<すぐわかるインドネシア・バリ島のオススメレンタルWiFiを比較しました!

インドネシア・バリ島のレンタルWiFiはエクスモバイルがダントツで安い!

日本人に大人気のリゾート地であるバリ島や、ジャカルタなどインドネシア国内の観光地に旅行をお考えで「WiFiはどうしようかな〜?」とお考えでしょうか?上に記載させていただいた通り、インドネシアにレンタルWiFiを持っていくのであればエクスモバイルしかありえません

なぜならエクスモバイルがインドネシアにおいてはどのWiFi会社より安くて性能が良いWiFiサービスを提供しているからです。

その事を実証するためにインドネシアでレンタルWiFiサービスを提供している会社を比較してみましたのでご覧ください。

いかがでしょうか?これを見るとエクスモバイルがもっとも安いということがお分かりかと思います。イモトのWiFiも、エクスモバイルの次に安いのですがイモトのWiFiは通信の容量が3日で250MBとなっています。

それに比べエクスモバイルは1日あたり300MBなので、単純計算でイモトのWiFiより3倍以上多くのデータ通信を行うことができるのにイモトのWiFiよりも安いということになるのです。

パンだ
通信の容量っていうのは通信をしてもいい量の上限の事だからこの容量を越えると途端にスピードが遅くなるから注意してね🎶 ちなみに300MBっていうのは、高画質動画を何十分も見たらすぐに容量オーバーになっちゃいます。だけどインスタやラインやTwitterなんかは1日中普通に使ってても250MBくらいに収まるから目安にしてね♪
今回の比較表では、イモトのWiFi・グローバルWiFi・ワイホーとエクスモバイルを掲載していますが、その他にもJAL ABCなどのWiFiも料金確認した上で厳選して比較表にしていますのでご安心ください。

 

エクスモバイルは4G/300MBと4G/500MBプランもアリ

インドネシアに関しては多くの会社が3GのWiFiを提供していましたので、同じ条件で比較するためにエクスモバイルも3Gで比較しましたが、実はエクスモバイルは4Gという、いまあなたが日本で使っているのと同じ高速回線を利用したWiFiも提供しています

4Gということは3Gに比べて「いいもの」なので、当然値段は上がりますが「ネットはサクサクじゃないと嫌」という方は4Gプランも検討してみてください。

またエクスモバイルは4GのWiFiも安いのが特徴です。例えばエクスモバイルでは4Gの300MBが675円/日なのですが、上の表にも掲載しているグローバルWiFiというWiFiだと4Gの250MBで970円かかります。

このようにインドネシアでレンタルWiFiを検討しているなら3G回線だけでなく4Gの回線でもエクスモバイルが一番安くてサービスもよくてオススメです。

 

WiFiを選ぶ4つの基準

このサイトでは賢く損しないためにWiFiを選ぶ基準として5つの基準を設けています。その4つの基準は以下の4つとなっています。

<インドネシアのレンタルWiFiを選ぶ5つの基準>

・通信速度
・通信容量
・補償料金
・受取返却料金

レンタルWiFiを選ぶ時にはこの4つの基準をしっかりと見て判断するのが重要です。たまに基本料金の安さだけを売りにして「激安」をアピールしている製品などもありますが、そういった製品はだいたい「基本料金以外」のところで余分なお金が必要だったり、通信速度がとても遅かったりします。

そのためWiFiを選ぶ時にはこの4つの要素はゼッタイに確認しなければならない要素なのです。

パンだ
何事も基本料金だけ見てると危ないよね。例えば格安スマホとかも料金は安いけどいろいろデメリットがあったりするから、それと同じようにWiFiもいろんな視点で選ぶ必要があるね♪

 

通信速度について

まず通信速度ですが、これはもうご存知の通り速ければ速いほど便利で快適にインターネットを使う事ができますので、3Gよりも4Gの方がオススメです。なぜなら4G回線というのは3G回線に比べて10倍以上の速さのある通信だからです。

しかし欠点もあります。先ほどご説明したように4GのWiFiというのは3GのWiFiに比べて料金が高いです。それだけいいサービスなのでこれはしょうがないですね。

ただ、4Gがいいサービスだからといって4Gにしなければいけないかというとそうではありません。実際にインスタやラインや地図アプリなどを使う程度でれば3Gでも全然問題ないです。

そのためあなた自身の目的に合わせて4Gが必要なのか3Gが必要なのか考えてみてください。ちなみに私はケチなので毎回3Gを使っています。笑

パンだ
今回調べた結果だと、3Gでも4Gでもエクスモバイルが一番安かったよ♪

 

通信容量について

通信容量というのは1日のうちに通信していい通信量の上限のことです。普段使っているケータイだと1ヶ月5ギガみたいな形で1ヶ月単位でこの通信容量が決められていますが、レンタルWiFiはこの容量が1日単位で決められているのが特徴です。

そしてこの通信容量の上限というのはほとんどのWiFi会社で250MBか500MBになっていて自分の好きなプランを選ぶ事ができます。

今回ご紹介したエクスモバイルだと250MBではなく300MBが上限となっているので他社に比べて優れていると言うことができます。

またこの通信容量をどれにしたらいいか分からない時は1人あたり250MBを基準にしてみてください。そのためお一人で使うのであれば1日あたり250MBのプランでいいですし、友人などと一緒に共有するのであれば500MBのWiFiにしておく事をオススメします。

パンだ
4Gにする方はネット通信がサクサクな分、使い過ぎてしまうかもしれないから500MBを検討してみてもいいかもしれないよ♪

 

補償料金について

補償料金というのは旅行先でレンタルしていたWiFiを壊してしまったり盗まれてしまったり無くしてしまった場合に備えた補償です。この補償プランというのはいろいろあり、一番手厚い補償が全額補償というプランです。

この全額補償の場合は、例えWiFiを壊してしまっても1円も払う必要がないので非常に安心です。ただ今回オススメしているエクスモバイルにはこの全額補償プランがありません。あるのは「あんしん補償」という補償で1日の基本料金の10%の料金で入れる補償です。

そのためエクスモバイルは他社のWiFiに比べて補償プランの金額が格段に安くなっています

じゃあエクスモバイルだと壊したりした時に多額の金額を請求されるのかというとそうではありません。仮にあんしん補償に入っている場合、WiFiを壊してしまったとしても1000円払えばオッケーです。そのため金額の安い補償でも安心して使用する事ができます。

パンだ
ただこのあんしん補償は盗まれた時や無くした時の補償は含まれていないから気をつけてね。クレジットカードに海外旅行保険などがついてるとそういった事もカバーしてくれる場合があるのでそちらの保険も確認してみてね。とにかく無くさないようにしよう!

 

受取返却料金について

受取返却料金というのは、WiFiの受け取りや返却にかかる費用の事です。今回オススメしているエクスモバイルでは受け取る際に「ゆうパケット」という郵便を選択すれば費用はかかりませんが、返却は一番安い返し方で300円ちょっと必要になります。

他のWiFiでは無料の場合が多いので少し残念ですが、基本料金が圧倒的に安いのでそこは我慢するしかないかなというところです。

 

総合的に見てもインドネシアならエクスモバイルがオススメ

さてここまで料金の他に4つの基準に基づいてインドネシアでオススメのWiFiについて見てきましたが、やはり改めて確認してみてもインドネシアでWiFiを使うならエクスモバイルがオススメだと思います。

もしどうしてもエクスモバイルは嫌という場合はワイホーかグローバルWiFiがオススメです。イモトのWiFiは通信容量が少なすぎるのでインドネシアにおいては選ばない方が賢明です。

とはいえこれだけ料金的に差があるので、どれにしようかな〜と検討するのはとても時間がもったいないのでサクっと決めてしまった方が時間を有効に使えます。何より、先ほどお伝えした4つの点から判断すればエクスモバイルがオススメなのは間違いないですからね。

またエクスモバイルでは時期によってはさらにお得になるセールもやっていたりするので公式サイトをチェクしてみてください。

Wi-HO!
海外レンタルWiFi GLOBAL WiFi

 

スポンサーリンク

 

インドネシアのWiFi事情について

インドネシアという国は首都であるジャカルタやバリ島などを中心に17,600という膨大な数の島から構成されている国です。

おそらく多くの方がジャカルタやバリ島に行かれるかと思いますし、そもそも日本からの直行便があるのが首都ジャカルタのあるジャワ島とバリ島だけなので、今回はこの2箇所の事に関してお伝えしようと思います。

フリーWiFiはたくさんある

まずフリーWiFiがあるのか無いのかで言うと、インドネシアにはフリーWiFiがたくさんあります。バリ島のデンパサール(ングラライ国際空港)やジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港はもちろんのこと、市内のカフェやホテル・ショッピングモールなどには基本的にフリーWiFiが設置されていて自由に利用する事ができます

 

ただし面倒も多い

「フリーWiFiがあるならフリーWiFiでいいかな」と考える方もいますが、正直それはあまりオススメしません

というのも、まずフリーWiFiというのは施設や店舗ごとにWiFiの電波を飛ばしているので、移動するたびにWiFiにつなぎ直す必要があります。そしてインドネシアのフリーWiFiというのはフリーとはいえど基本的にパスワードがかかっているので、毎回店員さんにパスワードを聞く必要があります

1日中同じ場所から動かないのならばまだ良いかと思いますが、いろいろな場所に行くのに毎回毎回WiFiをつなぎ直すのは非常に面倒ですよね。

 

フリーWiFiは通信状態が不安定

1度でも東南アジアに行った事のある方であればなんとなく想像がつくかと思いますが、日本のフリーWiFiに比べ現地のフリーWiFiの電波はかなり不安定です。(日本でも不安定なところもありますが、、)

そのため、ホテルにWiFiがついていると記載があっても電波が不安定すぎてまともに使えない!なんて事もけっこう普通にありえます。(もちろんバッチリ使える所もありますが)

そのため現地でラインやインスタなどを使いたい場合はやはりWiFiをレンタルしていくのが賢い選択かと思います。

パンだ
WiFiがあればアプリの翻訳も使えるしGPSを使って地図アプリも使えるし、美味しい店も調べられるし、みんながどんな所に行ってるんだろうという事も調べられるからもっともっと楽しい旅行ができそうだよね♪
ねっこ
あとフリーWiFiでパスワードも付いていないWiFiは他人に情報を盗み取られる場合もあるから、よく分かんないフリーWiFiには気をつけないとな。

 

詳しい人は現地のSIMカードやWiFiを使ってもよし

今まで何度もインドネシアに行っていてSIMカードの事や現地WiFiを借りるリスクなども理解できているという方は、インドネシアの会社が提供しているSIMカードやポケットWiFiを使ってみてもいいかもしれません。

しかし初めてインドネシアに行かれる方や「SIMカードってなに?」という方は素直に日本のレンタルWiFiを借りて行くのが余計なトラブルに巻き込まれなくてすむのでオススメです。

 

インドネシアのWiFiに関する口コミ

最後にインドネシアのWiFiに関するツイッター上の口コミをいくつか見つけて来ましたので掲載しておきます。参考にしてみてください。

スポンサーリンク