ホノルル空港からワイキキまでのおすすめのアクセスはコレ!<比較表で分かりやすい>

ハワイのオアフ島にあるホノルル国際空港(2017年よりダニエル・K・イノウエ空港)はハワイ旅行で訪れる方がまず到着する空港です。

日本からはだいたい7時間くらいのフライトとなります。今回はそのホノルル空港からハワイの中心地であるワイキキまでのアクセスについてどれが一番おすすめなのか?ということを実際の体験談をもとにお伝えしたいと思います。

パンだ
とはいえどれがおすすめなのかはそれぞれの条件(何人?荷物は?など)によって変わってきますのでここではまず各交通機関の所要時間と料金を比較したうえでどんな条件ならどの交通機関がいいのかということをお伝えできればと思います♪

 

ホノルル空港からワイキキアクセス比較表

交通手段所要時間料金
公共バス
(THE BUS)
約60分前後2.5ドル
シャトルバス約45分~60分16ドル前後
定額制タクシー約20分29ドル
(チップ別)
タクシー約20分40ドル前後
(チップ別)
レンタカー約20分

以上がハワイのホノルル空港からワイキキまでの主要交通手段となります。この料金だけを見ると公共バスが最も安いですが、そう簡単にはおすすめを決められないので順番に見ていこうと思います。

身軽ならオススメ!公共バス

まず最初にご紹介するのはTHE BUSと呼ばれる(そのままですね笑)ハワイの路線バスです。このバスはハワイでいろいろな路線を運行しており、その中の1つがホノルル空港からワイキキまでいける路線となります。

特徴は何と言ってもその料金の安さです。このバスはどこまで行っても定額2.5ドルなので永遠に2.5ドルしかかかりません。

ただし荷物制限があったり、ただの路線バスなので座れなかったりもするので身軽な方以外にはオススメできないアクセス手段となっています。

もし仮に安く抑えたいからということであればこの後詳しく記載している荷物制限に関してよく読んでご利用ください。

乗り場

ホノルル空港からこの路線バスに乗る場合は到着ロビーのある1階ではなく出発ロビーのある2階となっていますので、ホノルル空港からこのTHE BUSに乗る場合は2階に行ってください。

バス停番号は19番か20番となっています。

注意点

このバスの利用にあたってはいくつか注意点があります。

荷物制限

荷物に関しては基本的に大きな荷物は持ち込むことはできません。一番大きいもので中型のブリーフケースとなります。※座席のしたか膝の上に置けるというのが原則になっているからです。日本の感覚で大型キャリーケースを持ち込もうとすると搭乗拒否されますのでご注意ください。

乗り方

乗り方は前乗りの先払いです。東京と同じ仕組みですね。両替機はないので小銭を用意しておくのが賢明です。お釣りもでなかったと記憶しています。

お札を入れる機械がありますのでそこにお札を入れて50セントは別のところに入れる仕組みです。詳しくはこちらのサイトに掲載されていますので確認してみてください。

飲食

バス内での飲食は禁止となっています。飲み物はフタをしていればOKなようですが、バス内で飲んだりするのは禁止なので気をつけましょう。

パンだ
なおTHE BUSを利用する場合は、THE BUSのアプリをダウンロードすることをおすすめします。停留所の場所や時間などを確認することができます♪

※アンドロイドの方はこちら

 

少人数(1人〜2人)ならシャトルバス

続いてシャトルバスです。これは日本の空港にも就航しているようなリムジンバスを想像してもしまうとちょっと異なり、まさに上の画像のような乗り合いバスとなっています。(だいたい15人乗りくらい)

基本的に停留所が少ないので公共バスに比べて早く着きますし、荷物も預けることができるので安心して使うことができます。料金は15ドル前後。

またシャトルバスは予約なしでも乗ることができます。値段もタクシーよりはリーズナブルですので、個人的にはこの後にお伝えする定額制タクシーの次におすすめの方法です。

シャトルバスはいろいろな会社が運行

このシャトルバスは実はいろいろな会社が運行しています。私が乗車したのはロバーツハワイでしたので乗り方も含めご説明させていただきます。

ホノルル空港からのシャトルバスは事前予約制のものや、電話をかけたりする必要があったりと若干よくわからないバスが多いのですが、ロバーツハワイは空港の出口付近のバス停にいるスタッフに話しかければその場で申込&クレジットで決済ができるので非常に簡単です。

当日現地申込もいける!ロバーツハワイ

ロバーツハワイはハワイで有名なシャトルバスの会社となります。通常シャトルバスは相乗りでみんなの目的地を回りながら行くのですが、ロバーツハワイは目的地を最大5つまでに限定しているので、無駄な時間があまり生じず他社に比べて早く目的地につくことができます。

値段も15ドルか17ドルくらいでしたのでシャトルバスの平均的な値段かと思います。

ロバーツハワイの乗り方

到着ロビーから出て右の方に歩くと、上の画像のように黄色っぽいシャツを来たスタッフが数名いますので、スタッフに「バスに乗りたい」ということを伝えてください

すると目的地を聞かれますので、ご自分が泊まる予定のホテル名を伝えます。人数を伝えるとその場でクレジット決済ができます。

クレジット決済が終わると、乗車券的なものを渡されますのでそれを持って、バス停付近で待機します。バスが来ると「○○ホテルの人」みたいな感じで呼ばれますので乗り込みます。

ロバーツハワイは予約制という情報がありますが、私は何も予約せずに乗車できましたので「予約ってなんだかよくわからないな、面倒だな」という方は予約をしなくても良いと思います。

また私が訪れたのはGW真っ只中でしたが、それでもきちんと対応してもらえましたので「予約していないと乗れない」ということもまずないのでご安心ください。念の為予約ページもご紹介しておきます。公式サイトはよくわからないのであまり参考になりません。

公式サイトはこちら

 

予約なしで乗れるスピーディーシャトル

ハワイで有名なシャトルバスのスピーディーシャトルです。このバスも予約なしで乗車できるのが特徴です。(ハワイのほとんどのシャトルバスは予約が必要です)

到着ロビーを出て少し歩けばこの画像のような赤いアロハシャツを着た人たちがいるので声をかければオッケーです。16ドル弱の値段でワイキキまで行くことができます。※公式サイトから予約も可能です。

 

日本語対応じゃないと不安な人はH.I.Sのシャトルバスがオススメ

日本語対応でないと不安な方はH.I.Sハワイ支店が運行するシャトルバスがオススメです。日本語対応はもちろんのこと予約や注意事項等も分かりやすいため英語アレルギーのかたにはオススメです。

 

その他シャトルバスも掲載

オプショナルツアーの申し込み代理店であるベルトラでは、いまご紹介したシャトルバス以外にも様々なバス会社が掲載されています。全て日本語で見やすいので検索されてみてはいかがでしょうか。

パンだ
ベルトラで検索すれば到着時にレイをかけてくれるシャトルバスやリムジンでの送迎プランもあったりするから、ちょっといいサービスを探している人は見てみてね♪

スポンサーリンク

 

2〜4人なら定額制タクシーもオススメ!

ハワイには日本と同じようにタクシーがあります。ただ、ホノルル空港からワイキキへのタクシーは普通のタクシーと定額制のタクシーと呼ばれるものがあります。

定額制のタクシーは空港からワイキキまでの料金が29ドルと決まっているのでお金に関して無駄な心配をすることなく安心して移動することができます。29ドルだと4人で乗れば7.5ドルくらいで乗ることができます。

普通のタクシーで行くと40ドル以上 かかりますので、定額制がおすすめです。

定額制タクシーならチャーリーズタクシー

定額制タクシーを使うならチャーリーズタクシーが最もオススメです。なぜならこのタクシー会社は日本語で事前予約ができることに加えクレジットカードでの決済が可能 だからです。

またウェブサイトも一応日本語で見ることができるため、初めてのハワイ旅行でも安心して利用することができるかと思います。

1台につき定員が4名で荷物は1人につきスーツケース1個と機内持ち込み荷物1個までとなっています。ちなみにチップはタクシーの場合は15%ほどとなっています。

パンだ
29ドルのチャーリーズタクシーの場合は別途チップとして5ドルくらい支払えばOKだね♪

到着したら電話をかける必要

このチャーリーズタクシーの唯一のマイナスポイントは事前予約をして空港に着いたらタクシー会社に電話をかけなければならないということです。

電話自体は空港に無料の公衆電話があるのでそこから掛けられるのですが、なんとここも日本語でOKですので安心して利用することができます。

ちなみにホームページには下記のように記載があります。

国際線でご到着のお客様は、税関検査の個人用出口を出た時点でフリーダイヤル (844) 531-1331 へ電話をします。税関検査の外の公衆電話から無料で掛けられます。道を渡った中央分離帯にある緑のブースの近くでお待ちいただくようオペレーターがご案内します。

国内線でご到着のお客様は、着陸後に (808) 531-1331(又はフリーダイヤル (844) 531-1331 へ電話し、オペレーターへ便名と手荷物引取所の番号を伝えてください。乗車場所はオペレーターがご案内します。

なおネットからの事前予約は2日前までとなっていますのでご注意ください。

 

事前予約なしで乗るなら普通のタクシー

事前予約なしで乗ることになった場合は普通のタクシーになります。これは日本のタクシーと同じようにタクシー乗り場に行ってタクシーに乗ることになります。

とはいえ料金は40ドルほど必要なことに加え時間によっては待ち列ができていたりもするのでそういった事を避けたい場合は定額制タクシーを利用する方が便利かと思います。

パンだ
お金の支払いは現金が基本となっているのでその点も注意が必要だよ。クレジットがいい人は特にチャーリーズタクシーがおすすめ!

またタクシーもチップが必要で、40ドルの場合は追加で5ドル〜10ドルほどチップを支払う必要があります。

ちなみに配車アプリで有名なウーバーを使えば、事前に目的地を指定できますしチップも不要なので非常にお得ですのでウーバーを使ってみても良いと思います。

 

 

ホノルル空港マップ

最後に分かりづらいですが、空港のマップを掲載しておこうと思います。ホノルル空港のタクシーやバス乗り場は赤い四角で囲ったあたりになります。

 

空港に到着すると個人用出口というところから出てくる事になりますので、出て右側に進めばバスやタクシー乗り場があります。多くの方がこの辺に行きますので大衆に付いていけばとりあえず大丈夫です。

ちなみにホノルル空港とワイキキの位置関係はこのようになっています。8マイルが12キロくらいなので8.6マイルは13キロ弱くらいになるかと思います。結構近いですね!

 

ホノルル空港からワイキキアクセスまとめ

いかがでしたか?ハワイは日本人観光客も多いのでこういった送迎サービスは他国に比べてかなり充実しています。

今回いろいろ比べさせていただきましたが2人以上の場合はチャーリーズタクシーがオススメかなと思います。事前予約していない場合はシャトルバスを選択しましょう。

定額制タクシーであれば自分達専用ですし、事前予約しておけばスムーズに乗車する事ができるのでかなり楽になるかと思います。ただ、送迎タクシーとはいってもただのタクシーなので荷物があまりにも多い場合は乗らない可能性もあるのでそこは十分気をつけてください。

パンだ
WiFiの準備はお済みですか?ハワイのオススメWiFiはアロハデータです。詳しくはハワイのオススメWiFiをお伝えしている記事をご覧ください♪

\ワンクリックでシェア/




ホテル予約で損しない!
ホテル予約サイトランキング

年間数カ国を訪れる管理人がこれまでの経験から厳選した、おすすめのホテルランキングをご紹介。