グローバルWiFiの容量はどのくらいにすべき?通信料の目安とおすすめプラン

海外WiFiの最大手で多くの人に愛用されている グローバルWiFi ですが、実際に注文しようと思った際に「たくさんプランがあって分からない」「自分がどのくらいの通信量が必要か想像つかない」という方ってとっても多いと思います。

そこでこの記事ではグローバルWiFiのプランの解説と、通信量の目安(例えばラインとgoogleマップをこれくらい使うならどれくらいの通信量が必要なのか)についてお伝えします。

パンだ
海外WiFiってとってもシンプルではあるんだけど、そもそもどれくらい必要か?が分からないよね。グローバルWiFiの公式サイトにも目安は出ているけどそれも非常に分かりづらいです。そのため当サイトでは独自に通信量を調査しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

グローバルWiFiのプランを簡潔に解説|もう把握している方は読み飛ばしてOK

それでは早速グローバルWiFiの各プランについて簡潔に解説いたします。グローバルWiFiのプランは他社に比べて基本的にシンプルなので分かりやすいのですが、とは言っても初めて借りる場合などは分かりづらいと思いますので、ざくっと把握いただければと思います。

<グローバルWiFi基本プラン>
・3Gプラン
・3G大容量プラン
・3G超大容量プラン
・4GLTEプラン
・4GLTE大容量プラン
・4GLTE超大容量プラン

以上がグローバルWiFiの基本プランとなっています。※ただし一部地域ではこの中の一部のプランしか提供されていない場合がありますのでご注意ください。

それではもう少しこれらのプランについて解説します。

 

プランの違いは「速度」と「通信量」の違い

グローバルWiFiのプランはとてもシンプルです。なぜならプランの内容は「速度」と「通信量」の組み合わせ で構成されているだけだからです。

速度=3Gにするか?4Gにするか?

まず速度に関してですが、これは3G回線のプランにするか4G回線にするかの2択 です。

3G回線というのはかつて携帯電波で使われていた3Gというのと同じで、現在普通に我々が使っている「4G」という回線よりもスピードが遅い回線となります。海外WiFiではまだまだこの回線が使われています。

パンだ
この3G回線プランの特徴はスピードは遅いけど料金が安いということだよ♪

4G回線というのは私たちが今現在スマホで使っている4G回線と同じものです。つまり、速度が早いというのが特徴です。(ただし料金は高め)

通信量=スタンダード、大容量、超大容量の3プラン

グローバルWiFiのプランにおいて速度を選んだら、次は通信量を決めます。通信量というのは1日に使っていいWiFiの通信量 (パケットと言った方が分かりやすいかもしれません)の事です。

パンだ
例えばスマホとかだと10GBのシェアパックとか、7GB使い放題プランとか色々あると思うけど、それと一緒の事だよ♪

例えば1日の通信量が250MBまでのプランだと、1日あたり250MB以上の通信(インターネット通信のこと)は行う事ができません。そのため「ネットをたくさん使いたい」という場合は1日あたりの通信量がたくさん使えるプランにする必要があります。

ちなみにグローバルWiFiで選べる通信量のプランは「スタンダード(250MB)」「大容量(500MB)」「超大容量(1GB)」の3つのプランです。そして値段は通信量が多くなればなるほど高くなります。

そのため、通信量を選ぶ時には「自分が使うであろう適度な通信量」を考えてプランを選ぶ必要があります。通信量が少なすぎるとすぐに制限がきてしまいますし、逆に多すぎても無駄に払うお金が多くなるためしっかりと考えるのが良いです。

グローバルWiFiのプランを整理すると以下の通り

ここまで整理したプランをまとめると以下のようになります。見ていただくとわかる通り、プランの中身は「通信速度」×「通信容量」 という事になっています。そして単純な3Gプランが最も安く、4GLTE超大容量プランが最も高額なプランとなっています。

 

で、通信量ってどれくらいが目安なの?

最も多くの方が悩むのがここです。通信量って何となく分かってはいるけど、実際のところ1日でどれくらい使っていてどれくらいのプランが必要なんだろうと思うと思います。

ちなみにグローバルWiFiの公式サイトでは以下のように記載されています。正直よく分からないので無視していただくのが良いと思います。笑

という事で、公式サイトの情報がよくわからなかったので当サイトで実際に「何をどれくらい使ったらどれくらいの通信量が発生するのか」検証してみました

<通信量の調べ方>
Twitter、Instagram、LINE、YouTube、Google Map、旅行系WEBページ閲覧、海外版乗換検索アプリ(NAVITIME Transit)を各1分間使ってどれだけ通信量を使ったのかを計測しました。

あくまで素人調べですが、実際に海外に行った時に使うような想定で使用してみましたので、ある程度近い数値が得られているのではないかと思います

項目通信量(1分間使用)操作内容
Twitter3.1MB閲覧(動画、画像含む)
Instagram9.7MB閲覧(動画、画像)
LINE1MBiPhone7で撮影した画像を送受信。10回程度メッセージ交換
Google Map7.6MB地名検索、ストリートビュー閲覧、経路検索
海外版乗換検索50KB(0.05MB)乗換検索
WEBページ閲覧10MBR◯TRIPで4ページ閲覧
Youtube4.1MB動画閲覧(画質底)

この結果を見るとyoutubeやツイッターよりもインスタやWEBページの閲覧、グーグルマップでの検索 の方が通信量を使っているという事が分かりました。

例えばインスタを10分間使用すれば、それだけでもう100MBまでいってしまうという事になります。これはかなりの通信容量ですね。

この結果から特に分かるのは、画像や動画データを使用する通信は非常に多くの通信量を使うという事です。インスタはもちろんですが、WEBページの閲覧も多くの画像データを読み込みますし、Googleのストリートビューを使えば、該当場所の写真を表示するのでこれも通信量を食うという事になります。

じゃあどのプランを選ぶのがいいのか?

さてここまで実際に何をどう使ったらどれくらいの通信容量が必要なのかを独自に検証してお伝えしましたが、実際にどのプランを選ぶのが適切なのかは、ぶっちゃけあなたの旅行先での過ごし方によるかと思います。

<250MBで十分なのはこんな人>
・旅行先では暇な時間にWEBページを閲覧したり、たまにLINEしたりする程度
・動画は見ない
・Google mapでの検索はストリートビューは見ない
・ツイッターやインスタもたまにする程度

これくらいの使用量であれば恐らく1日あたり250MBで収まるのではないかと思います。特にインスタやWEBページの閲覧など画像や動画をたくさん見る場合にはホテルやカフェなどのWiFiを使える環境での閲覧に限れば 、まず間違いなく250MBを超えることはないはずです。

逆に以下のような場合には500MBくらいの容量があった方がいいかもしれません。

<500MBあった方がいい方>
・インスタなどをホテルなどのWiFi環境下以外でも使いたい場合
・動画の配信やLINEで画像のやりとり、SNSを多用したい場合
・WiFiを複数人で共有する場合

このような場合には、まず間違いなく500MB以上の通信容量のWiFiを使った方がいいかと思います。そして次に挙げるような使い方をする方は1GBのWiFiを借りていくのが良いと思います。

<1GBがオススメな人>
・4,5人以上でWiFiをシェアする場合
・ビジネス用途などで使用したい場合
・長時間の動画閲覧などをしたい場合

このような場合には1GBのプランを選んでも間違った選択ではないと思います。とはいえWiFiを5人や10人でシェアするのは通信速度が遅くなってしまうためあまりオススメしません。1GBが必要なのは主にビジネス用途の方向けかなと思います。

 

グローバルWiFiのプランに関するSNSの口コミ

最後にグローバルWiFiの通信量に関してSNS上の口コミを色々とご紹介しておきますのでぜひこちらも参考にしてみてください。ちなみに下記の口コミの通り、グローバルWiFiでは使用している通信量がWiFi上に表示されるので安心です。

最後に

今回はグローバルWiFiの容量に関して「どうすべきなのか?」という事をプランなどを解説しながらお伝えしました。

ちなみにグローバルWiFiをレンタルするのであれば前日までのWEB予約がとてもオススメです。WEB限定の割引が適用されるため電話などで申し込む場合に比べて1,000円以上安くなる場合もあります

ぜひご自身の使用用途に合ったプランを選んで、コスパの良い楽しい旅をしてください。