【2017最新版】羽田のアクセス|モノレールと京急どっちが便利!?いろいろ比べてみた

こちらの記事でも掲載しましたが、羽田空港へのアクセスに関してもっとも値段が安くて早いのは京急またはモノレールとなっています。

そこで、今回は京急とモノレールならどっちが便利なのかということを検証してみたいと思います。

検証するにあたってなにを比較するのか、ということが争点になってくるかと思いますが、今回は合計5つの項目に関して比べてみたいと思います。

京急とモノレール羽田空港へのアクセス時間と料金は?

こちらは以前記載した情報の再掲になりますが、実際のところ京急とモノレールで時間と金額の違いはほとんどありません!ですので、単純にこれだけで選ぶのであれば「定期券区間を通る」といった個人個人の条件によって決めていくという感じなるかと思います。

京急

東京駅発 572円 所要時間約30分 

新宿駅発 601円 所要時間約40分

大宮駅発 1044円 所要時間約1時間4分 

モノレール

東京駅発 637円 所要時間約30分

新宿駅発 699円 所要時間約45分 

大宮駅発 1033円 所要時間約1時間10分 

京急・モノレール乗り換え可能な路線は!?

続いてそれぞれの路線の使いやすさの1つとしてどれだけの路線から乗り換えることができるのかという点をみていきたいと思います。

私個人としてはこれをけっこう重視していて、乗り入れ路線が多いほど便利な駅だと考えています。

ではまずモノレールをみてみましょう。

モノレール路線図

モノレールは浜松町を起点としています。

しかし、ご覧いただければ分かる通りかなり路線の乗り入れ数が少ないということが分かるかと思います。天空橋駅で京急線からも乗り換えられますが、わざわざ乗り換える必要はないですよね・・

 

※都営大江戸線 大門駅から浜松町は乗り換え可能な範囲です!!

続いて京急線をみてみたいと思います。

京急路線図

京急は多くの駅に停まるため多少割愛させていただきましたが、電車の種類の多い次の4つの駅の乗り入れ路線についてみてみたいと思います。

 

 icon-arrow-right 泉岳寺駅・・・地下鉄浅草線乗り入れ(直通運行も)

  品川駅・・・・

  • JR東海道新幹線
  • JR山手線
  • JR京浜東北線
  • JR横須賀線
  • JR東海道本線
  • 上野東京ライン

  京急蒲田駅・・京急本線・空港線のみ

※蒲田駅とは別物なので地元民以外は注意です!蒲田駅と京急蒲田は徒歩10分ほど離れています。

  京急川崎・・・京急本線、大師線 

※川崎駅とは徒歩5分程度離れているため注意! 

ざくっとまとめてみましたが、品川駅を擁している時点で京急線の利便性が圧倒的にいいことがわかりました。また、泉岳寺駅は浅草線が直通運行していたりもするのでさらに便利かと思います。

 

 

乗り換えが楽なのは京急!?モノレール!?|羽田空港アクセス

それでは次に各主要駅における乗り換えの面倒くささをみてみたいと思います!

特に旅行に行く際はキャリーケースなどをもって移動される方も多いと思うので、なるべく移動は避けたいですよね。

 

それでは早速モノレールからみてみましょう。

 

モノレール

  浜松町

モノレールの浜松町駅はJRとつながっています。駅構内に「モノレール乗り換え出口」という案内板が各所にでていますので、問題なく進めるかと思います。※間違えてJRから乗り換え口ではなく普通の出口から出てしまうと面倒なので気をつけたいですね。

 

  天王洲アイル

モノレールの天王洲アイル駅は少し注意が必要です!

天王洲アイル乗り換え

ご覧の通りりんかい線天王洲アイル駅からモノレール天王洲アイル駅は若干離れています。特に最短ルートを通る場合、一度屋外に出てしまいますので注意が必要です。

京急線

  泉岳寺駅

京急線泉岳寺駅は都営浅草線と相互に乗り入れているため乗り換えも非常に簡単です。行けばわかるというのはまさにこのことかと思います!

  品川駅

京急線で注意すべきなのは品川駅です。

品川駅は京急線とつながっていますが、JR品川駅が広すぎて乗り換えが面倒というデメリットがあります。もちろん、乗り換え出口もありアクセス自体はいいのですが、広い駅舎のため大きなキャリーケースを持ってウロウロするには少し疲れるかなという印象です。

品川駅

特に新幹線からの乗り換えは非常に遠いので注意が必要です!

 

到着駅比較!モノレールと京急ターミナルに行くのが楽なのはどっち!?

続いて到着駅に関してみていたいと思います!

到着駅に関してはどちらも同じターミナルに着くので距離的にはあまり違いはないのですが、モノレールは出発ロビーと同じフロアに到着するという点で非常に優れています!!

羽田空港駅各種

上の画像をご覧いただきたいのですが、赤い路線が「京急線」で青い路線がモノレールとなっています。一見、モノレールの方が遠回りをしていて面倒なように見えますが実は<span class=”keikoup”>モノレールは国内線・国際線ともに登場フロアと同じ階に停車します。</span>

そのため、駅からのアクセスが非常に楽になっています。

反対に京急線は地下に停車するため、到着してから搭乗口に向かうのが多少面倒な作りになっています。これは荷物の多い旅行者にとっては非常に重要な問題ですね!

モノレールと京急 便数が多いのはどっち!?|羽田空港アクセス

どれだけ便利な交通機関でも便数が少なければ意味がないですよね。

そこでモノレールと京急でそれぞれどれくらいの量の便数があるのか調べてみました。

 

モノレールは一時間最大18本

モノレールは最大1時間に18本の電車が運行されているようです。

詳細は東京モノレール:モノレール路線案内>モノレール浜松町駅>羽田空港第2ビル駅方面 時刻表で見ることができます。

最も便数が多い時間帯は午前8時台で、最大18本の電車が運行しています。

これはおよそ3分に1本の計算となるため、いつ行っても乗れると思っていただいても大丈夫だと思います。非常に便利ですね。

京急線は最大12本

京急線の電車の本数は一時間最大12本でした。こちらも時間帯としてはモノレールの8時台と同じでしたがモノレールの方が1.5倍多く走っているという計算になりました。

これは電車を待つのが嫌いな人にとっては非常に大きな差かと思います。

京急線の時刻表は下記よりご覧になれます。

[京急]空港線の時刻表 – えきから時刻表 

 

結局どっちが便利!?

ここまでモノレールと京急それぞれの特徴をみてきました。

実際問題どちらがオススメなのでしょうか?

私がオススメするのはモノレールです!

これはなぜかというとそもそもモノレールは羽田空港へのアクセスを目的として作っていているからです。そのため、駅の利便性にしても京急より細かなところでモノレールの方が便利な作りになっています。(駅が出発ロビーに直結しているなど)

 

また、1時間あたりの本数も多いことに加え空港に行く人以外はあまり利用しない路線のため大きな荷物を持っていてもあまり他人の迷惑を気にしなくてもいいという心理的なところでもモノレールの方がいいかなと個人的には思います。

 

ちなみにモノレールも京急も多少オトくな切符も販売しているようです。

それに関しては別の記事でまとめていますので下記をご参照ください。

※コンテンツ準備中です。

 

それでは。