【2017年版】コスパで考える韓国WiFiレンタル本当におすすめなのはどれ?

韓国旅行に行くにあたり、WiFiをレンタルしようと思っている方も多いかと思います。韓国は格安の共用(パブリック)WiFiが発達していて、自分でWiFiを持っていく必要はないという情報も散見されます。

しかしパブリックのWiFiというのは「悪意を持った誰かに」「情報を盗られる」という可能性はどこまで行っても否定できません。

そのため、フリーWiFiやパブリックWiFiが発達している国であっても利便性のいいモバイルWiFiを日本でレンタルするのがいいかと思います。

そこで今回は、韓国旅行に行く際にオススメのWiFiを、当サイトのコンセプトである”コスパ”を考えてご紹介したいと思います。

パンだ
韓国は日本から旅行に行く方も多いから情報があると嬉しいね♪

ちなみにですが「WiFiってなに?料金計算はどうなってるの?」とか「選ぶときにどういう基準で選べばいいの?」ということが疑問な方はこちらの記事↓も見てみてね♪

<損しないで!>初心者必見”海外WiFiレンタル”の賢い選び方

2017.03.14

はじめての海外WiFiレンタル手取り足とり<海外WiFi借りるまでの手順と注意点>

2017.03.08

海外WiFiとは?お得な理由は?海外でネットを使う方法も丸わかり!

2017.03.02

 

韓国でオススメのWiFiは4社で比較

韓国旅行にオススメのWiFiはこれからご紹介する4社で比較していきます。

パンだ
なんで4社なの?

韓国で使えるレンタルWiFiを提供している会社は4社以外にも何社かあるのですが、他の会社は比べるほど料金やサービスがよくないので絞って4社にしています。

ねっこ
たしかに多すぎると決めらんないもんな〜サンキュー!
料金は当サイトからお申込みいただいた場合の料金となっており、通常の公式ページから入ると下記に記載の料金より割高となる可能性があります。※見積もり画面で割引が確認できます。

比較1|イモトのWiFi/グローバルWiFi

ブランド名 イモトのWiFi
グローバルWiFi
容量 500MB/日 1GB/日 250MB  500MB 
3G料金/日  ー ー 
4G料金/日 540円 1,100円  636円 921円 
空港受取料 0円 0円  0円 0円 
(宅配の場合) 返却のみ実費 返却のみ実費  返却のみ実費 返却のみ実費 
補償オプション 200円 200円  285円 285円 

申込期限
※空港受取の場合

前日17時 前日17時※ 前日15時
※当日の場合は値上がり 
前日15時
※当日の場合は値上がり  
合計/日(税抜) 740円/日 1,300円  921円 1,206円 

※申込期限は出発時間により異なります。詳細はご自身でHPにてご確認ください。

比較2|韓国データ/Wi-Ho!

ブランド名 韓国データ
Wi-Ho!

容量 400MB/日 250MB  500MB 
3G料金/日  ー ー 
4G料金/日 690円  750円 1,050円 
空港受取料 0円  0円 0円 
(宅配の場合) 0円 540円 540円
補償オプション 200円  200円 200円 
申込期限
空港受取の場合
前日 前日正午
※空港により異なる 
前日15時
※空港により異なる  
合計/日(税抜) 900円/日  950円 1,250円 

 

以上が各社の料金及びその他情報の比較となります。

ねっこ
あ、あと海外WiFiは本体には税金がかからないんだよな。だから税抜き金額で表示してるけど税込でもほぼ一緒の金額だよ!
海外WiFiのレンタルに際して「本体代金」には課税されません。オプションや受取手数料にのみ消費税がかかります。

 

コスパを考えるとイモトのWiFiが最もお得!

比較表を見ていただくと分かる通り、韓国旅行にオススメなレンタルWiFiはイモトのWiFiとなります。イモトのWiFiは500MBという大容量のWiFiにも関わらず他社と比べ最安となっています。

パンだ
容量っていうのは、1日で使える通信料の上限ってことだね♪500MBあれば何も気にせずネットを使えるくらいの容量だよ

ちなみに現在イモトのWiFiでは「満足できなければ全額無料キャンペーン」を実施しています。はじめてイモトのWiFiを使ってみようかなと思っている方はこのキャンペーンを利用してみても良いかもしれません。

また、イモトのWiFiは申込期限も各社と比べて最も遅いので急に必要になった場合でも安心です。そして何より私も今までなんども使ってきたので安心してオススメできます。

ですので、「迷うな〜」「分からないな〜」と思った場合は、イモトのWiFiを選んでおけばまず間違い無いかと思います。

 

ねっこ
そういえば、3Gがないみたいなんだけどなんでだ?

たしかに韓国で使えるWiFiには3Gのプランがありません。これは明確な理由は定かではないですが、WiFiが発達している韓国ではモバイルWiFiも格安で契約ができているからではないか?と勝手に推測しています。

一部サイトで、「韓国データ」はWiFiの容量制限がないという旨の書き込みがありますが、韓国データの容量制限は400MBです。HPにしっかりと記載されていますのでご注意ください。

韓国旅行には変換プラグを持って行こう

WiFiやスマホの充電などをする際に、電源を使用するかと思います。しかし、海外ではほとんどの場合日本の充電器をそのまま使うことはできません。

ねっこ
コンセントの穴の形状が違うからだね!

韓国で日本の充電器を使う際にも諸外国と同様にそのまま使うことはできません。そのため、韓国旅行に行く際には「変換プラグ」というものを持っていく必要があります。

ねっこ
海外のコンセントの形状はいろいろあるんだよな

はい、海外のコンセントのタイプには色々あります。そのため、渡航先の国のコンセントのタイプに合った変換プラグを持っていく必要があります。

パンだ
そうなんだね〜、で韓国にはどのタイプが必要なの?

韓国では「SE」タイプが主流とされています。そのため、SEタイプの変換プラグを持っていけばまず間違いありません。

出典:Amazon

Amazonで500円くらいで売っています。画像をクリックで一番安そうな変換プラグに飛べるようにしていますので、探すのが面倒な方はみてみてください!

また変換プラグについては下の記事で詳しくご説明していますのでもっと詳しく知りたい方はご覧になってください。

海外旅行での変圧器・変換プラグの常識と変圧器レンタルについて

2017.04.28

 

WiFiレンタル会社によってはレンタルしてくれるところも

ちなみにこの変換プラグですが、WiFiのレンタル会社によってはオプションという形で変換プラグをつけてくれるところもあります。

今回比較しているWiFiで言うと、グローバルWiFiでは1日あたり50円ほどで変換プラグをレンタルしてくれます。ですので、どうしても自分で用意するのが面倒だ!という方は、グローバルWiFiでWiFiを借りてオプションをつけてみてはいかがでしょうか?

 

韓国でもっと安くWiFiを使う方法は?

今回はここまで、海外WiFiレンタルを利用することを前提としていろいろとご紹介してきましたが、「WiFiってちょっと高いな〜」と思っている方もいるのではないでしょうか?

そんな方にはとっておきの方法があります。

コンビニで買えるプリペイド式WiFiアクセス権

実は韓国にはolleh wifiという共用のパブリックなWiFiが街の至る所で飛んでいます。

パンだ
共用のWiFi〜?どういうこと?

共用のWiFiというと分かりにくいかもしれませんが、日本でも駅などではWiFiがありますよね。

そういったWiFiが街の至る所に飛んでいて、コンビニなどで売っているプリペイド式のアクセス権を買えばその共用WiFiを利用することができるというものなのです。

もちろん、ホテルやカフェなどではフリーWiFiと呼ばれる無料で使えるWiFiもあるのですが、それとは別にもう少し利便性のいいWiFiがあるのです。

このようなカードがコンビニに売っている

このようなカードが韓国内の全国のコンビニに売っていてそこに書かれてあるPINコード(パスワード的なもの)をWiFiが飛んでいるところで入力すればWiFiにつなぐことができます。

詳しくはHPに書かれていますのでご興味のある方はみてみてください。HPはこちら

値段は1日あたり3300ウォンとなっており日本円で300円ほどなので、WiFiレンタルをするよりも安い金額となっています。

パンだ
へ〜めちゃめちゃ便利だね!それならWiFiレンタルしなくてもいいんじゃないの?なんかリスクがあるの?

たしかに、このWiFiは非常に便利でなおかつ安いのでお得なのですが「共用」のWiFiなので、赤の他人も同じ回線にアクセスすることができます

その場合、もし悪い人がいると「暗証番号や個人情報を抜かれてしまう」というリスクがあります。

また、全国各地にWiFi網はあるもののあくまで共用のWiFiなのでどこでも絶対につながるかというとそういう保証はできませんし、速度もレンタルWiFiよりも遅くなります。

ですので、WiFiはほとんど使う予定はないけど「ちょっと使いたいな」くらいで考えている方には最適な方法かと思います。

 

ねっこ
ちなみに、携帯会社(auとかdocomo)の海外パケホーダイはWiFiと同じくらい使おうとすると1日3,000円くらい必要だからやめておいたほうがいいぞ

 モバイルバッテリーは持っていきたい

もし海外WiFiをレンタルするのであれば、モバイルバッテリーは持っておいたほうがいいかと思います。というのも、WiFi自体の充電が持つのがだいたい4〜5時間だからです。

もちろん、常時電源をONにしていなければ1日くらいモチますが、ずっと使用しているのであればどこかのタイミングで電池が切れてしまう可能性があります。

せっかく持っているWiFiも電池がなくなれば使い物にならないので、電池切れが心配という方はモバイルバッテリーを持っていく事をオススメいたします。

パンだ
使わないときは切っておいたほうがいいかもしれないね!モバイルバッテリーは、文字通り「持ち運び式の充電器」だよ♪ アマゾンなどで「モバイルバッテリー」と検索すればたくさん売っていますので見てみてください。
ねっこ
あ、あとモバイルバッテリーはWiFiレンタル会社で貸し出しもしているからどうしても買いたくないという人は検討してみてもいいと思うよ!ただ、モバイルバッテリーがあればスマホも充電できるし、買うほうがお得じゃないかな。

 

まとめ

今回は、韓国で使う海外WiFiのオススメについてお伝えさせていただきました。

韓国は比較的WiFiの発達している国ですが、利便性やセキュリティなどを考えると海外WiFiを持って行くのがいいと判断される方のほうが多いのではないかと思います。

海外WiFiレンタルは、国によって一番安いレンタル会社が異なる場合が多いです。韓国に関してはイモトのWiFiが最もお得であるという事がわかりましたので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

<iPhone編>海外旅行でWiFiを使うときのスマホ設定方法(画像付き)!

2017.03.16

それでは。