海外WiFi口コミ体験談!WiFiを持っていくべきなの?6つのエピソードから解説!

パンだ
海外WiFiって持っていくべき!みたいな事よく聞くけど、やっぱり持っていかないと不便なの?
ねっこ
どうなの?

海外WiFiに関する情報を見聞きして、このように思われている方もいるのではないでしょうか?

経験談から言わせていただくと、本当に持って行った方がいいです!

もちろん私自身、持っていかずに海外旅行に行った事もなんどもあるのですが、やっぱりあった方が便利です。

でも、「あったらいいよ」って事ばかり聞いても面白くないですよね。ですので今回は「あったらよかったと思った話」をお伝えしようと思います!

ねっこ
たしかにたまには違う角度の話も聞いてみたいな

ちなみにわたくし、WiFiなしで行ったのはフランス・イタリア・ベトナムです。期間はだいたい全部で3週間ほどです。

なくても何とかなったのですが、実際あったらよかったと何度も思いましたので、その時の記憶を頼りに綴ってみます。

 

その1 本に書いてある情報が古かった時

これは正直あったらよかったというより、なくて相当焦った話です。

イタリアに旅行に行っていた私は、イタリアのナポリからフランスに移動するために現地でLCCを予約していました。

ナポリ

空港へはガイドブックに書いてあった通り、バスでいく予定でした。

当日朝、空港まではバスで20分くらいなのでフライトの1時間前くらいのバスに乗ろうとガイドブックに掲載されていたバス乗り場へ行きました。

空港との距離感

でもそこで事件が起こったんですね。

 

来ない。

バスが来ない、バスは来るけど空港行きのバスは全く来ない。

バスを待っていたナポリ駅付近

これはもう焦りました。何度ガイドブックを見てもガイドブックの通りの場所にいるのにバスが全く来ない。周辺をぐるりと一周してもバスはいなかったのです。

 

でも海外旅行もそれなりに経験していた私はとりあえず道行く人に尋ねまくりました。ただこういう時、意外とみんな冷たいんです。誰も教えてくれません。というか知らない?という感じ。

とはいえやっとのことで交番を見つけて道を聞くことができました。グラッチェと言いながらホッとして意気揚々と言われた通りの場所へ行きました。

 

やっぱりバスが来ない

 

なんと警官に教えてもらった場所に行ってもバスが来なかったのです。フライトのもう40分前でした。

これはめちゃくちゃ焦りました。

そして焦りまくってそのへんにあるホテルにかたっぱしから聞きに行きやっとのことでバス停を発見し、ギリギリでフライトに間に合ったのですが、この時は心底WiFiがあれば直ぐに調べられたのにと思いました。

 

パンだ
大変だったんだね〜
ねっこ
でも、タクシーでいけばよかったんじゃない?

と思いますよね。私もバカじゃないので、それくらいは考えました。

タクシー止めます→値段聞きます→車で15分の距離を50ユーロ(7,000円くらい?)と言われるんですね。

こっちが焦ってるのをいいことにぼったくる気まんまんなのです。

バスで行けば3ユーロくらいです。

 

こんなことがあったりするので、WiFiはもしもの時の備えとして持って行った方が安心です。私は危うくフランスに行けないところでした。

 

その2 調べて行ったつもりが、あれ?となる時

これもよくあるパターンです。

WiFiがない場合、私はWiFiが繋がっているホテルやカフェでここぞとばかりに次の目的地の情報収集を行います。

でも、実際に準備万端と思って目的地に行ったときに「あれ、これってどうするんだっけ?」というのがほとんど必ずと言っていいほど出てくるのです、、!

イタリアの田舎の方で高速バスに乗ったときのことです。「あれ、切符を買ったのはいいけどこれどこに入れるの?みんな入れてないしどうしたらいいの?」

こんなバスだった気がする・・・

ということがありました。実際にはバスの中にある、機械みたいなのに通せばいいのですが、バスに乗ってくる人で通してない人も多かったためどうなってるの?となってしまいました。

結局ホテルに帰って調べてみると「あ〜そうだったんだ」となるのです。

こんなときWiFiがあればパッと調べてなんの不安もなくバスに乗ってられますよね。

パンだ
あーたしかにバスとかって日本国内でも困るときあるし、そんなときはWiFiがあった方が安心かもしれないね!

 

その3 ひまなとき

海外に行ったことがある方は共感できる方もいるかと思いますが、なんだかんだ海外でもひまな時ってありますよね?

例えば何かの乗り物に乗るのを待っている時や、入場を待っている時。けっこうひまなんです。

そういった時にWiFiがなければ、ただぼーっとしているか一緒に来ている友人たちと話すかなのですが、少人数とかの場合案外話すこともなくなってきたりするんですね。

そんな時、WiFiがあればゲームも出来るし・インスタやツイッターもできるしあったらいいなあと思った瞬間でした。

ねっこ
たしかにインスタとかの更新するならそのタイミングがいいね

 

その4 道に迷った時

これはもう一番多いと思いますが、道に迷った時ですね。ヨーロッパは特にそうですが、けっこう狭い路地がたくさんあるのです。

でもそういう狭い路地ってけっこう魅力的だったりするんですよね。

そこで、思いのままに路地を進んでいってしまうともう大変です。

あれ、ここはどこ?」状態になります。

海外は日本のようにドカーンとなっている大通り的なものがあまりなかったりします。(フランスのシャンゼリゼ通りみたいなのがたくさんあればいいのですが、あまりないです)

しかもヨーロッパとかだと景観に厳しく、建物の高さ規制がされていたりして「全部同じに見える」んですね。

こうなってしまうともうマックやカフェに行ってWiFiにつなぐか、かたっぱしから道を聞いていくしかないのです。

パンだ
でもGPSはお金かからないんじゃないの?

そうです。GPSは料金がかからないらしいのですが、どんな情報をみてもあいまいなため「もし大量に請求されたら」と思うと利用する勇気がなかったのです、、

でもこんな小さな不安もWiFiさえあれば全く問題ないんですよね。

 

その5 気になったことがある時

これよくあります。気になった時というより、知りたくなった時ですね。海外に行くと日本では見ないようないろいろな建物や食べ物・風習などに遭遇します。

そういう時って必ず「なんでこうなってるんだろう?」「これってどんな歴史があるのかな?」って知りたくなりますよね。

もしWiFiがあったらそんな時に、直ぐに検索できるんです。なかったらもやもやしたままWiFiの使える場所までいってそそくさと検索することになるんですね、、。

特に私がそれを感じたのはローマ郊外にあるティボリという町にあるハドリアヌス帝の別荘「ヴィラ・アドリアーナ」というところに行った時です。

ここはハドリアヌス帝の建てた広大な別荘跡なのですが、広大すぎるが故、特に音声案内とかはなくポツポツと案内板があるくらいなのです。

世界遺産なのに、です。世界遺産になるくらいなので当然素晴らしいものがたくさんあり、知的好奇心は湧いてくるのですが「調べられない」

これはとてもストレスになりましたし、なにか損した気分にもなりました。

この時に「WiFi持っていればよかった」と心底思いました。

あと基本、美術館などでも音声ガイドは高いので私はつけません。そのため、気になった作品だけネットで検索するのですが、WiFiがなければそういった事もできないので不便だなと思います。

 

その6 発展途上国に行く時

海外では発展途上国であっても日本よりもフリーWiFiが発達しています。そしてもちろんホテルなどにはほとんどの場合、WiFiがあります。

そんな情報ってよく耳にしますよね?そしてこの情報は嘘ではありません。

ただ、注意点があるのです。

海外のWiFi、特に発展途上国の場合電波がめちゃくちゃ不安定な場合があります。

もし仮にWiFiを持たずに発展途上国に行き、滞在先のホテルのWiFiの電波が不安定だったらもう最悪です、、。

これは実際に経験あるのですが、現地に到着した事さえまともに親族や友人に連絡できません。こちらはいいですが、連絡を待っている方は何があったのだろう?と心配になりますよね。

そういった意味でも発展途上国に行く場合は、WiFiを持っていた方がいいなと痛感しています。

 

まとめ WiFiがなくていい事もある

いかがでしたでしょうか?今回は記憶の限りで、WiFiがなくて困った事に関してお伝えさせていただきました。快適な旅を送るのであれば万が一の事も考えてWiFiはあった方がいいと思います。

しかし、WiFiがない事によってこの「苦労した経験」や「WiFiがあれば何でもなかった経験」というのが自分の思いでになったりします。

そして何より「頼るべきものが自分しかない」という状況になる事である種の「スリル」を感じることができます。

ですので、根っからの旅行好きの方はWiFiなしでもいいかもしれませんね♪