サクっと読める!海外旅行保険の選びかたとクレジット付帯保険との違い

海外旅行に行くなら海外旅行保険に入った方がいいよ!とは聞くけれど海外旅行保険って何を見てどこで入ったらいいかイマイチ分からないですよね。

しかも、クレジットカードはクレジットカードで保険が付いているしどの保険に入ったらいいか分からないというかたも多いでしょう。

そこで今回は、海外旅行保険に入る際の賢い選びかたと「クレジットカードの保険と何が違うの?」ということに関してサクサクっと簡潔にご説明したいなと思います。

 

海外旅行保険の種類

海外旅行保険には大きく分けて2つの種類があります。

1つが海外旅行に行く際に入っておけば安心な保険をパッケージとしてまとめているパッケージ型保険

もう1つが自分で必要な保険を選択するセレクト型保険。海外旅行保険はこの2種があります。時代の流れとしては、昔からあるのがパッケージ型で、近年流行り出したのがセレクト型保険です。

パンだ
クレジットカードは最初から補償内容が決められているからパッケージ型になるね。じゃあここでそれぞれの保険のメリット・デメリットを説明していくよっ!
<海外旅行保険タイプ別メリット・デメリット>

パッケージ型

メリット
海外旅行に必要とされるであろう保険が満遍なく漏れなく用意されている。自分では何も分からないという方や、少々高くても万全の態勢で海外に行きたいという方にはおすすめ。

デメリット
満遍なく用意されているので、場合によっては不要な保険まで入っていることがある。どれか1つの補償を手厚くしようとすると他の補償も手厚くなるため、全体的に保険料が高くなる。

 

セレクト型(一般的にはリスク分散型と呼ばれる)

メリット
自分が必要だと考える補償だけを付けることができるため、安価で保険に入ることができる。

デメリット
必要な保険を自分で選ばなければならないため、はじめての海外旅行では大変な場合もある。

パンだ
パッケージ型は基本的には旅行代理店の窓口などで受け付けているよ。反対にセレクト型はほとんどの場合、ネットでの申し込みになっているんだ♪ セレクト型はネットでの申し込みだから金額が安価に抑えられる理由もわかるよね♪

 

セレクト型とパッケージ型どっちがいい?

それで結局どっちを選べばいいの?ということになるかと思います。個人的な経験に基づく考えですが、よっぽど危険な地域にいくのではない限りセレクト型で大丈夫ではないかと思います。

というのも、どういった点を考慮すべきかということはこの後お伝えさせていただきますが、海外旅行で不安なポイントはかなり限られているからです。

パンだ
海外旅行保険で気をつけるべき点が何なのか分かっていれば入っておくべき保険はそんなに多くないということが分かるはずだよ♪もちろん、物事にゼッタイはあり得ないから十分に検討する必要はあるけどね♪

海外旅行保険、見るべきポイント

それではここからは、主にセレクト型の保険を検討されている方のために、海外旅行保険のみるべきポイントをお伝えしていきたいと思います。

まず先に海外旅行保険の代表的な保険項目を見てみましょう。

補償名 補償内容
傷害死亡・傷害後遺障害 事故で死亡もしくは後遺症が残った時の補償
疾病死亡 病気で死亡した時の補償
治療費 ケガや病気の治療費補償
賠償責任 物を壊したり、他人をケガさせたりした時の補償
携行品損害 持ち物が壊れたり盗まれた時の補償
救援者費用 何らかの理由で家族が現地に助けに来なければならなくなった時の補償
航空機寄託手荷物遅延等費用 手荷物が別の場所に送られたりした際の補償
航空機遅延費用 飛行機が遅れたことによる損害の補償

海外旅行保険のおおまかな保険項目は以上のようになています。

パンだ
いろいろあるね♪どれも重要そうな項目だけど、どの項目を見ていけばいいのかな??

旅行の内容によって見るべきポイントは違う

どの項目が重要かというのは、実はあなたがどんな旅行をするかによって異なります。例えばもしあなたがまだ年齢も若く健康であるならば、疾病死亡補償などの心配はあまりないでしょう。

しかし、海外でスカイダイビングをするなど万が一命の危険が伴うアクティビティをする予定なのであれば、万が一に備えて死亡補償なども必要でしょう。

このように、「どんな旅行内容で、自分がどんな健康状態で、旅行先ではどんな犯罪・被害が多いのか」ということを考えて保険を選ぶとあなたに合った最適な保険にリーズナブルに加入することができます。

<海外旅行保険に加入する際に考えるポイント>

  • 旅行先の治安はどうか
  • 旅行先の国ではどんな犯罪が多いのか
  • 旅行はツアーで行くのか個人で行くのか
  • 旅行先で訪れるのは都市部なのか田舎なのか
  • 旅行先でどんなことをするのか
  • 持病はあるのか
  • クレジット付帯の保険内容はどんなものか

クレジットカードを持っている場合

クレジットカードを持っている場合は、クレジットカードに付いてくる付帯保険の内容を確認して「それで十分なのか」「付いてないけど必要な補償はないのか」などを確認しましょう。

パンだ
例えば治療費補償などは海外ではすぐに100万円を超える額が必要になったりするから300万円くらいの補償はあったほうが安心だよ♪ 

自分のクレジットカードの補償内容がどうなっているか必ず確認しておこう♪

 

スポンサーリンク

クレジットカード付帯保険と保険会社の保険の違い

クレジットカードに保険付いてるし、補償も十分だし保険会社でわざわざ加入しなくていいや。と思っている方もいるかもしれません。

ただそんな方に最後に、クレジットカード付帯保険と保険会社の保険の違いについて少しだけ知っておいてほしいことがありますのでお伝えしたいと思います。

クレジットカード付帯保険はキャッシュレスサービスではない可能性

ん、なんのこと?と思われた方もいるかもしれませんが、これは非常に重大な問題です。

パンだ
キャッシュレス診療というのは、万が一海外で病院に行かないといけなくなった時に、病院で「現金を建て替えることなく診療を受けられるサービス」のことなんだ。

この便利なキャッシュレス診療ですが、クレジットカードに付いてくる海外旅行保険にはキャッシュレス診療に対応していない場合もあるのです。

つまり、お手持ちのクレジットカードの保険がキャシュレス診療に対応していない場合、診療に数百万かかるとしても自分で立て替えなければならないのです。

これは非常に重大な問題です。

下にキャッシュレス診療に対応している大手のクレジットカードをご紹介しますので、もし仮にキャッシュレス診療に対応していないクレジットカードをお持ちの方は保険会社の海外旅行保険に加入しておくことをオススメします。
※以下にないカードの場合でも対応している可能性もあります。各自ご確認ください。

 

キャッシュレス診療に対応しているクレジットカード

  • 三井住友VISA
  • JCB
  • セゾンカード
  • エポスカード
  • JALカード
  • 楽天カード
  • MUFカード
  • ライフカード
パンだ
有名どころのカードは今はほとんどキャッシュレス診療に対応しているよ♪ちょっぴりおどかしてごめんね。だけど重要なことだからしっかり確認しよう。

あと、さっきもご説明したけどクレジットカードの補償だけでは十分じゃない可能性もあるからその点もチェックだね!

 

スポンサーリンク

オススメの海外旅行保険

最後にオススメの海外旅行保険会社についてご紹介しようと思います。私がオススメするのは「損保ジャパン」が運営する「新・海外旅行保険off」という海外旅行保険です。

この保険は損害保険の大手である損保ジャパンが運営する海外旅行保険で、2016年の海外旅行保険満足度調査で1位になっている大手の保険サイトです。

この保険サイトの特徴は何と言ってもサイトが見易い分かりやすいということにあります。

値段が安いのはもちろんなのですが海外旅行保険のサイトは使いづらいサイトが多いのです。しかしここは非常にサイトが使いやすく見積もりも自分ですぐに試算することができます

正直ここまで使いやすい会社は他にないので、オススメです。実際のお客様の声なども掲載されていますので、迷われている方は参考になるかと思います。

パンだ
ちなみに申し込みは当日まで大丈夫だから、「もう出発前日だよ・・」という方もご検討してみてくださいね♪

海外旅行に不安のある方は「はじめての海外旅行に行く人のための全手順!準備物?両替は?必要な手続きは?」という記事を参考にしてみてください。海外旅行に行くまでの全手順を掲載しています。