコでは大学が集まる学生の街周辺に滞在し、ニューヨークでは市内中心部のタイムズスクエア近辺が主な滞在拠点でした。同じアメリカ国内とはいえ、これほどまでに違うのかというほど西海岸と東海岸では雰囲気も全く異なり、もちろん旅行のしやすさという観点からも異なることが多かったです。

 

正直アメリカ旅行にWiFiレンタルは必ずしも必要ないかも!?

早速本題に入りたいと思うのですが、実際に私がアメリカを訪れてみて感じたのは「アメリカではWiFiレンタルは必ずしも必要ではない」ということでした。理由は3つあります。

WiFiが必ずしも必要ないかも?と思った理由

  • フリーWiFiが充実している
  • ネットで何かを調べるという状況になりにくい。
  • 防犯のため外で携帯を頻繁に使わないようにしていた。

「フリーWiFiが充実している」という理由に関してはは私がメインで訪れたのがニューヨークだったということもありますが、これら3つの理由から、「アメリカではWiFiは必ずしも必要ないかも?」と考えています。

 

理由1:アメリカはフリーWiFiが充実している

ご存知の通りアメリカは世界でもトップクラスの先進国です。そのため、特にニューヨークはいたるところでフリーWiFiが整っていて、一つの場所にいても複数のフリーWiFiから選ぶことができるような状態でした。

建物同士が密集していることも影響しているかと思いますが、隣のホテルのフリーWiFiまで選択肢に入ってくることもあり、フリーWiFiのスポットを探すまでもなくほとんどの場所で簡単にフリーWiFiを見つけることができました

気になる速度に関してもストレスを感じることはなく、非常に快適にWiFiを使用できました。

実際に私が旅行をしたのは数年前の話にはなりますが、その時点でもフリーWiFiは充実していたので、今はさらに状況が良くなっていると考えられます

ただこれはあくまでも私が滞在したニューヨークやサンフランシスコに限った話かもしれません。少し田舎の方に行かれる方はフリーWiFiには期待しないほうがいいかもしれません

 

理由2:何かを調べなくてはいけない状況になりづらい

そもそもWiFiが必要になる状況とはどのような時かを考えたところ、道に迷って地図を検索したいという時や公共交通機関の時間を調べたいという時が多いかと思います。

しかし、アメリカの主要都市であればインフォメーションがあったり、地図があったりすることも多かったですし、そこまで道が複雑ではないためガイドブックの地図でも十分対応できます。

また電車やバスなどの時刻を調べるということに関してですが、日本のようにバスも電車も定刻きっかりに来ることはほとんどない ため、調べて向かっても徒労に終わることが多々ありました。

実際、現地の人を見ていてもとにかくバス停や駅でそれぞれバスや電車が来るのを待つという感じでした。

他にも予定していたレストランや観光スポットが開いていなかった場合などに代替案を調べたいという状況も考えられますが、主要都市であればレストラン等の選択肢も多いため、必ずしもネット検索は必要ないかなと思います。

パンだ
ただSNSをリアルタイムに更新したり、待ち時間にSNSをしたいという方もいるかと思います。そういった方はやはりWiFiを自分で持っていたほうが便利かなと思います♪

 

理由3:防犯のため外で携帯を頻繁に使わないようにしていた

最後の理由は少し意外かもしれません。

日本で生活していると常に携帯を触っているという方も多いと思います。特に道中やレストランの待ち時間に携帯を出している方がほとんどではないでしょうか。

しかし、私がアメリカを旅行した際は外出先では携帯を頻繁に使いませんでした。理由はスリ対策です。

もちろん現地の人は堂々と携帯を出して使用していましたが、旅行客とりわけ日本人は狙われやすいため、必要な時以外は携帯をポケットの中にしまっていることが多かったです。

そのため仮にWiFiをレンタルした場合でも、何も考えず日本と同じように携帯に夢中になるのは注意する必要があるかと思います。

 

パンだ
そこまで気にする必要はないのかもしれないけれど、筆者は心配性なのでそんな風に対策していました♪

以上3つの理由からアメリカではWiFiをレンタルしていく必要がないかもしれないと思っています。

 

必ずしも必要ないが、こんな人はWiFiをレンタルしていくべき

上記では海外WiFiレンタルは必ずしも必要ないとご紹介しましたが、一方で下記の項目に当てはまる方はWiFiをレンタルしていったほうがいいかもしれません

こんな方はWiFiレンタルがおすすめ

  • 車移動中に、インターネットを使用したい方
  • 主要観光都市以外に行く方
  • セキュリティ面が心配な方
  • 現地で連絡を取り合う可能性がある方
  • 英語に不安がある方

 

こんな人はWiFi検討を①|車移動中に、インターネットを使用したい方

いくらインターネット環境が整っており、フリーWiFiスポットが多くあるアメリカと言っても、電車や車の移動中といったような道中でも使いたいという場合はなかなか難しいのが現状です。

特に現地でレンタカーをしてアメリカ国内を旅行されるような方は、車中でネットを使うことも多いはずですのでWiFiレンタルは必要です。

車移動でない場合でも、東海岸のように徒歩がメインの移動手段になるような都市を除き、それ以外の都市だと移動時間が長くなることも多いので、旅行先に合わせてレンタルWiFiの検討が必要 です。

 

こんな人はWiFi検討を②|主要観光都市以外に行く方

ニューヨーークやシカゴなど主要観光都市であればWiFiが整っていることも多いですが、友人に会いに行くなど、アメリカ国内でも田舎の方に行く方やいわゆる観光地ではない場所に行く方もいると思います。

その場合は主要都市に比べてフリーWiFiのスポットを探すのが難しいので、レンタルWiFiがあると便利かと思います。

 

こんな人はWiFi検討を③|セキュリティ面が心配な方

フリーWiFiが充実しているアメリカですが、セキュリティ面に関してはもちろん自己責任 となります。

というのも、フリーWiFiというのは場合によっては個人情報や機密情報を第三者から盗み見される可能性があるからです。(フリーWiFiの性質上、パブリックに共有されるフリーWiFiでは常にこのリスクはあります)

そのため現地でクレジットカード情報やSNSログイン情報など、個人情報が抜き取られるのが心配な方はレンタルWiFiを使用するのが無難 です。

特にアメリカは人口も多く、誰しもが使えるWiFiということは裏を返せばその分危険度も高いと言えます。

旅行中の写真をタイムリーにSNSにアップしたいと考えているような方や、旅行中にも仕事をしなければならない方はWiFiをレンタルしておく必要があります。

 

こんな人はWiFi検討を④|現地で連絡を取り合う可能性がある方

例えば現地で同行者と別行動をする時間があり、後で待ち合わせをするようなことを考えている方はレンタルWiFiがあると連絡が取りやすくなります。

もちろん日本から持参した携帯があれば国際電話をすることは可能ですが、少しの時間であっても高額になるケースが多いです。

一方でレンタルWiFiがあればLINEやFacebookのメッセージ機能を使って連絡を取り合うことができますし、その方が費用も格段と抑えられます。

また同行者と別行動は取らなくても大きな美術館や施設などで自由に見学するときなどは、WiFiが使えるとはぐれてしまっても大丈夫なので安心です。

 

こんな人はWiFi検討を⑤|英語に自信のない方

アメリカはご存知の通り英語が公用語の国です。そのため、どこに行くにも何をするにも基本的に英語です。

英語を使って多少なりともコミュニケーションを取れる方であれば、フリーWiFiの繋ぎ方を店員さんに聞くこともできますし、道に迷ってもその辺の人に聞くこともできます

しかし全く英語でコミュニケーションを取れないという方は、迷子になったり分からないことがあると非常に困ってしまいますので、WiFiをレンタルしておくことをおすすめします。

例えばグローバルWiFi というWiFiレンタル会社では、ポケトークという双方向翻訳機もWiFiとセットでレンタルすることが可能です。

この機械があれば、自分が話した言葉を瞬時に英語に翻訳して伝え、それに対する相手の返答を日本語に翻訳して伝えてくれます。

WiFiがあればそんな事も簡単にできてしまうので英語に自信がない方は検討してみてください。(グローバルWiFi の申込ページからポケトークのレンタルも一緒にできます。)

 

海外WiFiをレンタルするならおすすめはどのWiFi?

さてここまでアメリカで海外WiFiレンタルは必要なのか!?ということを解説してきました。もし仮にWiFiをレンタルしよう!となった場合に知りたいのが「WiFiって言ってもどのWiFiがいいの?」 ということかと思います。

そこでアメリカのWiFiレンタル選びのポイントとおすすめのWiFiをご紹介できればと思います。

 

アメリカのWiFiレンタル選びのポイント

アメリカのWiFiレンタル選びのポイントは以下の3つのポイントです。ぜひ参考にしてみてください。

<アメリカのWiFiレンタル選びのポイント>
・空港受け取りできるWiFiか
・信頼の置けるWiFi会社か
・価格の安いWiFi会社か

以上3つのポイントになります。

 

ポイント1:空港受け取りできるWiFiか

WiFiレンタルには大きく分けて2種類のレンタルWiFiがあります。それが、「事前に宅配便で送ってもらって、使い終わったら郵送で返却する」パターンのWiFiと「当日に空港で受け取って帰国したらそのまま空港で返す」パターンのWiFiの2種です。

利便性から言えばどう考えても空港で借りて空港で返せるWiFiがおすすめ です。ただ、事前に宅配便で送るタイプのWiFiは価格が安い場合もあるので、そこはどこを重視するかによります。

ただ個人的には空港で借りて返せるのが最も楽でおすすめです。

 

ポイント2:信頼のおけるWiFi会社か

WiFi会社というのは日本に何個もあり、アメリカのWiFiを提供している会社だけでも10個以上あります。しかし、そのどれもが同じ品質のWiFiを提供している訳ではありません。

各社が通信網を整え、現地で使えるルーター(WiFiの機械)を用意して我々に提供しています。

そのため、不要なトラブルを防ぐためにも信頼のある会社のWiFiをレンタルするのが極めて無難です。

仮にWiFiレンタル自体はあっても、通信速度が遅かったりすると何の意味もありません。しっかりと実績と信頼のある会社を選ぶことが重要です。

 

ポイント3:価格の安いWiFi会社か

もし仮に信頼がおける会社でも、あまりにも価格が高ければさすがに使うことは難しいかと思います。特にアメリカに渡航する際は滞在日数も長くなりますので価格的にお得なWiFiを選ぶのは重要です。

そこでポイントなのは、①と②のポイントを抑えたうえで、価格も安い というコストパフォーマンスが最高のWiFi会社を見つけることです。

パンだ
以上のポイントをふまえてこのあとおすすめのWiFiをご紹介します!

 

アメリカおすすめWiFi1位:グローバルWiFi

料金
※業界最安水準
信頼性
※業界最大手
サポート24時間365日LINE、電話、Skype対応
対応国数200ヶ国以上
当日申込可能
※在庫がある場合
その他前日15時までのWEB申込で受取手数料無料などの特典

アメリカ旅行に行く方におすすめしたい海外WiFiの第一位はグローバルWiFiです。このWiFi会社は知名度こそそこまで高くありませんが、長年に渡りWiFiレンタルサービスを行なっていて、実績・信頼ともにナンバー1 の企業です。

事実世界200以上の国と地域でWiFiレンタルサービスを提供しており、利用者数も東京商工リサーチの調査によればナンバー1の人気WiFiレンタルとなっています。(もちろんアメリカでもサービスを展開しています)

またグローバルWiFiは国内16の空港に窓口を持っているため、全国のどの地域に住んでいる方でも最寄りの国際空港でWiFiを当日空港で受け取ってアメリカ旅行に旅立つことができます。

そして気になる価格面においても業界最安値水準で提供しているため安心して利用することができます。

また先ほどご紹介したように双方向翻訳機のポケトークや、一方向翻訳機のイリーなどオプション品も充実していますので一緒に検討してみるのも良いかと思います。

▼最もコスパ良し!▼

 

アメリカおすすめWiFi2位:USデータ▶︎価格重視ならココ!

料金
※業界最安水準
信頼性
サポート電話、問い合わせフォーム
※時間記載なし
対応国数アメリカ全土
当日申込不可能
その他前日17時までのWEB申込で翌日空港受け取り可能
※成田、羽田、関空、中部のみ

USデータは価格で言えば最もお得なWiFiレンタル です。特に特筆すべきなのは、4G回線という高速の電波を他社よりも格段に安い価格でレンタルできるということです。

また1日に使っていい通信量も700MBとなっていて、1人で使う分には十分すぎる通信を行うことができます。

250MB/500MBの目安ってどのくらい?海外WiFiを借りる前に知っておきたい通信量の目安

2018年1月14日

申し込みも前日までに行えば空港で受け取る事もできますので、非常に便利でお得なWiFiです。

ただ、難点としては空港受け取りの窓口がUSデータ専用ではないため、若干受け取り手続きに時間がかかるということと、返却に関しては帰国翌日の消印有効で郵便ポストに入れなければならないという2点です。

この2点に関しては1位に紹介しているグローバルWiFiと3位で紹介しているイモトのWiFiに劣っている部分ですのでそこはしっかり検討したうえで選ばれることをおすすめします。

またこの会社はカスタマーサポートという点では第一位のグローバルWiFiに大きく劣ります

グローバルWiFiでは、24時間365日LINEやメール・電話などで問い合わせ可能ですがこのWiFiは問い合わせは電話かフォームからの質問のみとなっています。

そのため初めてのWiFiレンタルで不安な方は1位のグローバルWiFiを選ばれることをおすすめいたします。

▼価格重視の方に!▼

 

アメリカおすすめWiFi3位:イモトのWiFi▶︎知名度抜群!

料金
信頼性
※業界最大手
サポート平日9時~20時、休日10時~19時電話対応
対応国数200ヶ国以上
当日申込可能
※在庫がある場合
その他2日前の16時までのWEB申込で受取手数料無料などの特典

イモトのWiFiはタレントのイモトさんが広告塔を務めるWiFiレンタルです

このWiFiは顧客満足度が非常に高いWiFiレンタル会社 で、画像にもある通りそういった調査では複数の項目で1位を獲得しています。

特にサイトの使いやすさは最も良く、面倒なレンタル手続きも気持ちよく快適に行うことができます。

また公式サイトでは各種キャンペーンも実施しているので一度は見ておくのがおすすめです。

▼キャンペーン充実!▼

 

アメリカのフリーWiFi事情

最後にアメリカのフリーWiFi事情をお伝えしておきます。アメリカはフリーWiFiがとても充実しており、いたるところでインターネットにつながるスポットを見つけることができます。どこの都市にでもある代表的な場所 としては下記のような場所があります。

<アメリカの一般的なWiFiスポット>

フリーWiFiがあるスポット
ファストフード店
(マクドナルドやサブウェイ、ウェンディーズやタコベルなど)
カフェ
(スターバックスやクリスピークリームドーナツ、ダンキンドーナツなど)
デパート(Macy’sなど)
ショッピングモール
ホテル
地下鉄の駅、空港
図書館
バス
公園
(ニューヨークはセントラルパークをはじめ市内ほとんどの公園にあります)

上記のようなスポットが挙げられます。公園にもWiFiがあるのは意外に思うかもしれませんが、主要な観光スポットにはたいていの場合WiFiが完備していると考えて大丈夫です。

 

まとめ|アメリカでWiFiレンタルは人によっては必要!

以上アメリカ旅行の際にレンタルWiFiが必要かどうかについてお話してきました。私が旅行したのがニューヨークで期間もそれほど長くなかったということもあり、個人的にはWiFiのレンタルは不要でした。

しかし、旅行の目的や行き先は人によって異なるため、WiFiが必要な方も必ずいます。例えば現地でどうしてもお仕事のメールを開かないといけないという方もいるかもしれません。

また、自分は必要ないと思っている方も、今一度旅行中にインターネットが必要になるかどうか、また必要になるとしたらどのようなシチュエーションなのかをイメージしていただくと良い と思います。

飛行機内の暇つぶし怒涛のおすすめ23選|定番から変わったものまで

2019年6月24日

飛行機(オフライン)で映画を見るたった2つの方法。Amazon PrimeとdTVオススメの理由を解説

2019年2月28日

スーツケースレンタル9サイト徹底比較!14泊15日レンタルしたおすすめの会社をご紹介!

2019年2月11日



ホテル予約で損しない!
ホテル予約サイトランキング

年間数カ国を訪れる管理人がこれまでの経験から厳選した、おすすめのホテルランキングをご紹介。