海外旅行前における防犯の常識と持っていくべきおすすめグッズ!

海外旅行の準備は順調にできていますでしょうか?はじめての海外旅行となると準備することも多く大変ですが、今回お伝えする「防犯」についてもしっかりと準備していくことが重要です。

というのも、海外はどこであろうとほぼ間違いなく日本よりも治安が悪いうえに、お金を持っていそう&ガードがゆるい日本人は犯罪者にターゲットにされやすいからです。

事実わたしの周りでもひったくりやスリに遭ったという人は何人もいました。

そこで今回ははじめて海外旅行に行かれる方が知っておくべき防犯の常識と、海外旅行にオススメというよりむしろ必須な防犯グッズをご紹介したいと思います。

防犯の常識

それではさっそく海外旅行の防犯の常識をお伝えしていきたいと思います。

海外旅行で日本人がよく被害に遭う犯罪は「窃盗」や「詐欺」だと言われています。窃盗というのはスリやひったくりのことで、詐欺というのはぼったくりや無料だと思っていたら有料だったみたいなことです。

スリやひったくりは普通に起こる

まずご注意いただきたいのが、海外では普通にスリやひったくりがあるということです。私は日本では東京大阪はじめいろいろなところに住んだことがありますが、なんの防犯をしていなくても日常生活でスリやひったくりに遭ったことはありません。

それくらい日本は安全な国です。こんな安全な国にいるとついつい防犯意識が薄れてしまいますが海外ではそんなことはありません。

特に、日本は世界的にも先進国でありお金を持っていると現地の人に思われています。(最近は中国人もお金持ちが多いですが、現地の人は日本人と中国人の見分けはつかないので尚更危険です)

そのため日本人は海外でスリやひったくりといった窃盗の被害に遭いやすいのです。外務省が出している「海外邦人援護統計」によれば海外での犯罪被害のほとんどは「窃盗」ということになっています。

安全な国なんてない

先ほどご紹介した「海外邦人援護統計」という外務省の資料は、海外で犯罪被害に遭った日本人が各国の日本大使館などに届け出た数の統計情報となっています。

そこには大使館別の被害報告件数というのも掲載されています。これを見る事によってどの国でどの地域で犯罪被害が多いのかを把握する事ができます。

パンだ
これは大使館に届けられた件数だから実際はもっと多くの方が被害に遭っていると考えられるよ。

これを見ると被害の報告がもっとも多かったのがタイで、次いでフィリピン・中国となっています。日本人人気が高騰中のタイはなんとなく安全そうだし親日だしいい国なんだろうなと思っている方も多いのですが、実際に犯罪被害に遭っている方も多くいるのが現実です。

このように海外では「安全」「治安がいい」と言える国はほとんどありません。どこに行っても何かしらのリスクは存在します。そのため、しっかりと防犯対策をしていくことが重要になります。

どんな犯罪がある?

危ない危ないと言われてもどんな方法で被害に遭うのか想像できない方もいるかと思います。そこで海外旅行でよくありがちな犯罪被害の事例をいくつかご紹介したいと思います。

事例1 電車・バスでのスリ

正直これが一番多い犯罪ではないかなと思います。

電車やバスといった混雑した車内でターゲットにしれっと近寄り、車体が揺れるタイミングなどに合わせてカバンから貴重品を盗みます。こういった犯罪は大体の場合口が開いたバッグを持っている場合に狙われますが、ファスナーを開けて盗られたりカバンをカッターナイフで切って中身を盗まれたりという事もあるので十分注意が必要です。

また、必ずしも犯人は1人とは限らず2人組で1人が話しかけるなどして気を紛らわしているすきにもう1人がカバンから貴重品を盗むというパターンもあるので気をつける必要があります。

 

事例2 囲まれて盗られる

これもよく聞く事例ですが、街中で急に子供たちに囲まれていなくなったと思ったらその時にはもう財布や貴重品はなくなっているというパターンです。

これはよく聞いた事がある「アイスを付けられて拭いてもらってる間にカバンなどを盗られる」というのと同じで、気をとられているすきに貴重品を盗まれます

事例3 ありがた迷惑

これも観光地ではよくありますが、例えばパリのエッフェル塔の近くではミサンガを売っている人たちがいて陽気に「試しに付けてみなよ」的なことを言ってきて、いざ付けると金を払えだの何だの言ってきます。

このように、何かくれたり助けてもらったりした場合にお金を請求されるパターンです。もちろん、親切心で助けてくれる方もいますがお金目的で近づいてくる人も多いので注意が必要です。

 

事例4 ぼったくられる

海外でぼったくられる。こんな事もしょっちゅうあります。小さな被害であれば例えばレストランでクレジットカード払いをする際に実際の金額より多い金額で決済されているという事もあります。

もっとひどいものになれば、街中を歩いていて「いい飲み屋あるよ」などとキャッチ風ではなく普通に通りがかったいい人風を装って誘ってきて、その人の紹介の店に行くとぼったくられるというパターンです。

 

そのほかにも様々な方法で騙してくる

今回簡単に4つの事例をご紹介しましたがこのほかにも様々な方法で他人の貴重品を盗ろうとしてくる人は多いのでいろいろな事例を頭の中に入れておく事も必要です。

 

犯罪から身を守るために必要なこと&グッズ

ここまで海外の犯罪事情についてお伝えしましたが、こういった卑劣な犯罪から身を守るためには「自分の身は自分で守る」という事が必須になります。そこで海外旅行に行く前にどんな事に気をつければいいかまとめてみました。

パンだ
合わせて必要な防犯グッズも紹介しています。
身を守るために必要な心得

  1. 常に貴重品・バッグを狙われていると考える
  2. 貴重品は容易に見せない
  3. 財布は2つ持つ
  4. 声をかけてくる人は怪しい
  5. 店の店員、ホテルの従業員も信じてはいけない
  6. 事前に犯行の手口を知っておく

1 常に貴重品・バッグを狙われていると考える

まず海外では「常に貴重品・バッグを狙われている」と考えて行動したほうが賢明です。電車やバスの車内だけでなく何気なく歩いている路上やカフェ、美術館などあらゆるところで犯罪者が狙っています。

観光客というのはえてして注意力が散漫になるのでこういった意識を持っておく事が必要です。

常に狙われている事を意識して、バッグを放置しない・財布などを盗られやすい場所に入れないといった事が必要です。こういった理由もあり、海外旅行ではひったくりをされにくいショルダーバッグが推奨されている場合が多いです。

ショルダーバッグだとひったくりをされにくいというのはもちろんのこと、リュックなどと違い常にカバンが見える位置にあるので犯罪被害に遭いにくいという利点があります。

海外旅行のバッグをどういようか迷っている方はショルダーバッグをオススメします。

スーツケースも狙われている

スリやひったくりというと財布やスマホなど手回品の場合が多いのですが、実はスーツケースを狙われる場合も多々あるので注意が必要です。

例えば電車で移動する場合、スーツケース置き場などにスーツケースを置くと思いますがそこを狙ってスーツケースを盗んで行く輩もいるのです。

そのため海外でスーツケースなどから目を話す場合はワイヤーロックなどで固定するのが必須となります。これは本当に必要なので絶対に準備していく事をオススメします。

iBUFFALO 盗難防止用巻き取り式セキュリティワイヤーケーブル BSQ04A

新品価格
¥610から
(2017/4/29 12:20時点)

こちらは私も使っていますが、使用していない時は収納できるので使い勝手がよく大変オススメです。

 

2 貴重品は容易に見せない

海外旅行における防犯としては、貴重品を容易に見せないということも重要になります。特にお会計をする際に高級そうな財布などを見せるのは犯罪者にお金を持っている事を教えてしまうようなものなので絶対にやめておくべきです。

日本人はあまり意識しませんが、デジカメやスマートフォンなどは海外では貴重品になりますのでこれらもずっと見える位置に置いておくなどは避けたほうがよいかと思います。

 

3 財布は2つ持つ

海外旅行では常識となっていますが財布は2つ持っていくのが良いです。どういう使い方をするかと言うと、小銭や安い紙幣をすぐに取り出せるところに入れておき、高額紙幣やパスポートクレジットカードなどはカバンの奥などわかりづらい場所に入れておくといった使い方です。

こうする事により、仮に小銭や小額紙幣が入った財布を盗られたとしても大きな被害にならないので安心です。パスポートなんかを盗られてしまうとスケジュール通りに帰国するのが困難ですので、こういった対策は必須です。

パンだ
よく対策としてウェストポーチなどに入れようって言ってる人もいるけど、ウェストポーチを付けてると「大事なものは全部ここにあります」と言ってるようなものだから危険な場合もあるよ♪
 

 

4 声をかけてくる人は怪しいと思え

あまり気持ちのいいことではないですが、海外では気さくに声をかけてくる人には注意して対応しなければなりません。日本でもそうですが、何か困っている場合は例外として、なにも困ってないのに声をかけてくる人は怪しいですよね?

海外でもそれと同じで、何も困っていないのに声をかけてくる人はかなり怪しいと思って対応しなければ詐欺や窃盗の被害に遭ってしまうかもしれません。

海外で人を信じるのは、自分から声をかけて心よく対応してくれた時だけにしましょう。いつどこであなたの事を狙っているかはわかりません。

 

5 店の店員、ホテルの従業員も信じてはいけない

日本ではレストランの店員やホテルの従業員の方は基本的に良い人で、われわれお客の側も信頼しきっている場合が多いと思いますが海外で同じような感覚で防犯意識を持たずに接すると足元をすくわれてしまう可能性があります。

特に日本人が油断しがちなホテルでの貴重品の取り扱いには気をつける必要があります。日本だとホテルの客室に貴重品などをそのまま放置して出かけたりする人もいるかもしれませんが、海外でそれをやってしまうと従業員に盗まれてしまう危険性があります。

そのため海外のホテルでは貴重品・貴重品でないもの問わず盗まれて困るものは必ずスーツケースに入れ鍵をかけておきましょう。金庫という手段もありますが、なんとなく私は怖いのでスーツケースに入れておく場合が多いです。

スーツケースに鍵がない場合は鍵を購入しましょう

Rongtongda TSAロック 4桁 ダイヤル式ロック 南京錠 鍵 海外旅行 荷物スーツケース用 4ダイヤルロック (ブルー)

新品価格
¥799から
(2017/4/29 11:53時点)

スーツケースに鍵が付いていない場合はこういった南京錠を購入し付けておくのがオススメです。南京錠を購入する場合はTSAロック式のものにしておくとアメリカなどに行く場合も使えるので無駄がありません。

<TSAロックとは>
アメリカ合衆国領土で、旅客機に搭乗手続きする際、手荷物または預け入れ荷物は、通常は空港警備の一環として、電磁的スクリーニング検査(X線透視検査)を行うが、運輸保安庁係官が中身を直接目視検査する場合もありうるため、一切施錠しないことが求められている。
施錠された荷物については、運輸保安庁係官が錠機構を破壊することを認められており、破壊されたり内容物の盗難があったりしても損害補償は一切ない。
しかし、TSAロック機能が装備された荷物・錠前等は、持ち主が自分の鍵で施錠してあっても、運輸保安庁係官が専用の合鍵を用いて、随意荷物を抜き取り開錠し荷物を検査することが出来る。そのため、米国領土(グアム、サイパン等も含む)から出航する航空機への預け入れ時にも、施錠して渡すことが出来る。

引用:Wikipedia

6 事前に犯行の手口を知っておく

ここまでいろいろな防犯対策についてお伝えしてきましたが、犯罪被害から身を守るためには事前に犯行の手口を知っておく事が何より重要です。

先ほど事例もご紹介しましたが、外部のサイトですがこちらのサイトにたくさん体験談をもとに事例が紹介されていますのでそういった事例も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は海外旅行に行く前に知っておきたい防犯の知識と最低限必要な防犯グッズについてお伝えさせていただきました。とにかく重要なのは、海外は日本とは違う。ということです。

人を疑うのはあまり気持ちのいいことではありませんが、人を信じてしまったがために犯罪被害に遭っている人が大勢いるということを念頭において常に自分の身は自分で守るしかないということを意識して行動いただければと思います。

海外旅行に不安のある方は「はじめての海外旅行に行く人のための全手順!準備物?両替は?必要な手続きは?」という記事を参考にしてみてください。海外旅行に行くまでの全手順を掲載しています。