関空ピーチに乗る時(第二ターミナル)の駐車場はどこ?半額で使える方法も紹介!

パンだ
今度関空からピーチに乗りたいんだけどどこの駐車場に行けばいいんだろう?

関西国際空港からピーチで旅行される方、多いのではないでしょうか。実際旅行に行く際に、お車を使っている方が気になるのが「駐車場どうしよう」ということですよね。

そこで今回は、関空からピーチに乗る時の駐車場に関してご説明します。また、安く使える方法もあるのでそれについてもご紹介していきます。

ピーチのターミナルはどこ?

パンだ
ピーチっていつも使ってるターミナルでいいんだっけ?
ねっこ
なんか違ったような気もするな〜

そうです、ピーチのターミナルは普段多くの方が使っているターミナル(第一ターミナル)ではなく、ピーチなどのLCCのために作った第二ターミナルを利用することになります。

 

ねっこ
へ〜第二ターミナル。で、それはどこにあるの?

第二ターミナルの場所はこの地図を見ていただくとわかり易いかと思います。

地図上の青いところが第一ターミナルで、ピンクのところが第二ターミナルとなっています。

第一ターミナルと第二ターミナルの連絡バスがあるのですが、その所要時間が7〜9分となっていることからも、この2つのターミナルがけっこう離れているということがお分かりになるかと思います。

パンだ
なるほど。これを見ると第二ターミナルの目の前にある駐車場を使うのが良さそうだね〜。

この第二ターミナルビルの目の前にある駐車場が、ピーチを使う時に適した駐車場です。この駐車場の名前は関空P5駐車場です。

この画像を見ていただいた方がいいかと思うのですが、この左上の駐車場が関空P5駐車場となっています。ピーチを使う時にはこの駐車場が最も近いので、ここを使ってください。

パンだ
ここ以外だとダメなの?

もちろんP5以外の駐車場を使ってもいいのですが、P5以外の駐車場は全て第一ターミナルにあるため、車を降りて連絡バスに乗る必要があります。

せっかく車で来たのにまたバスに乗らないといけなかったら車で来た意味がないですよね。そういう理由からもP5駐車場が絶対にいいかと思います。

 

関空駐車場料金表

P5駐車場を含めた関空の駐車場はこのようになっています。

    普通車(P1〜P5共通)
通常料金 15分ごと
※入庫から30分以内は無料
100円〜110円
6時間15分〜24時間 一律2,570円
最大料金 24時間超
(2 日目以降)
1日最大1,540円加算
144時間超
(7日目以降)
1日最大1,030円加算

少し分かりづらいですが、1日目は最大2,570円で、2日目以降は1,540円ずつ加算されていくようですね。※二輪駐車場はP5にはないので、P1〜P4をご利用下さい。

またP5駐車場の収容台数は300台となっています。「少ない」と感じるかもしれませんが、ほとんどの場合で満車になることはないようです。

このページで、混雑状況を見ることができます。

ねっこ
け、けっこう高いな

そうですね。関空の駐車場はなかなか高い水準となっています。しかし、この関空の駐車場ですが割安で利用できる方法があるのです!

 

関空駐車場使うならKIX-ITMカードは必須

関空の駐車場を使う方であればこのKIX-TIMカードへの入会は必須です!このカードを利用すれば駐車場の代金を25%オフで利用することができるのです。

しかもこのカード、無料で入れて年会費ももちろんかかりません。持ってないのが損なだけです。また、このカードを持っていると1回関空からフライトするごとに10ポイントたまり、40ポイント貯まると駐車場代金が24時間分無料になります!

 

パンだ
そうなんですね。めっちゃお得ですね、、!

KIXカードにはここから入会することができます。

当日でも申し込み可能

このカードは事前にインターネットで申し込んで関空のカウンターで受け取る仕組みとなっています。

受け取りカウンターは24時間営業のため、最悪出発当日に申し込んでも申し込み番号を控えてカウンターに行けばカードを受け取ることが可能です。

 

 

 

受け取り場所について

 

レシート割引もあります

ちなみに割引額が少ないですが、レシート割引もあります。

これは、旅客ターミナルビル・エアロプラザ・ホテル日航関西空港・展望ホールの各店舗で総額3000円(税込)以上利用した場合に2時間駐車場が割引になるサービスです。

レシートを持ってKIXカードのカウンターに持っていけばそこで駐車券2時間分のサービスカードを受け取ることができます。

まとめ

今回はピーチを利用する際の駐車場についてご紹介しました。意外と知らないお得情報もあったかと思いますが、こういった情報もしっかり活用してお得に旅をしていただければと思います。

それでは。