ホテル、航空券、空港などのセール情報はこちら【毎週更新!】

海外旅行にWiFiレンタルは必要?持っていくべきなの?実際に困った話をお伝えします

パンだ
海外WiFiって持っていくべき!という人もいればWiFiはいらない!みたいに言う人もいるけど実際どうなの?

海外WiFiに関する情報を見聞きして、「どうすればいいんだろう」と不安に思われている方もいるのではないでしょうか?人それぞれ違う事を言っているので迷ってしまいますよね。

私の経験談から言わせていただくと、迷っている人は持って行った方がいいです!なぜか?その理由を「WiFiが無くて困った経験」を元にお伝えさせて頂きます!

私は今まで何度も海外旅行に行っていて、昨年も4ヶ国ほど訪問したのですが全ての旅行でWiFiをレンタルしていきました。

しかしそんな私もかつては「WiFiなんて高いしいらないでしょ」と思っていて実際にベトナム・イタリア・フランス・香港へはWiFiレンタルも何も持たずに旅行に行きました。

実際のところなくても何とか無事に帰ってくる事は出来たのですが、何度も困った事態になりました のでその経験を元に海外旅行におけるWiFiの必要性をお伝えしたいと思います!

 

WiFiがなくて困った事その1:本に書いてある情報が古かった時

これは正直あったらよかったというより、なくて相当焦った話です。

イタリアに旅行に行っていた私は、イタリアのナポリからフランスに移動するために、現地でeasy jetというLCCを予約していました。

空港へはガイドブックやネットの情報に書いてあった通り、バスで行く予定でした。

当日朝、空港まではバスで20分くらいなのでフライトの1時間半前くらいのバスに乗ろうとガイドブックに掲載されていたバス乗り場へ行きました。。。

でもそこで事件が起こったんですね。

来ない。

バスが来ない、バスは来るけど空港行きのバスは全く来ない。

バスを待っていたナポリ駅付近

これはもう焦りました。何度ガイドブックを見てもガイドブックの通りの場所にいるのにバスが全く来ない。周辺をぐるりと一周してもバスはいなかったのです。

でも海外旅行もそれなりに経験していた私はとりあえず道行く人に尋ねまくりました。ただこういう時、意外とみんな冷たいんです。誰も教えてくれません。というか知らない?という感じ。

とはいえやっとのことで交番を見つけて道を聞くことができました。グラッチェと言いながらホッとして意気揚々と言われた通りの場所へ行きました。

 

やっぱりバスが来ない

 

なんと警官に教えてもらった場所に行ってもバスが来なかったのです。フライトのもう40分前でした。

これはめちゃくちゃ焦りました。

そして焦りまくってそのへんにあるホテルにかたっぱしから聞きに行きやっとのことでバス停を発見し、ギリギリでフライトに間に合ったのですが、この時は心底WiFiがあれば直ぐに調べられたのにと思いました。

パンだ
大変だったんだね〜
ねっこ
でも、タクシーでいけばよかったんじゃない?

と思いますよね。私もバカじゃないので、それくらいは考えました。

タクシー止めます→値段聞きます→車で15分の距離を50ユーロ(7,000円くらい?)と言われるんですね。

こっちが焦ってるのをいいことにぼったくる気まんまんなのです。

バスで行けば3ユーロくらいです。

こんなことがあったりするので、WiFiはもしもの時の備えとして持って行った方が安心です。私は危うくフランスに行けなくなるところでした。

ちなみにイタリアでもローマやミラノなどの都市は割と英語も通じますが、ナポリなどの地方都市になると英語が通じない場合もあるのでなおさらWiFiなどがないと詰んでしまいます。。。

海外では何故か間違った道を教えられる事もある

これは特にヨーロッパ圏で何度か体験したことがあるのですが、道を聞いても素直に正しい道を教えてくれない場合があります。

理由は分かりません。

しかし明らかに間違った道を教えられることが私の経験上3回はありました ので、困ったら人に聞くというのも通用しない場合があります。(特にロシアではニヤニヤしながら明らかに間違った道を教えられました。。。。)

そんな時にWiFiがあれば自分で地図を検索してGPSを見ながら移動できるので道に迷う心配もなく安心です。

初めてのヨーロッパ旅行の注意点17個。ヨーロッパ8ヶ国に行った体験からお伝えします

初めての海外旅行の注意点総まとめ<乗り方・持ち物・防犯・準備物・暇つぶし・航空券の探し方>

 

WiFiがなくて困った事その2:調べて行ったつもりが、あれ?となる時

これもよくあるパターンです。

WiFiがない場合、私はフリーWiFiが繋がっているホテルやカフェでここぞとばかりに次の目的地の情報収集を行います。

でも、実際に準備万端と思って目的地に行ったときに「あれ、これってどうするんだっけ?」というのがほとんど必ずと言っていいほど出てくるのです、、!

イタリアの田舎の方で高速バスに乗ったときのことです。「あれ、切符を買ったのはいいけど、この切符はどこに入れるの?みんな入れてないしどうしたらいいの?」

こんなバスだった気がする・・・

ということがありました。実際にはバスの中にある、機械みたいなのに通せばいいのですが、バスに乗ってくる人でも通してない人も多かったためどうなってるの??となってしまいました。

WiFiがないのでその場で調べることは出来ないですし、イタリア人しかいない空間で切符の入れ方を聞くコミュ力もなかったため、その場では雰囲気に任せて適当にやり過ごすので必死でした。。。

そして結局ホテルに帰って調べてみると「あ〜そうだったんだ」となるのです。無賃乗車みたいになってるんじゃないかとヒヤヒヤしたことを未だに覚えています。

こんなときWiFiがあればパッと調べてなんの不安もなくバスに乗ってられますよね。

パンだ
あーたしかにバスとかって日本国内でも困るときあるし、そんなときはWiFiがあった方が安心かもしれないね!

 

WiFiがなくて困った事その3:することがなく、ひまなとき

海外に行ったことがある方は共感できる方もいるかと思いますが、なんだかんだ海外でもひまな時ってありますよね?

例えば何かの乗り物に乗るのを待っている時や、入場を待っている時。けっこうひまなんです。

そういった時にWiFiがなければ、ただぼーっとしているか一緒に来ている友人たちと話すかなのですが、少人数とかの場合案外話すこともなくなってきたりもするんですね。

そんな時、WiFiがあればLINEやインスタやツイッターもできるしあったらいいなと思った瞬間でした。

特にインスタなどに接続できると、次に行くお店を探したり出来るので非常に便利です。

 

WiFiがなくて困った事その4:道に迷った時

これはもう一番多いと思いますが、道に迷った時ですね。ヨーロッパは特にそうですが、けっこう狭い路地がたくさんあります。

でもそういう狭い路地ってけっこう魅力的だったりするんですよね。

そこで、思いのままに路地を進んでいってしまうともう大変です。

あれ、ここはどこ?」状態になります。

海外は日本のようにドカーンとなっている大通り的なものがあまりなかったりしますので、一度入り組んだ道に入ってしまうと地図を持っていても自分の現在地が分からなくなってしまいます。(フランスのシャンゼリゼ通りみたいなのがたくさんあればいいのですが、あまりないです)

しかもヨーロッパとかだと景観に厳しく、建物の高さ規制がされていたりして「全部同じに見える」んです。

こうなってしまうともうマックやカフェに行ってWiFiにつなぐか、かたっぱしから道を聞いていくしかないのです。かといってそんな路地には人もあまりいないので道を聞くことも出来ずただただ歩くしかないという状況になりかねません。

こんな時、WiFiがあればすぐに道を調べることができます。

 

WiFiがなくて困った事その5:気になったことがある時

これもよくあります。気になった時というより、知りたくなった時ですね。海外に行くと日本では見ないようないろいろな建物や食べ物・風習などに遭遇します。

そういう時って必ず「なんでこうなってるんだろう?」「これってどんな歴史があるのかな?」って知りたくなりますよね。

もしWiFiがあったらそんな時に、直ぐに検索できる んです。なかったらもやもやしたままWiFiの使える場所までいってそそくさと検索することになるんですね、、。

特に私がそれを感じたのはローマ郊外にあるティボリという町にあるハドリアヌス帝の別荘「ヴィラ・アドリアーナ」というところに行った時です。

ここはハドリアヌス帝の建てた広大な別荘跡なのですが、広大すぎるが故、特に音声案内とかはなくポツポツと案内板があるくらいなのです。

世界遺産なのに、です。世界遺産になるくらいなので当然素晴らしいものがたくさんあり、知的好奇心は湧いてくるのですが「調べられない」

これはとてもストレスになりましたし、なにか損した気分にもなりました。

この時に「WiFi持っていればよかった」と心底思いました

また基本的に、美術館などでも音声ガイドは高いので私はつけません。そのため、気になった作品だけネットで検索するのですが、WiFiがなければそういった事もできないので不便だなと思います。

 

WiFiがなくて困った事その6:発展途上国に行く時

海外では発展途上国であっても日本よりもフリーWiFiが発達しています。そしてもちろんホテルなどにはほとんどの場合、WiFiがあります。

そんな情報ってよく耳にしますよね?そしてこの情報は嘘ではありません。

ただ、注意点があるのです。

海外のWiFi、特に発展途上国の場合電波がめちゃくちゃ不安定な場合があります。

もし仮にWiFiを持たずに発展途上国に行き、滞在先のホテルのWiFiの電波が不安定だったらもう最悪です、、。

これは実際に経験あるのですが、現地に到着した事さえまともに親族や友人に連絡できません。こちらはいいですが、連絡を待っている方は何があったのだろう?と心配になりますよね。

そういった意味でも発展途上国に行く場合は、WiFiを持っていた方がいいなと痛感しています。

 

WiFiがなくて困った事その7:ホテルの場所が分からない時

海外旅行に行くと、事前にホテルの場所を調べていても実際に行ってみると場所が分からなかったりする場合が多々あります。

特にヨーロッパなど古い街並みの中にホテルがある場合は、地図上では正しい場所を指していても実際は1本横の通りだったなんてことがあります。

そんな時、WiFiがあればすぐに細かな住所を調べたり、ホテルの連絡先を探したり、周辺の人にホテルの写真を見せて場所を聞くなど何とでも行動することが出来ます。

しかしもし仮にWiFiがない場合はいちいち近くのカフェに行ってWiFiにつなぎ情報を確認し、また分からなければ再度戻って確認するといった事をするハメになります。

「そんな事あるわけないでしょ」と思う方もいるかもしれませんが、海外旅行では意外とそんな事が普通に起こる のです。

 

海外WiFiなんていらないよという方々の意見

ここまで海外旅行におけるWiFiの必要性についてお伝えしてきましたが、一部で「海外旅行にWiFiは不要」という意見も散見されます。

そこで「不要」と言っている方々がどのような理由で不要と言っているのか を整理し、私の見解をお伝えできればと思います。

WiFi不要論①:フリーWiFiを使えば大丈夫

まずよくある理由の1つがこれです。たしかに海外は日本よりもフリーWiFiが発達している都市は多く、カフェやホテルだけで無く公共施設ではWiFiが使える場合もあります。

実際に私がレンタルWiFiなしで旅行に行った時は、ホテルやカフェのフリーWiFiをあてにしていました。

では実際どうだったか?

正直言ってめちゃくちゃ面倒ですし、WiFiを使いたいがためにカフェに入るなどして無駄に疲れた記憶でいっぱい です。

日本の日常生活で想像いただくと分かりやすいのですが、電車の中やエスカレーター、駅の待ち時間、レストランの待ち時間、空港の入国審査の待ち時間、、携帯が使えなかったらとっても不便ではないでしょうか?

フリーWiFiをあてにするということは暇つぶしにはスマホは使えないということを心得ておく必要があります。今の時代にそれって非常にストレスですし、もしかすると貴重な情報を逃してしまうかもしれません。

また上に挙げたように海外では思わぬトラブルが思わぬ時に発生します。そんな時にレンタルWiFiを持っていなかったら、、自分が実体験したからこそ、無駄かな?と思っても持って行った方が良いと思います。

 

WiFi不要論②:WiFiなんてなくても何とかなる!外人だって同じ人間だから!

これもよく聞く不要論ですが、何とかなるか否かは結果論でしかありません。もちろん人間というのは凄いもので、いざとなったら大抵の事は何とか出来てしまいます。

しかし私のナポリでの例のように帰りの飛行機に間に合わない可能性だってありえます。フリーWiFiが見つからず日本の家族になかなか連絡がとれず不安にさせてしまう可能性もあります。。

そして有事の際には情報が一切入ってこないなんてこともありえます。そういったリスクもあるという事は念頭に置いておく必要があります。

もちろん海外もみんな同じ人間ですが、人種も違えば文化も違いますし、我々日本人に対する意識も国によって大きく異なります

そんな状況であなたはインターネットの知恵なしに有事を乗り切る事ができるか?それを考える必要があると思います。

 

WiFi不要論③:地図もオフラインマップがあるから問題ない

地図といえばかつてはガイドブックを持ち歩いている人が多かったですが、最近ではグーグルマップなどのスマホのマップを活用することが多いと思います。

そのグーグルマップは凄いもので、なんと地図をダウンロードすることが出来るので、ネットが使えないオフライン環境でもいつもと同じように地図を使うことができるのです。

しかもGPSはネット環境がなくても使えるので、たしかに地図に関してはWiFiがなくても全く問題ないように思われます。

しかしこれが間違い

GPSはオフラインでも機能するが精度が違う

まずGPSですが、たしかにオフラインでも機能しますがオンラインとオフラインではその精度が全く異なります。オンラインではGPSがかなり精緻に場所を示してくれるので約5メートル以内くらいの誤差しか生まれません。

一方でオフラインの場合は人工衛星などの情報を元に場所を示すため約20メートルくらい誤差が発生する ことがあります。

するとどんなことが起こるか?

遠い異国の地で道に迷った時にオフラインだとしたら、自分の現在地を正確に知ることができません。するとどこに行くのが正解かも分からないですし、合っていても確証が持てなくなるのです。

ぜひご自分の携帯で、オフラインでのGPSが指す位置とWiFiに繋いだ状態で指される位置を比べてみてください。きっと誤差があるはずです。

オフラインではグーグルマップの一部機能が使えない

またもう1つ難点なのが、オフライン環境ではグーグルマップの「レビュー」を見る事が出来ません。他の方の評価や店内の写真など重要な情報が豊富なレビュー機能がオフラインでは見ることができません。

するとどうなるでしょうか?

仮にマップで良さそうなお店を見つけたとしても、本当に良い店なのか検討することもできないですし、外観を知ることも出来ないので、結局のところグーグルマップの貴重な情報が使えなくなってしまう のです。

今や海外旅行でも、ランチやディナーを探す際にグーグルマップやインスタで検索するというのは当たり前になってきています。そんな時にWiFiが使えないとなると探すのにも、行くのにも苦労してしまうのです。。

 

WiFi不要論④:そもそもWiFiは高い

最後の理由がこちらです。WiFiって高いからもったいないというもの。

こういう考え方は間違いなくやめた方が良いです。例えば先ほど紹介した私の体験談で「気になった事があったけど、WiFiがないので調べられなかった」という事があります。

せっかく海外旅行に行って、違う文化に触れて気になったことがあったのにその場で調べられない。それって非常にもったいない ことですよね。

またWiFiがないことによって何らかのトラブルに巻き込まれたりするとWiFi代金の何倍もの損失になります。そういった事を考えるとWiFi代金は決して高くはないのではないかなと考えます。

 

海外旅行でWiFiは必要?まとめ

今回は記憶の限りで、WiFiがなくて困った事に関してお伝えさせていただきました。快適な旅を送るのであれば万が一の事も考えてWiFiはあった方がいいと思います。

ですが、WiFi以外の方法で常時ネット環境を用意できるのであればそれはそれで問題ありません。(海外パケホーダイやプリペイドSIMなど)

ただ、海外パケホーダイはそれはそれでデメリットがありますし、プリペイドSIMもハードルの高さがありますので、手軽にネット環境を用意できるWiFiレンタル というのは個人的にはとても良いと思います。

\海外ネット環境に関する情報はこちら!/

海外旅行でのSIMカードの使い方!シンガポールで実際に使ったので注意点と使い方をお伝え

海外旅行でLINEを無料で利用するには?設定方法と高額請求を避ける注意点!

ドコモ海外パケットパックの使い方(申込方法)と注意点!絶対に高額請求を避けたい方に

海外WiFiとは?お得な理由は?海外旅行でネットを使う方法も丸わかり!

\ワンクリックでシェア/

ホテル予約で損しない!
ホテル予約サイトランキング

年間数カ国を訪れる管理人がこれまでの経験から厳選した、おすすめのホテルランキングをご紹介。

 

航空券予約サイトは罠ばかり!
格安航空券サイトランキング

格安航空券予約で損をしたくないなら、チェックいいただきたい内容です。