マイルカードって作ったほうがいいの?

旅行に行くときに、航空会社のメールなどでちょくちょく見かける「マイルカード」という文字。そうした経験からマイルカードなるものがあることを知っている人は多いのではないでしょうか。

しかし実際に、それって何?作ったほうがいいの?とまだ手を出していない人も多いかと思います。

そこで今回は、マイルカードを作ったほうがいいのか?ということと、そもそもマイルカードってなんなのか?ということに関してお伝えしようとおもいます。

マイルカードは作るべきなのか?

ではまずそもそもマイルカードは作るべきなのでしょうか。結論から先に述べると国内線でも国際線でも、ANAやJALに年に数回以上乗る方は作ったほうがいいかとおもいます。

なぜなら作らないと単純に損だからです。

また、飛行機にあまり乗らない人でも「タダでファーストクラスに乗ってみたい」だとか「タダでビジネスクラスに乗ってみたい」と思う方は作るべきカードです。

パンだ
そうなんだよね、実はマイルカードを作ってマイルを貯めれば往復数百万円する夢のようなファーストクラスもタダで乗れたりするんだ♪国際線のファーストクラスは飛行機の中とは思えないくらいの快適さだから、一度は乗ってみたいよね。

飛行機のファーストクラス比較ランキング10選!素敵すぎる世界の航空会社

2017.04.08

それではこの後、そんな夢のようなカードであるマイルカードが実際どのようなものなのか、そしてファーストクラスに乗れるとはどういうことなのかご説明していきます。

 

マイルカードって 

マイルとは航空会社が発行しているポイントみたいなもので、マイルカードは言ってみればポイントカードです。飛行機に乗るたびにポイントが貯まり、貯まったポイントを航空券などと交換することができるのです。

普通のお店だとポイントが貯まったら品物から何円引きなどが多いかとおもいますが、マイルの場合は航空会社なので航空券と交換できたり本当はエコノミークラスなのにビジネスクラスにランクアップできたりするのです。

パンだ
マイルを貯める方法や交換できるものはもっと他にもあるので、後で詳しく説明しますね♪
ねっこ
なんでポイントと言わずにマイルって言ってるかというと、マイルっていうのはm(メートル)と同じように英語で距離の長さのことを言うんだけど、もともとはそのマイルに応じてポイントが付いてたことの名残なんだ。

 

国内ではANAとJALのマイレージプログラム

日本ではANAJALがこのマイレージプログラム(マイルを貯めて賞品と交換する制度)を実施しています。残念ながら最近流行りのLCCではマイレージプログラムを行っていません。

パンだ
厳密に言うと他にもあるけど、人気でお得感が高いのはこの2つのマイレージプログラムだからこの2つのことを知っておけば大丈夫だよ♪

 

マイルと交換できるもの

それでは続いて実際にマイルと何が交換できるのかをご紹介していきたいとおもいます。何をすればどのくらいマイルが貯まるのかということに関しては後ほどご説明しますので、まず先にどんなものと交換できるのかチェックして気分を上げていきましょう。

国内線/国際線の航空券

マイルと交換できるものの中で最も魅力的で最もお得なのが航空券です。貯めたマイルのポイントに応じて国内線/国際線問わず好きな航空券と交換することができます。

正式にはマイルを貯めて交換できる航空券のことを特典航空券といいます。特典航空券は初めから特典航空券用の枠が決まっているので、直前だと取れないかもしれませんがちょっと早めに予約しておけばどの路線でも乗ることができます。

ファーストクラスにだって乗ることができる

冒頭でもお伝えしましたが、マイルを貯めると国際線のファーストクラスの航空券にだって交換することができます。普通に買えば数百万円する航空券をマイルで交換してもらうことができるのです。

「それって相当なマイルを貯めなきゃいけないんでしょ」って思う方もいるはずですが、意外と思ってるより少ないマイルで航空券と交換することができます。これは私も一番驚いたところでした。

パンだ
どれくらいのマイルで航空券と交換できるかはこの記事の後半で詳しくお伝えします♪
ねっこ
ちなみに国際線だとANAやJALの提携会社の航空券とも交換することができます。例えばANAのマイルを貯めているとANAが加入している国際的な航空会社のグループ(スターアライアンスといいます)に加入しているの航空会社の航空券とも交換することができるんだ。

座席のアップグレード

マイルで交換できるものとしてもう1つ人気なのが、座席のアップグレードです。

パンだ
アップグレードというのは、座席のランクアップっていう意味だよ♪例えばエコノミークラスのチケットを持っていたらビジネスクラスに、ビジネスクラスだったらファーストクラスにというように1ランクいい座席にすることをアップグレードっていいます♪
ねっこ
1つ注意だけどマイル交換で獲得した航空券はアップグレードの対象外だから気をつける必要があるよ。あと、hisとかでホテルなどと一緒に予約して安く手にいれたチケットなどではアップグレードできないのでこれも注意が必要だよ。
ANAの座席アップグレードは国際線のみとなっていますが、JALの場合は国内線でもアップグレードが可能です。

 

商品券・電子マネー・商品などと交換

また航空券や座席のアップグレード以外にも、マイルはANAの機内などで使える商品券や楽天ポイントなどの電子マネーにも交換することが可能です。

 

一例ですが、このような電子マネーとも交換が可能です。

ただ、マイルを貯めてこのような電子マネーや商品券と交換するのは正直オススメしません。なぜなら、このような電子マネーなどは還元率が低くあまりお得ではないからです。

パンだ
なんでお得じゃないかっていうと、マイルは飛行機会社のポイントサービスだから自分の会社で売っている商品(航空券とかアップグレード)の方が安く仕入れられるから僕たちにもその分だけ還元できるからなんだ♪
ねっこ
反対にスタバポイントとかだとANAやJALはスタバにポイント代を払わないといけなくなるから、そこで手数料とかが発生して僕たちにあまり還元できなくなるんだ。

こういった理由から、マイルを貯める場合は航空券か座席のアップグレードとポイントを交換するのが一番お得になります。

 

どれくらいお得なのか?

ではここで実際にマイルを航空券に変えた場合と電子マネーに変えた場合でどれくらいお得度が違うのかを見ていきたいとおもいます。

先ほどご紹介したitunesの電子マネーが分かりやすかったので今回はitunesのポイントを例に考えてみたいとおもいます。

この例を見ると1万マイルで1万円分のitunesギフトコードと交換することができます。itunesのギフトコード1万円分というのはその名の通り現金で1万円分の価値と同じです。

航空券と交換すると?

では航空券と交換する場合は1万マイルで何と交換できるのでしょうか?

少し分かりにくいのですが、1万マイルあればオフシーズン(1月や4月など)であれば上記の路線の往復航空券を1万マイルで交換することができます。

これはとてもとてもお得です。

ちなみに東京(羽田)ー大阪(伊丹)間で航空券を購入すると、特割(特別割引)を使っても片道最低1万円ちょっと必要です。しかしマイルを使えばその往復2万円以上する航空券を1万円分のマイルで手に入れることができるのです。

座席のランクが上がるほどお得に

またマイル交換の特徴ですが、交換する航空券のランクが上がれば上がるほどお得になります。先ほどは国内線で1万マイルで交換できるものをみました。

それでもitunesポイントに交換するよりもかなりお得だということが分かっていただけたとおもいます。次は航空券で最も高価なファーストクラスと交換する場合にどれだけお得なのかみてみます。

これも少し見辛い表で申し訳ないのですが、日本から欧州への便でも往復で安い時期なら(Lのとき)16,5000マイルでファーストクラスに乗ることができます。

パンだ
itunesポイントでいうと16万5000円分だね♪

これはとてもとてもお得な金額です。

 

実際に東京ーロンドンのファーストクラスの料金を調べてみると・・・

 

135万円。なかなか衝撃的な金額ですね。そしてこれが片道の金額です。

 

 

これが合計です。普通にヨーロッパ行きのファーストクラスの航空券を買おうとすると200万円以上するのです。これはそこそこのお金持ちでもなかなか手が出ない金額ですよね。

しかしマイルを使えばこの200万円以上する航空券たったの16万5000円分のマイルで手に入れることができるのです。これはとてもお得というよりもマイルを貯めないことが非常に損なのではないでしょうか。

パンだ
ファーストクラスの例を見ても分かる通り、マイルの交換はランクの良い座席ほどお得になるんだね♪
みなさんどうでしょう?マイルってとっても魅力的じゃないですか?僕は考えるだけでとってもワクワクです!

 

どうやって貯める?

ではこんなにお得なマイルですがどうやって貯めるといいのでしょうか?マイルの貯め方には大きく分けて2つあります。

1 飛行機に乗って貯める

マイルは航空会社のポイントサービスなので、飛行機に乗ってマイルを貯めるのが基本となります。マイルはそもそも距離の単位ですという話をしましたが、マイルという名の通り飛行機に乗った距離によってマイルが貯まります

しかしただ距離によって決まるのではなく、距離×積算率という計算で獲得できるマイルが変わります。そしてその積算率は航空券の座席によって異なります。

例えば値段の安いエコノミークラスの座席だと積算率が50%などになり、距離のマイルが1000だとしても獲得できるマイルは1000×50%で500ポイントになったりします。※実際には積算率の条件は細かく規定されていて、エコノミーでも100%となる座席もあります。詳しくはANAのHPでご確認ください。

パンだ
ちょっと難しい話をしたけど、実際には獲得できるマイルは予約するときに表示されるから細かいことは知らなくてもオッケーだよ♪

 

1回のフライトでどれくらい貯まるのか?

では実際に1回飛行機に乗るとどれくらいマイルが貯まるのでしょうか?マイルは距離と座席のクラスで獲得できるポイントが変わるとお伝えしましたので、例として日本人に人気の国であるシンガポールー東京間で見てみたいとおもいます。

シンガポールの基本マイルは片道3,312マイルとなっています。そのときに積算率100%の座席を買うと片道で3,312マイル貯まり往復で7000マイル弱貯まることになります。

ですので、海外旅行に行く人であれば年に1、2回行けばすぐに1万マイルくらい貯まることになります。

ちなみにANAのマイルを貯めるならANAの飛行機に乗るかANAが所属しているグループ(スターアライアンス)の航空会社を利用すればANAのマイルを貯めることができます。

2 クレジットカードで貯める

飛行機に乗ることでマイルを貯めることはできますが、なかなか飛行機に乗らないという方やファーストクラスに乗ってみたいという方にとっては、飛行機に乗ってマイルを貯めるだけではなかなか難しいことがありますよね。

そこでマイルを貯めるもう1つの方法としてクレジットカードを使ってマイルを貯めるという方法があります。

これは楽天カードなどで100円で1ポイント付いてくるようにANAやJALのマイレージと提携したクレジットカードを使って支払いをすればその分マイルが貯まるという仕組みです。

マイレージと提携したクレジットカードは何種類かあるのですが、マイルが貯まりやすいカードだと100円につき1マイルまたは2マイルほど貯まります。

楽天カードで年間100万円支払いをしても1万ポイントしか貯まりませんが、マイレージ提携カードで1万円分貯めれば2万円以上する航空券等と交換することができます。

ポイント自体は同じでも交換するものが断然お得なのでマイルを貯めるのは非常にお得なのです。

パンだ
そうはいっても、なかなか貯まりそうにないなあなんて思っちゃいますよね。でもマイルはあなたが思っているよりももっと簡単に貯めることができるんです♪

 

入会キャンペーン

例えばANAと提携しているクレジットカード会社などでは入会キャンペーンとしてなんと6万マイルが貰えるキャンペーンなどを実施しています。

各カード会社ではこのように、入会に際して様々なキャンペーンを実施しているので単純にカード契約するだけでもかなりのマイルを貯めることができます。

マイル獲得キャンペーン

またカード会社独自の入会キャンペーンだけでなく、年間通してANAやJALがマイル獲得キャンペーンも実施しています。

例えばANAではこのようなキャンペーンを年間通じて実施しています。こういったことを上手く活用すれば意外とすぐにマイルを貯めることができるのです。

 

3 その他の方法

マイルを貯める方法は主としては先ほど紹介した飛行機に乗って貯めるという方法とクレジットカードで貯めるという2つの方法になりますが、それ以外にもマイルを貯める方法はあります。

詳しくはANAやJALのホームページを見ていただければと思いますが、各航空会社のホテルに泊まったり、電子マネーを使用したりすることでマイルが貯まります。

 

Q&A

最後にQ&A形式でよくある質問にお答えします。

マイルカードを作るのは有料なの?

マイルカードを作るのは無料です。ANAやJALのホームページから申し込むことができます。もちろん年会費もかかりません。

通常のお店のポイントカードと同じと考えておけば大丈夫です。

パンだ
クレジットカードの場合は、年会費がかかる場合が多いよ♪だけどその分クレジットカードだとマイルが貯まりやすいからクレジットカードの年会費と獲得できるマイルを考えてクレジットを作る必要があるね♪
ねっこ
ま、ファーストクラスを目指すならクレジットカードは必須だけどな♪

マイルに有効期限はあるの?

実は日本の航空会社のマイルには有効期限があります。有効期限は3年となっていて3年経つと消失してしまうようになっています。

そのため、航空券と交換するのであれば3年以内に必要なマイルを貯める必要があるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マイルというポイント制度のお得さを分かっていただけたかとおもいます。「マイル貯めてみよう」と思った方。次はどの会社のマイルを貯めるかということと、クレジットで貯めるならどのクレジットにするのかということを選んでいく必要があります。

クレジットカードの選び方でもマイルの貯まり方は大きく変わってくるので注意が必要です。

今後はマイルをためるのに適したクレジットカードなどもご紹介していきますのでぜひご参考になさってください。

海外旅行に不安のある方は「はじめての海外旅行に行く人のための全手順!準備物?両替は?必要な手続きは?」という記事を参考にしてみてください。海外旅行に行くまでの全手順を掲載しています。