海外旅行に備えてクレジットカードを申請したけど落ちた場合どうする!?

このサイトでも何度も言っていますが、海外旅行に行くのであればクレジットカードを持っていくのは非常に重要です。※えっ!?持っていかないつもり?海外旅行にクレジットカードが必要な5つの理由という記事で詳しく記載しています。

経済的にもセキュリティ的にも万一の事態に備えてもクレジットカードは非常に重要なツールです。マストアイテムと言っても過言ではないでしょう。

しかし、そのクレジットカードの審査に落ちてしまった場合もあるかもしれません。今回は海外旅行前に審査に落ちてしまった場合にどうすればいいのかお伝えできればと思います。

 

優先事項1 審査の甘いクレジットカードに申請

クレジットカードの審査に落ちた場合の基本動作は、審査基準の甘いカードに再度申し込むということ

まずはこれに限ります。というのも、クレジットカードはあなたの職業やこれまでの利用履歴、ローンの状況など様々な諸条件を鑑みて審査を行っています。

しかしその審査基準というのは会社によって大きく異なっているのです。そのため、あるクレジットカード会社の審査に落ちても別の会社なら通るということも普通にありえますので別の会社に申請するのが基本動作となります。

ちなみにクレジットカードは現在1,000種類以上はあるとされています。それだけ膨大な数のクレジットカードがあるので、ほぼ確実にあなたが申し込んで落ちてしまったカード会社よりも審査が甘いクレジットカードはゼッタイにあるはずなのです。

 

審査激甘!困ったらこのカード(使いやすい、通りやすい) 

一度審査に落ちたら時間的にもかなりタイトになってきますので、次の審査は落ちれないですよね。そのため一度審査に落ちたのであれば審査が通りやすいとされているクレジットカードに申し込んでみるのがオススメです。

そしてその審査がかなり甘いとされているのが、楽天カード です。楽天が発行しているクレジットカードなのですが、このカードはとにかく審査が優しいため初めてクレジットカードを作る人にオススメのクレジットカードとなっています。

なぜ楽天カードの審査が甘いのか?というとそれは以下のような理由で楽天側にとってもメリットになると考えられます。

・100円につき1円楽天ポイントが貯まるのでカード利用者が増えれば楽天利用者も増える
・会員データが多いとマーケティングに活用できる
・会員数が多い=信頼があると考えられる

こんな理由が考えられます。楽天としてはクレジットカードの審査を甘くしてでもたくさんの人に会員になって欲しいので審査が甘くなっていると考えられます。

 

楽天カード以外にも審査が甘いカードはあるが・・・

ちなみに単純に審査が甘いカードということで考えれば他にも審査が甘いカードもありますが、それらのカードはオススメしません。

なぜなら、サービス内容がしょぼいからです。

えっ!?持っていかないつもり?海外旅行にクレジットカードが必要な5つの理由という記事で海外旅行にクレジットカードを持っていくべきとお伝えしているのは以下の5点の理由があるからです。

<クレジットカードを持っていくべき理由>
① 海外で現金を持ち歩くのは危ない
② 海外旅行保険がついて来てお得!
③ とにかく支払いが便利・簡単・お得!
④ 不当な扱いを受けるのを避けられる
⑤ 現金が必要なら引き出せばOK

これらの理由から海外旅行にはクレジットカードを持っていくべきとお伝えしています。特にこの中でも大きいのが③の支払いが便利でお得というところです。

クレジットカードというのは、利用するごとにポイントが貯まるのですが楽天カードはそのポイントが1%となっていて、この審査激甘系カードの中では群を抜いて高いカードとなっています。100円使うと1円ポイントが貯まる計算です。

多くのカードではこのポイントはだいたい0.5%ですので、楽天カードの2分の1になります。海外旅行に行くと少なくとも旅費を合わせて10万円以上は使うはずなので、このポイント還元率が違うだけでもかなりの差になるのです。

 

楽天カードに申し込むとお得がいっぱい

またポイントだけでなく楽天カードがオススメの理由が、「申し込むとお得がいっぱいだ」ということです。どういう事かというと、それは入会キャンペーンです。

楽天のCMを見た事がある方もいるかと思いますが、楽天カードではほぼ常にと言っていいくらいにいつも何かしらのキャンペーンを行っています。(例えば1万ポイントプレゼントなど)

そうなるとどうなるかというと、楽天カードは年会費も入会費も全部タダなので入会キャンペーンで仮に1万ポイントなど貰うとそれがそっくりそのまま自分のお金になるのです。

つまりタダで1万円手に入れられるのと同じなのです。これは非常に大きいですよね。他者でもキャンペーンはよく行っていますが、無料のカードでしかもこれだけのプレゼントをつけてキャンペーンを行っているのは楽天カード以外に見た事がありません。

そのため初めてのクレジットカードとしてはかなりオススメなクレジットカードなのです。下記の通り現在もキャンペーンを実施中です。

ちなみに楽天カードを楽天市場で使えばいつでもポイント4倍になるので、楽天市場をよく使うという方にとってはマストアイテムなのではないかなと思います。

 

クレジットカードが届くのがめちゃくちゃ早い

楽天カードの話ばかりで申し訳ないのですが、もう1つ重要な事があるのでお伝えしておきます。クレジットカードというのはご存知の通り審査があるため、すぐに手に入るものではありません。

通常のクレジットカードの場合、申請してから審査を受けてそのあと手元にカードが届くまで約1ヶ月必要とされています。

しかし楽天カードはこの審査→発行のスピードが他のどんな会社よりも格段に早いため、申し込んだらすぐにカードが手元に届くのです。

通常のクレジットカード→約1ヶ月
楽天カード      →約1週間

なんとこれだけの差があるのです!

海外旅行前というのは意外と時間がないので、カードの発行時間も気にする必要がありますが、楽天カードはその発行時間もトップクラスであるため非常にオススメなのです。

パンだ
まだまだ他にも楽天カードがオススメな理由は普段使いがしやすいとか、カードのデザインが可愛いとかいろいろあるのですが、その話ばかりになってしまうのでここでは割愛させていただきますね。気になる方はHPをご覧ください。楽天カード

 

優先事項2 デビットカードを用意する

クレジットの審査に落ちたときのもう1つの解決法はデビットカードを用意する事です。

デビットカードというのは、クレジットカードのようにお店などで使えるのですがクレジットカードと異なる点が点あるのが特徴です。

<デビットカードとは>
・使ったお金は即時引き落とされる
・使える限度額は銀行口座に入っている分だけ

この点が特徴になります。クレジットカードは多くの場合月末締めの翌月末払いとなっています。(つまりその時お金がなくても大丈夫)しかしデビットカードは使った瞬間にお金が引き落とされるという特徴があります。

海外旅行においてクレジットカードを持つべき理由の1つは「現金を持ち歩かない」という理由なので「デビットカード」も現金を持ち歩かずに決済をする事ができるカードになります。

また使ったお金もすぐに自分の口座から引き落とされるので、お金の出入りが分かりやすいというところもデビットカードのポイントです。

 

審査がない/または通りやすい

デビットカードの特徴としてはもう1つ審査が通りやすい(またはない)ことです。クレジットカードではどんなカードでも何かしらの審査がありますが、デビットカードは「自分が今持っているお金」以外は使う事ができないので基本的に審査がかなり甘いか、審査自体がありません。

楽天カードはクレジットカードの中ではかなり審査が甘い方ですが、それでもさすがに審査はあるのでもしも楽天カードに落ちてしまった場合などは、この後ご紹介するEPOSカードかデビットカードを最終手段として考えておくと良いかと思います。

 

クレジットカードに劣る部分もある

ただしデビットカードにはクレジットカードに劣る部分も多数あります。実際のところ私が海外旅行にはクレジットカードを持っていくべきと言っているのはデビットカードにはない以下のポイントがクレジットカードには備わっているからです。

<デビットカードがクレジットに劣る部分>
・ポイント還元率が低い
・海外旅行保険等が付いていない
・信用性が低い

審査がなく(または甘く)かなりカンタンに手に入れる事のできるデビットカードですが、似ているようで似ていないクレジットカードに比べると少なくとも大きく3点のデメリットがあります。

ポイント還元率が低い

まずデビットカードはクレジットカードに比べてポイント還元率が低いという事が挙げられます。先ほどご紹介した通り、楽天カードは100円使うごとに1円貯まりますがデビットカードではそんなに多くのポイントを貯める事はできません。

デビットカードのポイント還元率は0.2%と言われており、先ほど紹介した楽天カードの1%の5分の1となっています。

0.2%というとクレジットカードではまずないくらいに低い数字なので、デビットカードを使う場合は「ポイントを貯める」というのは最初から諦めておいた方がいいかと思います。

 

海外旅行保険等が付いていない

これもクレジットカードとデビットカードの大きな違いです。詳しくはえっ!?持っていかないつもり?海外旅行にクレジットカードが必要な5つの理由という記事で説明していますが、クレジットカードにはサービスの1つとして海外旅行保険なるものが付いています。

海外では日本の保険というのは使えないので、もし仮に海外で風邪などを引いて病院に行ったとすると非常に高額な医療費を請求されます

そんな場合に海外旅行保険に加入していればかかった費用を返還してもらえるのです。クレジットカードにはこの海外旅行保険というのが通常付いていますがデビットカードにはそのようなサービスはないのです。

 

信用性が低い

もう1つデビットカードが弱い部分が信用性です。これは利用する私たちが思う信用ではなくデビットカードを利用される店側から見たときの信用です。

日本と違いクレジットカードが普及している海外の国では、クレジットカードは1つのステータスになっています。なぜならクレジットカードはある程度の経済力や過去の信用がないと基本的には作る事ができないカードだからです。

そのため欧米諸国で宿に泊まる場合はクレジットカードがなければデポジットといって帰るときまで預けておくお金ななどを求められたりします。

こういった信頼性はデビットカードはまだまだクレジットカードには劣る部分なのです。

 

デビットカードならVISAデビットがオススメ

もしデビットカードを検討されているのであれば上戸彩さんがCMをされているVISAデビットが安心です。VISAというのは世界中の取引で使われているクレジットカードのブランドです。

まずVISAブランドであれば世界のどこでも安心して使えるというメリットがあります。(もちろん先ほど紹介した楽天カードでもVISAブランドを選べます)

またこのVISAデビットは三菱東京UFJ銀行が発行していますので、三菱東京UFJの口座を持っている人は比較的スムーズにカードを作る事ができます。

しかし色々調べてみましたが、デビットカードを作るなら先ほどお伝えしたデメリットもあるのでもう一度クレジットカードの申請をした方がいいかもしれません。

実は先ほどはお伝えしませんでしたが、今回ご紹介したVISAデビットをはじめ多くのデビットカードは年会費がいくらか発生するのです。

年会費がかかる事以外でも先ほど挙げたようなデメリットがあるにも関わらず、それに加えて年会費も払うというのはなかなか私としては考えにくいなあと思っています。

反対にクレジットカードであれば先ほどご紹介した楽天カードやEPOSカードであれば年会費も無料でなおかつポイントも貯まり海外旅行保険まで付いてくるというメリットを享受する事ができます。

また発行に要する期間もデビットカードとクレジットカードでは大差ないのでその点でもクレジットの方がいいのではないかな?と考えています。

ちなみにEPOSカードでは現在ネット限定の入会キャンペーンも実施中です。なんと、最大8,000円分ポイントプレゼント中なのでこれもまたお得ですね。

EPOSカードは楽天カードと同様に審査が比較的通りやすいカードなので、もしも楽天で落ちちゃったという方はぜひEPOSカードで試してみてください。それが無理ならデビットカードまたはプリペイドカードを持っていくようにしましょう。

 

クレジットも無理デビットは年会費が嫌というなら海外専用プリペイドカード

これはもう最後の手段ですし、そんなにオススメしないのですがクレジットカードの審査は通る訳がないしデビットカードも年会費が嫌だしという方には海外専用のプリペイドカードがオススメです。

使い方的にはSUICAやICCOCAなどと同じで事前にお金を入金しておいて、そのカードで支払いをするという非常にシンプルなものです。

現金を持ち歩かないし、入れているお金以上はゼッタイにマイナスになる事はないので心配性の方に人気のあるカードです。海外専用のプリペイドカードと言えばキャッシュパスポートが人気で、私の周りでも使っている人をたまに見かけます。

あくまで私としては最終手段ですが興味のある方はみてみてください。

キャッシュパスポート

 

スポンサーリンク